CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

今期最後の焚き火遊び

[2014年03月31日(Mon)]
3月30日。前日からの雨が朝まで残り、地面も濡れていると思われるため中止にするか迷ったものの、晴れの天気予報に賭けて実施して正解でした。

さっそく、今回の目的の筍(タケノコ)も見つかりました。地面から少しだけ顔を出している程度が焚き火で焼いて食べるには手頃[先客の猪(イノシシ)が掘った跡が結構あり、少しの時間では2本しか見つかりませんでしたけど]。

140330焚き火01.JPG

それでもこの大きさです。

140330焚き火遊び01.JPG

皮をある程度むいて、アルミホイルで包んで焚き火で焼くと、アルミホイルを開いた時に香ばしいいい香りが漂います。満開の桜を背景に。

140330焚き火遊び02.JPG

中止するか迷ったこともあって、塩も醤油も持ってくるのを忘れていたものの、そのままで食べても結構おいしかった。今回も、あまり筍は好きでないという子どもも、「うまい」と一言。

一気に暖かくなって、焚き火場の桜は満開。寝っ転がって上を見ると、桜だらけで幸せです。

140330焚き火遊び03.JPG

今回は、特にブランコなどの当日設置遊具は出さなかったのですが、子どもたちは竹で椅子を作ったりいろいろと勝手に遊んでました。

切って倒れかけていた竹に乗って、バランス競争。こういう、思いつき遊びが楽しい。

140330焚き火遊び04.JPG


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ