CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

春一番 吹かれるままに 撮り鉄に

[2012年03月06日(Tue)]
今日は、春一番が吹きましたが、荒れ模様というほどでもなく、晴れ間が出たり、少し雨が降ったり。

2月に土日出勤が多かったので、代休を取って、午前中はこまごまとした用事を済ませ、昼から次回行う焚き火遊びのチラシを印刷して、そのあと撮り鉄の真似事をしてみることに。

撮り鉄とは、鉄道マニアの中で、写真撮影をごちそうとする人たちのことです。

時には、錦川沿線を走る第三セクターの錦川清流線を撮ってその魅力を紹介してみようと思い立ったのです。

錦川を通ることから、もともとのどかな路線ですが、最近沿線の住民の協力のもと、さらに磨きをかけつつあります。

その一つとして、車窓から滝が見えるように整備しつつあります。その第一号が「清流の滝」。第2号も整備が終わり、愛称の募集を締め切ったところです。

ともに見たことはなかったので、探してみることに。

「清流の滝」は北河内駅と椋野駅の間にあり、そこを通る清流線と一緒に撮れそうです。時間を調べてちゃんと計画していなかったので、1時間待ちとなって撮影したのがこの写真(もう一つの滝は椋野駅と南桑駅の間にあって、ある程度あたりはついたものの、正確にはわかりませんでした。車を止めるところもなかったし)。通りかかったのは青を基調としたせせらぎ号でした(錦川清流線は4両あります)。

120306seiryusen2.jpg

実は、そこにたどりつくまでについつい寄り道をしてしまいました。

というのも、錦川も野鳥の宝庫で、ついついヤマセミが目についてしまって、ちょっと野鳥観察をしてしまうことに。

今日一番最初に撮った写真がこれ。

120306yamasemi.JPG

なんだかわからないでしょう。

真ん中の部分を拡大してみると。

120306yamasemi2.JPG

水面を見つめるヤマセミがなんとか捉えられています(頭の羽毛が逆立っているのが特徴です)。

それから、川岸に行って座って待つことに。ヤマセミを3、4羽確認できて通り道もわかったので、1時間弱待ってみたのですが、さすがに初めての地点で様子もわからないので、1時間では写真に撮ることはできませんでした。それでも、いろんな鳥のさえずりを聞くことができ、特に、何度かウグイスが鳴いていました。春ですね。

この待っている時間が、結構楽しいのです。

沿線沿いにある自動販売機がたくさん置いてあるところに、平飼いで有名な「やましろ地鶏の有精卵」が売ってあったので、おみやげに買って帰ることにしました。帰って卵ごはんにしたら、さすがにおいしかったです。

120306yamasirojidori.JPG



錦川清流線 撮り鉄シリーズ その2 西岩国駅

[2012年03月25日(Sun)]
錦川沿いを走る第三セクターの鉄道である錦川清流線。山口県と広島県の県境にある岩国市を北西から南東に斜めに横切る形で通っている路線ですので、広島方面から山口方面へ行くためには必ず横切らないといけない線路になっています(多分誰も意識していないし、それを言うと、錦川もそうだね)。

2012年3月6日から、新カテゴリー「26錦川清流線を楽しもう!」というものができたので、これからじっくり沿線情報や撮り鉄ポイントなどを紹介していきたいと思います。

ちなみに、錦川清流線にはJR山陽本線とJR岩徳線と岩国駅と西岩国駅と川西駅がダブっていますが、それも含めて下記の15駅があります。

15駅目は、正確に言うと、日原まで路線を伸ばす予定で作られていた線路を整備して、温泉地まで走る「とことこトレイン」という観光車両が止まる駅なので違うのですが、せっかくなので入れます。

1岩国
2西岩国
3川西
4御庄
5守内かさ神
6南河内
7行波
8北河内
9椋野
10南桑
11根笠
12河山
13柳瀬
14錦町
15雙津峡温泉

順番通りにはいかないと思いますが、シリーズとしては、この駅の番号をつけます。

まず最初は、西岩国駅。

120324西岩国駅舎.JPG

駅舎がなかなか趣があるでしょ。
ドラマのロケなどにもたまに使われ、2006(平成18)年8月3日には国の『登録有形文化財』に登録されています。

よく見ると玄関部分は、錦帯橋を模した5連アーチになっています(窓の上もアーチ状にしてあります)。

それだけ貴重な建物なのですが、JRでは維持できなくなり岩国市に譲渡されており、2003(平成15)年「ふれあい交流館西岩国」として整備され、現在は地元の「NP0法人 西岩国・駅と広域まちづくりの会」が指定管理者として管理をしています。

ちなみに、駅前の広場では、毎週土曜日9時から朝市をしているので、私もこの日(3月24日)ネギなどを買いました。

さてさて、前置きが長くなりました。

にわか撮り鉄の私は、ぶっつけ本番で撮影に臨み、しかも時間は限られている(1時間弱)ということで、駅舎と錦川清流線を写真におさめるには、とりあえずここしかないだろうという正面玄関をポイントに定め、時刻表で時間を調べて、何とか上り下り2本の撮影タイミングがあるので少しだけ待って撮りました。太陽の方向から言うと、午後からがよさそう。しかも、下り列車を撮るときには、路線バスが玄関先に止まるために後ろに下がることができず、結局バスの運転手さんに言って、バスの中から撮ることになりました。

また、持って行ったレンズに限りがあったのと、カメラのシャッターが時間差があるものなので、撮り鉄には向かない状況(もうすぐオリンパスOM−D EM−5が手に入るので機材の問題は解決予定)。

120324西岩国駅撮り鉄1.JPG

オリンパスE−PL1、レンズ:28ミリF2.8。改札の奥右側に錦川清流線の列車のお尻の部分がなんとかみえます。もう少し焦点距離の長いレンズで、後ろに下がって撮れば、列車がもう少し大きく撮れるかな(でもこの写真は、玄関に止まったバスの中から撮ってます)?

西岩国駅は、なかなかおいしいところなので、もう1、2回は来ないといけないようです。



錦川清流線 撮り鉄シリーズ その8 北河内駅

[2012年05月06日(Sun)]
カヌーを撮りついでに、錦川清流線も撮影することに。

単線の錦川清流線。中ほどにある北河内駅は複線になっていて、そこで上り列車と下り列車がすれ違うことになっています。

たまたま、タイミングよくその時間になったので、待ち時間なしで撮り鉄を行うことができました。

まずは、上り列車待ちで停車していた列車を、北河内駅の看板とともにパチリ。

1205050001北河内駅1.JPG

そして、忘れていたのですが、5月5日は、子どもの日に合わせて、錦川清流線の子ども体験教室のようなものが開催されており、たまたまその「こども鉄道員号」がやってきました。

下り列車が出発し、本物の車掌さんの指導の下、こども車掌さんが発車確認をしているところです(よく見ると、「こども鉄道員号」の窓に、下り列車の黄色い車体が映りこんでいます)。

1205050002北河内駅2.JPG

あまりにナイスタイミング。列車の中は、親子連れでいっぱい。車両の中でもこどもたちが車掌体験などをしている様子でした。こんな貴重なタイミングに、撮り鉄をしているのは、たまたま通りすがった私だけ(撮り鉄の人は一般に、人と鉄道との絡みというより、鉄道一本なのかな?)。

オリンパスOM-Dは、オートフォーカスも早く、シャッターのタイミングも普通の一眼レフと同等なので、タイミングが大切な撮り鉄にもぴったりです。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL 14-42o/F3.5-5.6
               


錦川鉄道NT3000形車両運転体験

[2012年07月18日(Wed)]
紹介しようとしていて忘れていたため、申込期限の7月17日を過ぎてしまいました。でも一応内容紹介だけでも。

このところ、子ども向けの車掌体験などを行っている錦川鉄道が、今度は、運転体験を募集していました。

運転取り扱いや車両の構造などを勉強した後、終点の錦町駅構内で交代で実車運転を体験させてくれるというもの。

期間は7月27・28・29日と8月1・2・3日の6日間で各10人。参加費は、一般が5000円、中・高校生が3000円。

多分人気でしょうから、またやってくれることでしょう。詳しくは、錦川清流線のホームページをご覧ください。


錦川清流線 撮り鉄シリーズ その14 錦町駅

[2012年08月02日(Thu)]
報告が遅れましたが、オオサンショウウオの見学会を少しだけ見に行ったあと、その足で錦川清流線の錦町駅で行われていた錦川清流線の運転体験を見学に。

うかがった時は、ちょうど、座学を終えて、実車体験を行うところ。
迷惑にならないように、ホームから写真を撮らせてもらいました。
右側のピンクの列車、ひだまり号に乗り込んで、ドアの開け方などから練習です。

12072801清流線錦町駅.JPG

安全確認の係員の旗に従って、短い距離ですが、運転体験を。

12072802清流線錦町駅.JPG

4両あるうちの3両が揃っていました(奥の車庫にも1台あります。せせらぎ号が運転中)。

12072803清流線錦町駅.JPG

錦町駅の看板とともに。

12072804清流線錦町駅.JPG

急きょアポなしでお願いしたのですが、社長さんも出てきていただいたので、少し説明していただきました。ディーゼル機関車なので、電車とは運転の仕方が違うそう。

ちなみに、1回の給油で800sの燃料を積むことができ、片道50sほど消費するそうです。ちなみに、川西駅が起点になっていて、営業距離は32.7q(岩国駅から川西駅までの2区間分は営業距離に入っていません)。なので、1s当たり1q弱という燃費になりますね。

少しだけですが、実車を運転できる企画。今後も行われるようです。運転できるということは、操鉄(そうてつ)ということになるのでしょうか?めったにできる体験ではありませんので、今度あるときはできたら、募集中に紹介したいと思います。

錦町駅の売店には、特産品などが売ってあり、「金雀」の銘柄で有名な錦町の造り酒屋「堀江酒場」の清流線開業50周年記念ボトルや黒米を使ったちょっと変わったお酒、「黒マイン」なども置いてあります。

12072805清流線錦町駅記念ボトル.JPG

12072806錦町駅黒マイン.JPG



岩国の旅_その5「錦川清流線 御庄駅」                        錦川清流線 撮り鉄シリーズ その4 御庄駅

[2012年09月04日(Tue)]
錦帯橋周辺を散策した後、錦川清流線に乗るために、山陽新幹線新岩国駅付近の駐車場に車を置いて、御庄駅へ向かいました。

120901001 コピー.JPG

120901002コピー.JPG

実はこの駅、来年(2013年)3月のダイヤ改正に伴って、駅名を「清流新岩国駅」へと名称変更することになっています。

JR山陽新幹線新岩国駅と連絡通路で結ばれ、徒歩5分の距離にあるにもかかわらず、案外知られていない、ということがあり、今年12月13日に岩国錦帯橋空港の開港に伴って、空港から2q弱の位置にあるJR岩国駅に直接つながっている錦川清流線は、観光客の利用増が見込めるため、わかりやすい名前にしようというわけです。

とは言え、地元に住んでいる私も、新岩国駅から御庄駅へ行くのは初めて。

実際に、かなり近いことを実感しました。

やってきた列車は、NT3002 ひだまり号「桜のピンク」です(青、ピンク、緑、黄の4車両あります)。

結構、たくさん乗客がいたのにはちょっとびっくり。

120901003 - コピー.JPG


岩国の旅_その6「錦川清流線で錦町へ」

[2012年09月05日(Wed)]
錦川清流線は、文字通り清流錦川に沿って走る景色のきれいな第三セクターの鉄道です(始点の岩国駅から錦町駅までは約1時間と少しですが、今回は新岩国駅に隣接した御庄駅からですので約50分の乗車時間で、乗るだけでちょっとした小旅行気分)。

川には右岸と左岸という呼び名があります。川上から川の流れに沿って川下を見て、右側を右岸、左側を左岸と呼ぶので、錦川の場合、ほとんどの部分で、右岸を錦川清流線が、左岸を国道187号が通っています。

なので、錦町方面に上って(地図的には上りですが、路線的には下りになります)行く場合には、右手に錦川を見ることになります。

間近にありながら、今まで木などが繁茂して見えなかった滝を2ヶ所最近整備して、名前も公募によって決めて看板も設置してあるので、そこでは徐行してくれますし、錦川の絶景ポイントでも徐行してくれます。

途中、トンネルが結構あります。

120901004 - コピー.JPG

車窓から見える滝の一つ「かじかの滝」

120901005 - コピー.JPG

車窓から見る錦川はとても美しい。

120901007 - コピー.JPG

途中の駅(柳瀬駅)はこんな雰囲気です(ドラマティックトーンで画像処理をしてあります)。

120901017清流線.JPG


岩国市錦町 節分草自生地特別公開

[2013年02月24日(Sun)]
かねてから行ってみたいと思っていた、節分草の見学会。

節分草は珍しい植物で広島県庄原市(旧総領町)が西限と言われていましたが、2009年に錦町で発見され、地元の古市節分草保存会の人たちによって保護されています。

今年(2013年)は2月22日から24日にかけての3日間、しかも、錦川清流線臨時列車利用者のみ限定(1日1便で事前に往復はがき申し込みが必要)で開催されたので、23日に参加してきました。

3両編成の臨時便はほぼ満員。3両編成は珍しいので、沿線のスポットには撮り鉄の人たちが、何人かカメラを構えていました。150人くらいの参加者だったでしょうか?沿線の錦川の風景が心地よく、ちょっとした旅行気分です。

天気にも恵まれて絶好の条件。そして、一面の節分草は、満開。とは言っても、それほど広くないので、一度に見学できるのは50人ずつくらいであることもあり、自生地を保護するために限定しているのだそう。なかなかいい趣向だと思います。

130223001節分草.jpg


地面から伸びてきた直径2センチばかりの小さな花はなかなか可憐です。

130223002節分草.jpg


花が咲けば、その花粉目当ての虫たちもでてくるわけで、1匹だけハチも見かけました。

130223005節分草.jpg


私は節分草をじっくり見てしまったのであまり時間はありませんでしたが、ちょうど、錦町駅から古い商店街を通って20分ばかり徒歩でのコースのため、特別に設けられた売店があったり、街中美術館的にお雛様が飾ってあったりといろいろな展示があったりして、地元の人たちとのひと時の交流も楽めます。

節分草にちなんだイラストを使った一筆箋などのグッズ(これは2012年の2月18日の記事で紹介しました)や、変わったところでは、ガラス細工で節分草を模したとんぼ玉もあったりしました。

130223007節分草とんぼ玉.jpg


春をいち早く告げる節分草は、開花時期も限られているため、日程調整や日頃の保存活動も大変だと思いますが、人気イベントとして定着するといいなと思います。


錦川清流線 撮り鉄シリーズ その6 南河内駅

[2013年03月31日(Sun)]
2013年3月31日、今年は桜が早く、もう満開。
というわけで、南河内駅(岩国駅から数えて6駅目)まで出かけてみました。

130331清流線南河内駅.JPG


手前の田んぼに菜の花を植えているので、菜の花と桜が入ってずいぶんカラフルになります(南河内駅に到着する100mくらい手前です)。

私はなんちゃって撮り鉄ですが、ちゃんと三脚などを持って来て、本格的な撮り鉄のみなさんが何人もいました。

かなり昔、川西駅から折り畳み式のカヌーを積み込んで、この南河内駅で降り、河原まで運んで組み立て、楠まで川下りをしたことがあります。

カメラ:オリンパスOM−D E-5 レンズ:45o/f1.8 
ドラマティックトーン、白ふち加工


今年も、節分草(セツブンソウ)の季節がやってきました

[2014年01月22日(Wed)]
昨年はじめて参加してみた、岩国市錦町の節分草見学会。

130223節分草.JPG

↑昨年撮った節分草です。

今年(2014年)は、2月21日(金)、22日(土)、23日(日)の3日間。セツブンソウ自生地を保存するため、往復はがきで申し込んで、錦川清流線に乗車した人のみの限定公開。

まだまだ寒い中、いち早く春を感じさせてくれる小さな可憐な花は一見の価値はあります。

あまり、大きく宣伝されていませんが、当日は終点の錦町駅周辺の広瀬商店街では、決して規模は大きくないものの、臨時の出店もあり食事やおみやげ物が買えたりします。古い商店街には、昨年行ったときは、足踏みミシンの修理などを取り扱っているお店などもあったりしました。

また、昨年の10月には、商店街の中の老舗呉服店を改装し、山菜料理(軽食)や手作り雑貨などを販売する「つみ菜カフェ しろかね屋」というのがオープンしているようなので、そこもきっとやっているでしょう。

私は、今年はどうしようかと迷い中。

申込みは、往復はがきで2月14日必着。
錦川清流線で検索すれば、詳しい内容がホームページに出てきます。

その他、季節ごとに、岩国を代表する「錦川清流線」「とことこトレイン」「岩国城ロープウェイ」を被写体とした写真を募集する「錦川鉄道乗り物フォトコンテスト」や、2月いっぱいまでは「温泉や名物料理が楽しめる冬景色・湯けむりの旅」も開催中です。


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ