CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『ふるさとをください』

[2008年08月03日(Sun)]
精神障がい者の共同作業所(クリーニングとお菓子作り)が最初地元の強烈な反対を受けながらも、次第に受け入れられていく姿を描いた映画『ふるさとをください』が、地元の障がい者の共同作業所や障がい者関係施設が協働した実行委員会によって地元のホールで上映されたので、一番下の子を連れて観に行きました。

こういう作品って、どうしても受け入れられ易いようにということに気を使うためか、恋愛話を中心に置いてしまう傾向があるような気がしてちょっと気に入らない(この作品の場合も、主人公の恋愛話は不要というか、もう少し別の人間関係に発展してもらいたかったし、演出もテレビドラマ的でちょっと)のですが、共同作業所という現実を知ってもらうという意味では、多くの人に観てもらいたい作品です。私の子ども、面白かったと言っていました。

ちなみに、脚本はジェームス三木さんです。

北海道での高齢者向けグループホームでの火災事故

[2010年03月16日(Tue)]
高齢者向けの施設については、現在需要が急速に増え、制度も整備されつつあるけれども、とりあえず間に合わないので、いろいろな形で民間の取り組みがあり(悪徳な業者もある程度あることは想像に難くないものの)、多くの場合は、人数や賃金の不十分な中、懸命に取り組んでいる状況があるように思います。

そのような中、事故が起こった場合、単純に規制が厳しくなり、そのための経費がかさんで、ますます、職員の人たちの労働条件がますます厳しくなり、違う部分で事故が起こりはしないかと心配です。

過渡期だからある程度しかたないと考えることもできるのですが、地域に必要な施設であれば、現実的な方法として、よりオープンな運営にして地域の人たちの協力を得て、わずかでも職員の負担を軽減し、職員が危機管理に目配せできる体制を作っていく、ということが考えられます。

現実的な問題として、例えば、何とか火災報知機を設置して、それが鳴ったとしても、人手がなければどうしても被害は避けられないのですから。


BESIDE

[2010年06月22日(Tue)]
NANAという「足もとの平和と自然保護をねがう、山口県在住の女性7人で2009年11月11日に結成されたちっちゃなグループ」。

そのNANAが企画したBISIDEという展示会が、山口市の菜香亭で6月19・20日の両日開催されるということを、ホームページで知って、19日には山口市芸術情報センターのワークショップに参加したので、帰りに寄ってみました(企画についての詳しくは、NANAのホームページで)。

障害福祉サービス事業所周南あけぼの園という、障がいを持つ人たちの「はたらく」を支援する施設で働く人たちの絵画作品や帆布を使ったハンドメイドのバッグや小物の展示販売。そして、山口県内の若手クラフト作家によるBESIDE(そばに)というテーマに沿った展示やこだわりの食品の販売も。

ほんわかのんびりした雰囲気の展示。この企画の告知にも使われた、のぞみさんの絵画がくっきり力強く、印象に残りました。

会場となった菜香亭は、明治10年ごろに料亭として創業し、山口の迎賓館として著名な人々がつどった場所で、現在では、週末にはお茶席が開かれるほか、貸しイベントスペースとして利用されており、私ははじめて館内に入ったのですが、なかなか趣のある建物で、こういったイベントにぴったり。




自立ということについて 

[2010年08月07日(Sat)]
私は、大学生時代に近所に住んでいたおじさんを月2、3回のペースで介護をしていて、そのときに自立ということについて考えたことを書いてみたいと思います。

そのおじさんは、“自立障害者”と呼ばれていました。普通のアパートに1人で住んでいたのですが、小さい頃脳性マヒになって、移動は車椅子ですし、食事やトイレ、お風呂などあらゆることに24時間介護が必要です。

じゃあどうして暮らしているかというと、1日を昼と夜の2コマに分けて1ヶ月を60コマにわけ、月に1回の介護者のミーティングで誰がそのコマに入るかを割り振って、誰かがいるようにするわけです。いわゆるボランティアというわけですが、当時も今もあまりそういう意識はありません。たまたま近所にそういう手助けの必要な人がいたので行っていたというだけですので。

2人で少し遠くに旅行へ行ったこともあります。普通の感覚で言うと、その人は自立しているとは言い難いようにも思えます。時々そういう介護をしながら、私なりに考えたのは、どういうことかと言うと、重度の身体障がい者の場合、誰にでも目に見える形で人の手助けが必要で、しかもそれが大変な事(?)なので、普通は施設に入って、集中的に管理された中で暮らしています。でも、健常者と言われる人は、誰の助けも必要としていないかというと、そんなことはない。悩みがあれば相談するし、重たい荷物があれば分け合って持っていくこともあります。一人で生きているわけではないので、肉体的にも精神的にも、表面的にはあまり見えない形で何かと助け合っています。言わばそれは当たり前のこと。それでも、私たちは自立していると言います。

身体に重い障がいがあったとしても、24時間誰か時間がある人が介護に入れば、普通のアパートに普通に暮らすことができるし、実際その人はそうしていた。それって、考えてみると、普通の人がアパートに暮らしているのと違わないのかもしれない。

だから、普通と変らないのだということをあえて言うために、“自立障害者”と言っていたのかな、と思ったりしたのです。

自立というと、何でも一人でできることだと安易に考えてしまいそうになります。社会が複雑になってきて、人と人とのつながりが見えにくくなっている今日において、そういう意味での自立をあまり声高に言うと、結果として、あまり人とかかわるな、と言っていることになってしまうのではないか、と気になります。


障がい者の問題が、健常者の問題であるということの具体例

[2010年08月08日(Sun)]
前回の記事のちょっとだけ続きを。

「障がい者の問題というのは、多くは健常者の問題である」とよく言われたりしますが、具体例がないとわかりにくいような気もしますので、私の昔の体験を書いてみます。

都会の街中を車椅子を押して歩いていて、電車に乗ったりすると、場所によってはエレベータなどがなく、困ったりしますが、声を掛けるまでもなく、まわりにいる人がすぐに手伝ってくれて、案外問題なかったりします。

そういう時、経験上、まじめそうなサラリーマンなどといった一般的には立派そうに見える人でなく、茶髪のおにいちゃんや女子高生などが率先して手伝ってくれます(それは別話)。

つまり、例えば、極端な例かもしれませんが、目が見えないとしても、人がそこそこ歩いているところであれば、目的地を言って、通りすがりの同じ方向に行く人に一緒に行ってもらって、それを何度か繰り返せば、そのうちに目的地につけるはずです。特別に、一人の人が連れていかなくったって。それは、理想で、現実は難しいにしても、少なくとも、目的地につけないのは、目が見えない人だけの問題ではないと言えるのではないでしょうか。

人が社会的な動物であって、手助けしあうのが当たり前だとしたら、一人の人だけの問題というのは、実際にはほとんどないのかもしれないと思うのです。


驚きの車いす!中小企業の連携が生み出した奇跡

[2012年02月06日(Mon)]
2月5日の朝のNHKで「驚きの車いす!中小企業の連携が生み出した奇跡」という番組をたまたま見ました。

車いすにペダルをつけて自分でこげるようにすると自分で自由に動けるようになるため、リハビリにもなるという研究があったにもかかわらず、重さなどいろいろな点でお蔵入りになっていたものを、偶然それを目にした中小企業の営業職の人が、いろんなところに相談して、ついには製品化にまでこぎつけた話。

最初は、足が不自由だから車いすを使うのだという固定観念から、車いすの業者も自転車の業者も相手にしてくれなかったのを最後に相談したところが取り上げてくれて、いろんな人や会社の協力の元、製品となる様子が描かれていてとても興味深かった。

足がまったく動かなかった人が、その車いすのペダルに足を乗せて手で足を動かすことによってペダルをこぐことができるようになり、結果として足を動かすことになって筋肉がつき、立てるようになった例も紹介されていました。

発想の転換ではありますが、常識の壁はなかなか厚い。

もともと車いすのあまり工夫の感じられないものが多く、いかにもエネルギーが注がれていないなあと思っていたのですが、紹介されていた車いすは、デザイン的にも好ましい感じがしました。不便な人のためにこそ、デザインが必要なのに、なかなかそうはなっていなくて、そこに挑んだ人が紹介されていてうれしくなりました。

ちなみに上記のタイトルで検索すれば、NHKのホームページが出て、問い合わせ先なども掲載されています。


NPO法人エルマーの会

[2012年05月30日(Wed)]
エルマーの会は、軽度発達障がいの子を持つ親がつくった会。自分がいなくなってもわが子が就労する場を自分たちで作ろうと考えた主婦の呼びかけからはじまって、現在は、貸事務所を日本財団の助成金でリフォームし、事務所兼作業所兼一次預かり所を運営しています(外部講師を呼んで、発達障がいについての勉強会なども熱心に行っています)。

代表理事の方は、昔からの知り合いなのですが、いつも前向きで(しかも飄々としている)本当に感心してしまいます。時々作業所で作るパウンドケーキやクッキーなどのお菓子(とてもいい材料を使っていておいしい)を買わせてもらう時に話しをさせてもらうたびに、そのパワーに驚くとともに、いろいろヒントになる話を聞かせてもらえるので楽しみなのです。

今回も、今の事務所を借りるに際してのいろいろな話が興味深いものでした。人づてに知りあった人から、持っている物件をとても安い家賃で借りることができそうだったけど、結局給排水の問題があってダメだったという話だったのですが、例えば親から相続をして資産を持っている人って、探せばいるのですよね。しかも、お金に困っているわけではないので、使ってもらって維持できるほうが、ほったらかしになって使えなくなるよりましくらいの感覚だったりすることが。

ちょうど、私も借りているはたけと同じで、草ぼうぼうになってしまって、草刈りを業者に頼むくらいなら、人にはたけをしてもらったほうがいい、くらいの感じ。

ちょっとだけ家賃収入をもらえて、社会貢献につながるのなら御の字という人が、あなたの近くにもきっといるかもしれません。

NPO法人などで、社会貢献をしていて、事務所を持ちたいくらいの規模になったけど、事務所経費を出すのは大変、という団体でも、熱意を持って探せば、空き家の増えている現在、可能性はゼロではないですよ。

そういうことに目配せができて、調整をしてくれる人や団体というものが生まれてきてもいいのでしょうけど。

120530エルマーの会のお菓子.JPG
エルマーの会のお菓子


岩国市療育センターオープン

[2012年07月01日(Sun)]
岩国療育センターは、岩国市医師会病院に隣接して建設された心身の発達に心配のある子どもの発達・発育状態に合わせた療育を行うための施設。

重度の自閉症から高機能自閉症・アスペルガー症候群・ADHD・LDなどの発達障がい児(者)と家族の会であるエルマーの会の知り合いが、設計段階から関わっていて、7月1日に開所して、テープカットの後に建物の中を見ることができるということを聞いたので行ってみることにしました。

訓練室
120701療育センター訓練室.JPG

訓練室
120701療育センター訓練室2.JPG

在宅支援室(ワンルームマンションのように日常生活のためのさまざまな設備がそろっていて、家庭などで日常生活をスムーズに送ることができるようにするための部屋)
120701療育センター在宅支援室.JPG

スヌーズレン室(今日初めて知った言葉“スヌーズレン”。オランダ語で「においをかぐ」と「うとうとする」の意味の単語を合わせた造語で、音や光、香りなど五感を刺激する環境や装置によって、リラックスできるようにした部屋。パニックになったときなどに落ち着くことができたりする場合があるらしい)
120701療育センタースヌーズレン室.JPG

これまでこういった療育は何年か医師会病院の中の部屋で行っていたらしいので、それから比べれば格段の充実のようです。

知り合いと話をしていたら、敷地の問題で、なかなか厳しい間取り設定だったようで、療育の一環として中にプールを設置する案もあったそうですが、すぐ近くに民間のプールがあり、協力してもらえるとのことで取りやめになったそうです。私は、障がいなどをかかえた子どもだけを特別な施設に隔離して療育などするより、普通の人がいる中で行うほうがいいと思うので、そういった協力体制が組めるのならそのほうがいいと思います。

いずれにしても、この施設が、家庭や保育施設、学校、地域などと連携して有効に活用されるといいですね。



はんぷ工房「結」ブランドショップ、9月22日にいよいよオープン!

[2012年09月18日(Tue)]
1209はんぷ工房パンフ.JPG

社会福祉法人 大和福祉会の障害福祉サービス事業所「光あけぼの園」の事業の一部である、はんぷ工房「結」のブランドショップが9月22日に光市(木園1918-1、電話0833-77-3333)にオープンします。現在、プレオープン中なので見に行ってきました。

12091706結.JPG

12091703結.JPG

山口国体のマスコットキャラクター「ちょるる」を手がけたデザイナーに新たにかわいいロゴマークをデザインしてもらい、ブランド展開していくのだそう。

1209はんぷ工房ロゴ.JPG

会場では、周南あけぼの園の[アトリエnon]の絵画や刺繍、ポストカード、グッズの展示や販売。あけぼの園で焙煎したコーヒーや下松市の作業所「第2しょうせい苑」で作られたクッキーでくつろげる喫茶コーナーもあり、のんびり楽しめます。

12091701結.JPG

12091702結.JPG

私の大きな目的は、事前に送られてきたパンフに、仕事で会議などに資料を入れて持っていくのにちょうどよさそうなバックがあったのでそれを確認すること。けっこういろんな色(11色)で展開しているのですが、写真と実際の色はどうしても違うので、気に入った色があれば買うつもりで(結局、気に入った色があったのですが、プレオープンで出品していたその色のバックはすでに売り切れ。オープンの日に行くか、注文するか迷い中)。

12091707結.JPG

会場には、こだわり(?)の職人のオリジナル刺繍の一点物のバックを展示するスペースもありました(近々、江戸の高島屋で、はんぷ工房「結」の展示会も予定されているそうです)。

12091705結.JPG

全体的におしゃれな雰囲気のお店です。

オープンの日は、混雑しすぎないことを祈る。


市役所バッグ

[2012年09月25日(Tue)]
先週紹介した、光あけぼの園のはんぷ工房「結(ゆい)」のオープニングに行って購入してしまいました、市役所バッグ。

なぜそういう名前かというと、最初、周南市役所の職員限定で作成されたからだそう。A4サイズの書類が縦方向(マチがあるのでたっぷり)で入り、しかも太目の肩掛けがあるので、会議の資料などを持って歩くのに便利そう。

内ポケットが、2つ付いています。

色はミネラルブルー。11色展開している中で、渋めでかわいい。写真ではうまく伝わらないのが残念(軽トラの荷台のゴムシートの上で写真を撮ってる私も私ですが)。

120922はんぷ市役所バッグ.JPG



| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ