CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『果てしなき日々』

[2012年07月09日(Mon)]
『果てしなき日々』(マーク・スプラッグ著、中井京子訳、新潮文庫、2005年)

1207果てしないき日々.JPG

最近は新書などばかり読んでいるので、久々に小説でも読んでみようかと手に取った本。

同棲相手の暴力に愛想を尽かして、娘とともに義父のもとに逃れる女性の話なのですが、義父の住む田舎町への旅がロードムービーのようであり、また、簡単に溶けることのないこじれた登場人物同士の人間関係の背景がだんだん解き明かされていく描写も、人物の描写も、抑えられたトーンで、いい感じ。そんなにすぐにいい話にはならないけど、私たちって日々なんとかやっていくしかないんだよね、ということを感じさせてくれ、ちょっとだけ元気になれる話です(“ちょっとだけ”というのが、意外と私は好きです)。

何より、娘(私にとってはこの子が一番)と義父と義父が面倒を見ている旧友が魅力的。

実は、この作品すぐに映画化されたみたいで、しかも監督も俳優も結構有名どころ(監督は、『サイダーハウス・ルール』や『ショコラ』のラッセ・ハルストレムさん、俳優は、ロバート・レッドフォードさん、モーガン・フリーマンさん、ジェニファー・ロペスさん)。インターネットで調べたら、どうも日本では公開されなかったみたいで、製作に問題があったとのコメントもあったのですが、どんな出来だったのかちょっと気になります。DVDは『アンフィニッシュ・ライフ』というタイトルであるみたいです。


フェイスブックやミクシィなどが私たちを薄っぺらにしていないか

[2012年07月09日(Mon)]
フェイスブックやミクシィなどのソーシャルメディアの影響力が取りざたされています。大きな例で言えば、昨年からの北アフリカでの政権交代。最近の例で言えば、原子力発電所の再稼動に反対する官邸前でのデモ(そのことについてマスコミでの取扱が随分違っていたことは別話)。

フェイスブックやミクシィなどのソーシャルメディアで交わされる話題は、日常会話の延長が多いので、食欲などの生理的な欲求や、漠然とした不安を形にすることはできるのだと思います(私だけ不安に思っているのかと思ったら、結構たくさんの人が不安に思っているのね、と気付かせてくれる)。ごく最近の例では、大手外食店が時間限定の割引を、お店とフェイスブックやツイッターなどだけでしか宣伝しなかったのに、たくさんの人が並んだということがニュースになっていました。

そして、このことが新しい社会の変革につながると、肯定的にとらえている向きが感じられます。

しかし、です。私の経験から言って、本当の意味で議論が深まるのは、やはり直接的なつながりの中で考えていくときで、フェイスブックやミクシィは、議論を深めるには適していないと思われるので、それに多くの人が多くの時間を費やすほど、明確な目標をつむぎだすことはむずかしくなってしまうのではないか、ということに少し危機感を持っています(大きな目標でなくてもいいのですが)。

明らかに不合理なことは正していかなくてはなりません。新しいソーシャルメディアはそういうことには威力を発揮するかもしれません。しかし、大切なのはその次で、新たな方向性や具体的な取組みを行っていくのには密な議論が必要不可欠で、そのためには、本当の意味での個人的なつながりが重要だと思うのです。それは、旧来から言われている、人間関係が大事という、なれあい社会のそれとは、少し違った意味で、実質的な議論ができる直接的な関係ということになるのですが、それがうまく説明できません。

これは、テーマが大きすぎるので、改めて考えていかないといけないと思っています。

2012年1月8日の記事で紹介した『人間はガジェットではない』という新書は、そういったことを考えさせてくれる本です。


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ