CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

8羽のカルガモ

[2012年07月17日(Tue)]
近所の川に住んでいるカルガモが生んだ卵から8羽のヒナが生まれ、何と、8羽とも無事に大きくなりました。

カモ類の中で唯一日本で子育てをするカルガモですが、近所の川ではカラスに食べられたりして、無事に大人になるのは2、3羽程度だったり、全滅だったりしてしまいます。今回は何の加減か8羽とも元気。

近所の人にも親しまれていて、パンくずなどをもらえるので、何も持っていなくてもすぐに寄ってきたりして、若干無防備すぎるところもあります。

ちょっと時間がとれたので、久々の野鳥(もはや野鳥とは言えないかも)撮影。

8羽揃い組。

120716001カルガモ揃い組.JPG

少し逆光気味で渋めの1枚。

120716002カルガモ.JPG

川には誰が放したのか錦鯉がいるので、錦鯉とのコラボを狙ってみました。

120716003カルガモと鯉.JPG


海の日に川(→海)のお掃除

[2012年07月17日(Tue)]
昨日(7月16日(月・祝))は、地元の子どもたちに声をかけて行う、恒例となった川のゴミ拾い&そうめん流し。

土曜日の段階で、雨が降って川が増水していたため、事前の草刈りができず、急きょ海岸のゴミ拾いに変更することになり、集合場所から歩いて海岸まで行き(歩いて十数分程度)、ガラスの破片などの不燃ゴミ拾いに変更。

12071601海掃除.JPG

土曜の準備の予定が雨で日曜日になったため、私は準備に参加できずにそうめん流しの会場へ。

今回は、木陰に準備してあり、しかも、途中で角度を変えるという凝ったつくり。子どもたちの参加が少なかったので、近くでゲートボールの練習をしていた人たちにも加わってもらって、和気あいあいのうちに終えることができました。

器や箸も、周りでとれた竹製。そうめんつゆなどもメンバーの手作り。その場で竹を燃料にして羽釜で炊いたお米でつくったおにぎりもとてもおいしい。

12071609そうめん流し.JPG

12071611そうめん流しのジョイント部.JPG

いつもながら、メンバーの底力を見せつけられる行事です。

川の水の中に入る気満々だった一部の子どもたちのために、行事の後に川遊びにもなりました。


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ