CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

チャイルドラインボランティア研修講座第1回目

[2008年07月21日(Mon)]
いろんな子どもといろんな形で散々遊んだ3連休の最後にとどめを刺したのが、今日21日の午後にあった、チャイルドラインボランティア研修講座の第一回目「遊びは生きる力の源」

講師は、東京の世田谷で冒険遊び場と呼ばれる、プレーパークで初代有給プレーリーダーとなった天野秀昭さん。

今の子どもが意欲がないとか、問題視されているけど、それは子どもの問題なのか、それともそうさせている大人の問題なのか、ということから始まって、プレイパークでの子どもの具体的なエピソードなども踏まえて、今、少子化の中で、大人の思うよい子にしたい圧力が強すぎて、子どもが生きている実感を持ちにくくなっている現状を語る、説得力のあるいいお話でした。

いろんな形で子どもたちと接してみて、こちら側の接し方次第で、子どもたちが本当に生き生き、自分から動くのだということを見ているので、やはり問題は大人たちの方にあるのだということをあらためて考えさせられました。


特に印象に残った内容。

子どもは元来自分の快を求めてやりたいことをやるのだけど、それは結果として、危ない、汚い、うるさいことになる。現在はそれを社会全体で抑制する方向になっているので不快なのだけど、あまりに不快が続くとストレスが大きすぎて、それを不快と感じなくなってくる。そうすると快も求めなくなってしまう。一方で、子どもにとって自分を守ってくれる存在は大切なので、その大人の言うことに合わせるということだけ考えるようになって、他人の評価にひたすら合わせて生きることになる。結局、自分が生きているという実感が持てなくなる。

2連ちゃんの焚き火はじめ

[2009年12月06日(Sun)]
この何年、毎年冬になると行っている焚き火遊び。

この土日は、土曜は子ども劇場で行っている里山遊び。日曜日は、地元の小学生に呼びかけて行っている焚き火遊びと、ともにシーズン初めてが連日になってしまい、すっかり燻されなんだか清らかになった気分。

土曜日のほうは、ヒノキの植林地で、密生していたヒノキを若干間伐し、残ったヒノキを柱にしてテラスを作ったり、シーソーがあったり、ロープで空中を渡れるところを作ったりといった遊具のようなものたっぷり。

子どもたちは、ツタでリースを作ったり、ドリームキャッチャーを作ったりしていましたが、私は、ひたすらまわりから薪を集めて焚き火のキープでのんびり。ヒノキと焚き火のおかげで、雨が降ったり止んだりの天気にもかかわらず、ほとんど問題なくすごせました。

日曜日のほうは、家から10分ばかり歩くといける裏山の知り合いの山。周りに樹齢数十年と思われる桜の立派な木が数本植わった広場がメインの遊び場。以前は見晴らしがよく、春には近所の人が花見に訪れていたとのことですが、現在は周りに竹が密生し、広場には草が繁茂していたのを、あるきっかけから冬の焚き火の遊び場として利用さえてもらっています。

天気もよく、大人の人手もたくさんあったので、これからの焚き火遊びに向けて草刈りなどの整備を行い、焚き火で焼き芋を楽しみました。子どもたちは、ブランコやハンモック、シーソー、滑り台(すべて手作り)、秘密基地作りに盛り上がり、10時半から午後3時の予定が、4時過ぎてしまいました。

古くなったシーソーと、ベンチを作り変えました。子どもたちが帰った後に、畑にまくために灰を持ち帰る前の様子です。遠くに竹でつくったシーソーが見えますが、向きが立て向きなのでちょっとわかりにくい。手前の杉のベンチは意外と長持ちしてます。



もうひとつの焚き火(里山)遊び場

[2009年12月23日(Wed)]
今日は、12月6日の記事で書いた2箇所の焚き火の遊び場のほかにあるもうひとつの場所の遊び始め。盆地にある子ども劇場の会員の自宅の前にある田んぼの一角が焚き火場になっていて、近くの植林地と雑木林でも遊べます(田植え前には、泥んこ遊びも)。

家の前なので、立派な焚き火場。豚汁、焼き芋のほか、土鍋で焼き鳥。ダッチオーブンで餅ビザなど豪華。参加者が持ってきていたミンチや野菜の具入りのおやきや、焼きミカンもおいしかった。私は、山に薪を取りに行ったくらいでほとんどのんびりさせてもらいました。



子どもたちは最初、焚き火近くで遊んでいましたが、そのうち、広い田んぼやその周りを使って駆け回って楽しんでいました。

焚き火で遊ぼう!

[2010年01月09日(Sat)]
今日は、今年度2回目の焚き火遊び。

メインメニューは、竹で作る炊き込みご飯。
太目の竹2節分を切り取り、底を決めたら(竹は微妙に楕円になっているのでどちらを底にするか決めることができます)、上を切り取って蓋にし、中の節を取り除いて一部屋にし、手動ドリルで両サイドに2箇所ずつ穴をあけ、番線を通して水平を確認してから、中に具材(ニンジン、鶏肉、油揚げ、水、出しの素、醤油、塩)を入れます。



火にかけて待つこと約50分。



ほっかほか炊き込みご飯の出来上がり。



近寄ると、



水の量などは、適当なのですが、なぜか、大体成功します。
おいしい!!
底は、黒焦げになって、薄くなっていて、竹で作ったしゃもじでよそおっているうちに抜け落ちます。
ちなみに、5合炊きました。


シーソーの支点(現場での工夫)

[2010年01月10日(Sun)]
焚き火遊びのついでに、焚き火遊びでの工夫の紹介をしてみましょう。

焚き火遊びや冒険遊び場では、その場にあわせて、いろいろ工夫して遊具を作ってみたりするのが面白いので、万能のノウハウなどはありませんし、そのノウハウにしたがって遊ぶのでは、マニュアルにしたがうだけでつまらないので、書いてはいけないとも思うのですが、こういうふうに工夫する参考として書いてみます。

まずは、シーソー。


シーソーは、一番力のかかる支点(シーソーを支えている部分です)をいかに作るかがポイント。シーソーの棒も大切ですが、私たちが遊んでいる焚き火場のまわりは、竹林が侵略してきていて、竹には事欠かないので、竹をそのまま利用すればOKです。竹は軽くて丈夫で適度な粘りもあり、構造材から工作材料まで非常に役立ちます。

さて、答えを出す前に、実際に遊んでいる様子を見てみると。



プライバシー保護の観点から、ぼかしているのをご了承ください(というわけで、私のブログにはあまり個人が特定できる写真や記事を出さないようにしています。本の著者とか公的に著名な人はでてきますけど)。

時々子どもたちは、取っ手をつけてくれといいますが、取ってはなくても案外バランスが取れるものです(「取ってはなくてもとってもいい」←すみません、オヤジが顔を出してしまいました)。

実際には、慣れると竹から手を離しても大丈夫です。というか、お尻だけでバランスをとるほうがより浮遊感が高まって楽しい(そういう楽しさを子どもたちに体験してほしいのです)。

と、引っ張ったところで、答えです(この引っ張りが、「インターネット補完計画」。←同じねたで引っ張りすぎ)



ちょうどいい場所に、竹が生えてきていたので、適当な高さで切り、一回り小さい竹の先を斜めに切って鋭くして、何度も差し入れ、節を突きぬいて根元あたりまで差込み、最後に高さを調整して、竹を差し込めばできあがり。竹の立ち木は、根を張っていてとても丈夫なので支柱にするのにも最適。

答えを聞いてしまうと、とてもシンプルで単純ですけど、なかなかの工夫でしょ?
誰かに聞いたり、何かで読んだわけではありません。
要は、そこにあるものでいかに工夫するか。

伐ってもいい立ち木があれば、適当な高さで真ん中に出っ張りを残して切ればできます。
じゃあ、立ち木がなければ、シーソーはできないかというと、そういうわけでもありません。じゃあどうすれば?

それは、またの機会に紹介しましょう。(←引っ張る、引っ張る)



ハンモックを作る

[2010年01月10日(Sun)]
焚き火遊び場で大人気の遊び道具、ハンモック。
工夫シリーズ第2弾。

まず、ころあいの間隔の木を見つける(もちろん、土地の所有者には許可を取る)。



そして、布とロープを用意。布は、できれば、反物で十分な長さ(2m以上)があったほうがいい(ちなみに使っているのは、近所に合った反物工場が閉鎖になったときにわけてもらったものなのでタダ)。

ロープは、少し高いけど、綿100%のもの。環境にやさしいし、木にもやさしい。

結び方は、シンプル。布の両端をそれぞれ一回結び、ロープもその結び目で一回結ぶ。



これで終わり。高さなどを気をつけるだけ。
ハンモックなんですけど、子どもたちはすぐに、ぶんぶん激しく揺らして遊びます。
これが楽しい。
「結び目だけには、注意しろよ。怪我するのは自分たちだからね」



子どもたちが飽きて他の遊びをしているときを狙って、私も時々楽しみます。
ゆらり、ゆらーり。
実は、本当にとても気持ちいい。一瞬、眠ってしまいました。



固定が2箇所だけで、ひっくり返ってしまわないかと心配する人がいますが、意外ととても安定しています。

焚き火遊びの収支

[2010年01月11日(Mon)]
焚き火遊びをするとして、その収支はどうなっているのか気になる人もいるかと思いますので、1月9日に行われたときの収支を記載しておくと、

支出  チラシ印刷代 430円
     保険代    600円
     食材費    247円
     番線代    596円
     合  計   1873円

収入  参加費    900円

ちょっと、解説しておくと、チラシは、地元の小学校(全校生徒400人弱)で配布してもらうためにA5判の両面のチラシを、地元の市民活動支援センターで印刷します。
保険代は、いわゆるレクリエーション保険です(何年もやっているので、保険の利用はこれまで2件ありました)。
食材費は、今回炊き込みご飯をしたので、鶏肉、ニンジン、油揚げ代。
番線というのは、また今度解説しようと思いますけど、焚き火のやぐらを作ったり、椅子をつくったりするときに竹と竹を結びつけるための鉄線のことです。

結果を見ると、今回は参加者が少なめだったので、約1000円分赤字となっていますが、番線代は焚き火遊び何回か分ですし、人数が多い場合には黒字になったりします。

参加費を、毎回1人100円ずつ集めていて(スタッフは今回5人参加でしたが、スタッフは参加費は払いません)、基本の経費はチラシの印刷代と保険代なので、10人以上の参加があれば、トントンになる計算です。

焚き火で使うサツマイモは、自前で調達していますので、その芋づる代や、のこぎりなどの工作道具が消耗してきて補給する費用が必要ですけど、協力関係にあるNPO法人が、この活動に賛同してくれていて年間2万円いただけるので、年間を通じるとだいたいトントンでやっていけます。

焚き火や、芋づる植えや芋の収穫、川の掃除など、年間7、8回の行事を行って、動くお金は4万円くらい。という予算的には非常にしょぼいものになっています。

市民活動するのに、お金がなくて、という話を時々聞きますが、お金をかけなくても行事はできますし、1人100円もらうだけで、ずいぶん違います。

滑り台の工夫

[2010年01月17日(Sun)]
焚き火遊び場に適当な斜面があって、竹があれば、簡単に滑り台を作ることができます。
上から見るとこんな感じ。



写真で見ると斜面の感じがわかりにくいので、下からも撮ってみました。



これは、2年物なのでそろそろ竹を交換してもいいかなと思っています。

これも何でもないようですが、ちょっとした工夫があります。

まずは、竹の本数。経験上、4本が適当で、竹の配置が微妙にU字になるように設置します。そうすると、お尻が納まって落ちにくい。

そして、斜面の角度ですが、急すぎず、ゆるすぎず。それは、遊ぶ子どもたちの年齢層にもよりますけど、あまり急だと危険だし、ゆるすぎるとつまんない。

スピードを楽しみたい子どもは、お尻に竹の枝つきの葉っぱを束ねて敷いたり勝手に楽しみます。

それと着地地点のまわりは、危険物がないように気をつけること。案外スピードがつくことがよくあります。

意外と知られていないのは、竹にも方向があること。竹の節が引っかかりやすい方向とその逆がありますので、すべるほうに引っ掛かりがないように設置します。

しつこいようですが、こういった工夫は、現場で、ああでもない、こうでもない、そしてできれば、子どもたちに発見してもらいながらやるほうが、ぜんぜん楽しいです。そういう気持ちでやれば、より楽しい工夫が生まれます。大人がどんどんやってしまうほうが簡単ですけど、できるだけ子どもを待ってやりましょう。私自身も、なかなかできないことではありますけどね(ついついどんどんやってしまう)。

行事チラシの工夫

[2010年01月17日(Sun)]
ここ数年の、私のお気に入りのチラシの工夫を紹介します。

今度の焚き火遊びのチラシの表と裏です(地域限定の行事なので、主催者や問い合わせ先はプライバシー保護上伏せています)。



チラシのサイズはA5判。原稿はパワーポイントで、A4サイズに設定してチラシの表裏を右左にレイアウトして作成します。そうすると、A4サイズの紙に同じ原稿で表裏を印刷することによって、一つの原版で、表裏の印刷ができてしまいます。あとは半分に裁断するだけ。

表裏の原稿が1枚で済み、しかも、A4判の紙で2枚できるので、私の住む小学校区の小学生全員(400人弱)に配って、さらに余分を刷っても、地域にある市民活動支援センターのような場所であれば400円くらいで済みます。私のやっている行事の場合、一人100円の参加費をいただきますので、4人分の参加費でチラシ代がでます。

A5判は小さいので、学校を通じて子どもたちに持って帰ってもらうにしても、連絡袋などに軽く入るサイズです。

チラシには、前回の様子を写真で掲載してビジュアル的にもわかりやすくします。また、その行事でどういったことをするのかを、リード文で必ず紹介し、さらに、裏面などに行事の趣旨を、例えば下記のように掲載します。

自然の中で自分の意思で(自己責任で)自由に遊ぶことは、子どもの成長にとって大切な要素だと考えています。
見守りや一緒に遊ぶ大人を募集しています。


上記の前半の部分は、子ども劇場で里山遊びをメインにしている人のチラシからのパクリです。いい言葉だと思います。

A5判ははがきの2倍ということで小さいのですけど、結構情報を盛り込むことはできます。

なお、データで印刷できるところであれば、白黒のチラシでも、結構きれいな写真になります。ただ、そのとき注意が必要なのは、写真は、画像処理ソフトで、解像度を落とし、白黒にするなどして、データとして軽くしておくことです。そうすれば、フロッピーディスクにも保存でき、そこから印刷できるからです。最近では、USBメモリーが多量のデータでも持ち運べるので便利ですが、USBメモリーを通して広がるコンピュータウイルスの問題があって、USBが使えない場合があるからです。フロッピーが使えない場合もあると思いますので、その場合は、ウイルスのチェックがしやすいように、容量の少ない、印刷チラシ専用のUSBメモリーを使うというのも手かもしれません。


ブランコの工夫(焚き火遊び実践講座)

[2010年01月20日(Wed)]
焚き火遊び場に大きな枝のある木があれば、ブランコが作れます。

材料は、太め(ブランコには、15oのものを使っています)の綿ロープだけ。
座る部分は、太目の竹です。


ロープを通すためには、竹の節を抜く必要があります。
どうするか。

鉄筋棒のようなものを用意していたこともあるのですが、竹の節は、案外弱いので、竹の先のほうの細い部分の先をのこぎりで斜めに切ってするどくし、突き破ることができます。

あとは、ちょうどいい枝に通せばいいだけです。


枝のたわみと、綿ロープの伸びで、ふわふわとして気持ちいい。

ハンモックと一緒で、遊びが終わったら、木に負担をかけ続けないために回収します。

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ