CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2008年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『子どもとあそび』

[2008年07月27日(Sun)]
チャイルドラインボランティア研修講座の最初の講座のテーマが「遊びは生きる力の源」ということで思い出したのが、この本。

『子どもとあそび―環境建築家の眼』(仙田満著、岩波新書、1992年)

この中で、一番印象に残っているのが、スポーツ少年団に関すること。スポーツを楽しむことは大切だけど、小学校の子どもにとっては、ルールを自分たちで作る遊びのほうが大切だと書いてあること。

きっと、スポーツ少年団も、これまでの日本の成長経済のあり方を反映しているのでしょう。つまり、既存のルールに疑いを持たずにそれに従って、効率よく組織を運営していく手足となる人を育成していくという面を持ち合わせていたのではないか。

しかし、成熟社会を迎えている現在では、主体的に課題に取り組む個人や組織が必要になってきています。著者の、「決められた方法でなく、自分たちでルールをつくる、そういう自立した遊びの方法を学べるようなスポーツクラブがあったらおもしろい」という言葉は、案外重たい(重要な)ように思います。

雑多なメモを書いてみましたので参考に(A4判1ページ)。


週末は須川家族村でキャンプ

[2008年07月27日(Sun)]
この土日(26・27日)は、岩国市錦町の須川家族村オートキャンプ場で、子ども劇場の地元のブロックでのファミリーキャンプ。いつもは、大竹市の三倉岳の昔ながらのキャンプ場で行うのですけど、今年は趣向を変えて、オートキャンプ場。

オートキャンプって楽ですね(ちょっと罪悪感を感じるくらい)。まわりのみんなは装備がゴージャスで、だいたい焼肉って感じ。かまどで薪で、飯ごうでご飯を作っている人なんていません。でも私たちは、いつものように、できるだけ子どもたちを中心に(なるたけ手を出さずに)飯ごう炊飯。でも、飯ごう飯は、とてもおいしい。

結構大きな川が、そばを通っていて子どもたちには大好評。

本当は、二泊三日したかったのですけど、なかなか日程調整ができずに一泊になってしまった。子どもたちの中にも、2日目の丸々一日のんびりできる時間が好きな子がいるので、残念。

事前に、集まって子どもたちにメニューや遊びを考えてもらって、前日にみんなで買出しをして当日を迎えます。自然の中でのんびり過ごすのは気持ちいいです。

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ