CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

今日は県道の草刈り

[2012年07月07日(Sat)]
今日は、地元の自然と環境を考えるNPO法人の定例作業日。普通だったら川の草刈りなのですが、このところの雨で川は増水しているので、県から委託を受けている県道の路肩の草刈りになりました。一番ひどいところは、結構道に草がせり出していて大変(というか、縦方向の草刈りはけっこう疲れます)。

ビフォー

120707草刈り前.JPG

アフター(というか、これから向かっていく前と刈ったあとの後ろ)

120707草刈り後.JPG

途中で、山登りなんかをしたときに時々見かける、巨大ミミズに出くわしました。全長30センチくらいはありそう。

120707オオミミズ.JPG



『虹のまちの想い出』

[2012年07月07日(Sat)]
『虹のまちの想い出』(光原百合著、絵:鯰江光二、演奏:小原孝、PHP研究所、2011年)

1207虹色のまちの思い出.JPG

ウィリアム・ギロックさんのピアノ練習曲をピアニストの小原孝さんが演奏したCDが付属していて、その24曲それぞれから光原百合さんが着想した25の短い物語が、鯰江光二さんのイラストとともに綴られた珠玉の本。

私はピアノを弾けないので、音楽教育界のシューベルトといわれているウィリアム・ギロックさんのことは知らなかったのですが、短くてステキな曲ばかりです(25曲で27分なので、1曲1分程度)。

そして、この「叙情小曲集」全体をあるまちの想い出に見立てて、それぞれの曲ごとに創作された小さな物語が、イラストとあいまって短いながらそれぞれの世界を作りあげていてとてもいいのです。

練習曲なので、普通に市販されている曲と違ってCD化されにくいらしいのですが、それが今回、物語作家と演奏者とイラストレーターの3者がコラボレーションすることによって、こういう形に結実したのだそう。ピアノと直接関係ない人には触れる機会の少ない名曲を三者三様(組み合わせで考えればもっと多様)の楽しみ方で聴けるという意味で、三者なくしては実現しなかった貴重な作品といえるでしょう。

ウィリアム・ギロックさんの曲は、短くてステキなので、いつかどれか1曲でいいので弾けるようになりたいなあ、と思ってしまいます。


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ