CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2008年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

兵庫芸術文化センター管弦楽団はすごい!

[2008年07月13日(Sun)]
今日は、岩国にあるシンフォニア岩国という文化ホールで、佐渡裕さんの指揮する兵庫芸術文化センター管弦楽団を家族で聴いてきました。

演目は、ベートーベンの「皇帝」と「交響曲第7番」。

とても素晴らしく、最後のほうではこみ上げてくるものがあり、涙が出そうになりました。

この管弦楽団は、阪神・淡路大震災復興のシンボルとして2005年10月にオープンした兵庫県立県立芸術文化センターの専属オーケストラで、世界各地からオーディションで選ばれた35歳以下の若手演奏者が3年以内という年限を切って参加しているもので、芸術監督を佐渡さんが行っています。いわば、巣立っていくことが目的のオーケストラ。

クラシックのコンサートとしては珍しく(でもいやらしくはなかった)、最初に佐渡さんが、5年前に3年間岩国でミュージックキャンプを行って、現在の活動の原点になっていることを熱く語り、その気持ちがあふれるほど伝わってくる演奏となりました。

すごくフレッシュな感じで、さわやかな気持ちです。最初のピアノ協奏曲のピアノを演奏した及川浩治さんのピアノも美しかった。

32野生を感じさせる野菜

[2008年07月13日(Sun)]
受粉して、今一番大きなスイカです。
今年は植えるのが遅かったので、まだ数センチ。食べられるのは8月下旬?

ところで、スイカは最も勢いのある時期は、近寄ると独特の勢いがあって、そのスゴミはちょっと怖いくらいです。

今うちのはたけのスイカは最盛期ではないし、写真では撮りにくいけど、ちょっとこんな感じのすごいのと思ってください。延びていくつるが、すべて首を持ち上げている蛇のようで、それがあらゆる方向に向かっていて、葉っぱも立ち上がっていたりします。


野性味ナンバーワンの野菜です。

31スイカの受粉

[2008年07月13日(Sun)]
スイカは、雌花に雄花の花粉がつかないと実にならないので、園芸本などによると、朝(朝でないと花がさいていません)、雌花と雄花を見つけたら雄花を取って、雌花にかぶせて花粉がつくようにしたりします。

でも、私は面倒くさいのでほとんどやりません。
うちの近くには、ミツバチもたくさんいるので、きっと受粉してくれると信じて。

こんな感じです。まずは雄花の花粉を足につけて、

そして、その足(花粉のついた足)で、雌花にいってくれると受粉完了。

30スイカのタネをおなかで孵す話

[2008年07月13日(Sun)]
近所のおばさんのちょっと面白い話。

彼女は、毎年スイカのタネをおなかで孵します。

どういうことかというと、毎年春に、スイカのタネを湿らせた脱脂綿の中に入れて、それをビニール袋に入れ、服の中のおなかのところに入れておくんだそうです(寝るときも!)。

そうすると何日かすると、タネから芽が出てきます。そこで、ビニールで覆いをした植木鉢に移して育苗するのです。

スイカは寒さに弱いので、寒い時期に早めに芽だしをする知恵なのですが、なんだか素敵じゃないですか?

うちもその苗を分けてもらうことがあります。知り合いで、昔タネ屋さんに勤めていた人にその話をしたら、そうやって芽を出す方法は知りませんでしたが、興味深そうでした。その会社では、試験で芽を出すときには、30℃くらいに温度を保つ保温器に入れるそうです。

はたけ通信の20で書いた、規模が違う農業の話になりますが、大量に芽だしをするには保温器が必要ですが、家庭でするには、おなかでも問題ないだけでなく、電気などを使わなくてよいのでエコだし、なんか愛着が持てていいですよね。

うちのスイカはやっと花が咲き始めたところです。まずは雌花。下にちっちゃなスイカが。

次に雄花。真ん中の花粉の部分がなんだか複雑な形です。

29オクラの実、ついでに後追い

[2008年07月13日(Sun)]
オクラの実を最初から写真に撮ることができたのでついでにさらに24時間後の写真も撮ってみました。つまり、花が咲き始めてからまる2日後ということです。

さらに、ぐんぐん大きくなっています。2日後くらいには収穫できそうです。ということは、花が咲いて4日くらいで収穫できるということ?
やはり成長が早い。これまで漠然とオクラって成長が早いなあと思っていたけど、ちゃんと記録をとってみるとよくわかります。

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ