CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

tukiichi2にも遊びに行ってきた190427

[2019年05月01日(Wed)]
西岩国の臥竜橋通りに面した3階建ての空き店舗を活用して、起業家の貸店舗やイベントスペースとして活用しているライブデポを会場に、月一回ペースでライブデポを活用している店主たちをメインにしながら、大人や子ども向けのワークショップなどを行っているtukiichiの2回目にも、お昼から遊びに行ってみました。

ちょうど、2階では、パーティタイムということで、たこ焼きやクレープとドリンクをアットホームな雰囲気で楽しんでいるところに混ぜてもらうことに。

その後やってきた人から聞いた話が面白かったので、概略だけ紹介してみましょう。

その人は、東京で服飾のパターンナーの仕事をしていて、いろいろ事情があって最近岩国に帰って来て、今は仕事を探しているとのこと。パターンナーとは、デザイナーが描いたものを実際の服に仕上げるときの裁断パターンを起こす人のことで、パターンナーによって、得意不得意の分野(かわいい系のラインを出すのが得意だったり、シャープなラインを出すのが得意だったり)があり、かつてはデザイナーもパターンナーの勉強をある程度していたので、そのあたりのことがわかって、それに合ったパターンナーにお願いしていたけど、今は、分業も進んでいたり、デザイナーも売れるものを作るように言われて余裕がなかったりして、そういうことがうまくいかない場面も多くなったりしていて、量販メーカーに押されて、昔ながらの手仕事をしているところは業界的に厳しいものがあるらしい(バブル時代の成功を引きずっている上の人が発想を転換できない部分の問題もあったりするらしい)。日本の服飾関係の仕事のレベルは高いのに、それが廃れつつあることを憂慮しているとのこと。

それぞれの道で頑張っている(いた)人の話は、直接的には自分にかかわりなくても、ヒントになることが多く、それだけで面白い。

その他にも、そこで遇うとは思っていなかった、会って話をしたいと思っていた(顔を知っているくらいで話したことがなかった)人がたまたま来て、少し話すことができたりと、今回も収穫の多い楽しい時間になりました。

tukiichi3は、5月26(日)の予定のようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ