CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

アイドリングストップ

[2008年07月03日(Thu)]
数年前から、信号で止まるたびにアイドリングストップをしている。もう習慣になってしまっているのでほとんど必ず。で、実際どれくらい止めているのだろうと思って、ストップウォッチを2つ用意して通勤時に試しに測定してみた。スタート時に両方をスタートさせ、一方をエンジンをストップさせるたびに止めるという方法で。

結果は、帰宅時にトータル25分の時間のうちエンジンを止めていた時間が5分。つまり5分の1は止めている。予想とそれほど違わなかったけど、改めて数字で確かめてみるとこれは明らかにお徳で、環境にもいい。

最初は、何度も測定してみて最高記録に挑戦、なんて思っていたけど、あまりに明らかな効果に2、3度測定してやめてしまった。

あとで、調べてみると、
エンジン始動時により多くの燃料を使うけど、5秒停止していれば止めていたほうが徳(信号で止まるとき、5秒以内ということはほとんどない)。
アイドリングストップで頻繁にセルモーターやバッテリーを使っても問題はない、とのこと。

メーカーに願わくは、エンジン再起動時に、ラジオなども再起動になってしまって、一瞬聞こえなくなってしまうのをなんとかしてほしい。
あと、これはあまりお勧めしないけど、長いなだらかなくだり坂や見通しのよい道で、明らかに先の信号が赤のときにもエンジンをストップさせるのだけど、あまりに長い距離だと、フットブレーキが電気を使っているためか、利きが悪くなって、サイドブレーキを使うようになるのを何とかしてほしい(これはちゃんと止まってからアイドリングストップすべきか)。

あと、オートマ車の場合、ニュートラル(N)かパーキング(P)にしていないとエンジンがかからないので気をつけて。

洞爺湖サミットに思う

[2008年07月11日(Fri)]
洞爺湖サミット、どうだったんでしょうか?
私は新聞とラジオで見聞きしただけですけど。

感じたのは、国のトップの人たちと、私たち普通の人たちは、環境に関して危機感や不安を共有できているのだろうか?ということです。

国のトップの立場で(国を代表して)、国内のいろいろな利害を調整した発言をしないといけないというのはさぞかしつらいだろうな。しかし、同時に彼らは、私たちが地球環境に対して感じているような不安や危機感を共有できるような暮らしをしているのだろうか?

環境に対して大きな影響力を持っている国が参加できていないから意味がなかったのではとか、結局具体的なことは何も決まらなかったのでは、とかいろいろ議論はあるのでしょうが、実際には、そんな議論とは関係なく、環境に対する取り組みは、いろんな現場で行われていて、着実に効果のあるものもどんどん開発されていたり、環境に負荷のかからない暮らしを志向する人が増えているのも確かなように感じます。

いま、上に立つ人たちにできるのは、そういった現場で頑張っている人が動きやすい環境を作ってあげるとか、せめてそういった人の邪魔をしないとか、それくらいしかないような気がするのです。当事者意識が持てないのなら、それくらいはしてほしいな。

「ああ、あんな偉い人たちが話し合ってもなかなか難しいんだな」。という印象を残すのだけではなく。

『幸せって、なんだっけ』

[2008年07月17日(Thu)]
『幸せってなんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて』(辻信一著、ソフトバンク新書、2008年)

数年前に『スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化』(辻信一著、平凡社、2001年)という著書で辻さんにであったときの衝撃(という言葉はこの場合適当ではなくて、深い納得って感じ)は忘れられません。書いてある内容自体、その一つひとつは、環境問題についてずっと考えていた私にとってそれほど目新しいものはなかったのですが、本全体を読み終わったとき、そういうこと全体を見渡しながら、ちゃんと着実に活動している人や団体がいる。そのことが確認できて、妙に納得できたと言うか、うれしくなったのです。

それで、この本なのですが、タイトルはかなりいけてないです。そして、辻さん自身も出だしで「幸せについて書くことになるなんて!」とはじめています。でも、この本に書かれているような価値観を持つ人が増え始めているのも確かな気がします。

最後の方に紹介されているマハトマ・ガンジーの逸話が印象的です。

 あるとき、新聞の当初でガンジーに不満をぶつける者がいた。
 あなたのような有名で偉大な人が、なんだって、口を開けば、玄米菜食がどうのとか、糸車を回そうとかといった些細なことを喋っているんですか?政治や経済の大改革が必要なこんな大事な時期に。
 この投書にガンジーはこんなふうに答えたという。「ではあなたは、その大改革が起こるまで、庭先の掃除や、夕食の用意をしないですませることができますか?」そして、こう続けた。「そりゃ、あなたの言う大改革は大事です。しかし、自分の身の回りの小さな改革さえできない人に、果たして政治や経済の大改革が起こせるでしょうか?」


そう、大状況を見てそれを語ることも大切です。しかし、その大状況が、一人ひとりの日々の暮らしの積み重ねと複雑に絡み合っているからこそ、小さな現場でできることをそれぞれがしていくことが大切なんだと思います。

あっ、それと、辻さんの友人の中村隆市さんという人が考案したという「ハッピースローカルチャー」という言葉。ハッピーということばはちょっと能天気な感じがしてあまり好きではないのですけど、ハッピーとスローとカルチャーを、ピースとローカルがつないでいるというのが素敵です。

連休最終日午前中

[2008年07月21日(Mon)]
今日は午前中、子どもたちといっしょに地元の中心を流れる川のゴミ拾い。

子どもと大人含めて総勢約30人が1時間ほどかけて空き缶やビニールゴミなどを集めて分別しました。

4年目のこの行事は、もともと地元で川の草刈や掃除を中心に行っているNPO法人が、子どもたちと一緒にゴミ拾いをしたいという想いを、私が代表をしている団体が調整役になってチラシなどを作って開催することになった行事。

2日前の雨で少しだけ増水した川に、子どもたちはうれしそうに入って、ゴミを拾ったり、遊んだり。川で遊んでもらうのも目的の一つなので全然OKなのです。

ひととおり回収が終わったら、近くの公園のようなところで、そうめん流しをみんなで楽しみます。

これも、この行事のメイン企画。NPO法人の方々が前の日からテントを張ったり、竹を半分に割って準備したり、そうめんダシもメンバーの一人がもと調理関係の仕事をしていたのでプロの仕上がり。おいしく楽しい午前のひと時は、あっという間に過ぎました。

漁家民宿「洸洋庄(こうようしょう)」

[2008年08月03日(Sun)]
新聞記事をきっかけに、やまぐちスロー・ツーリズムの山口県小規模農林漁家民宿認定制度に基づいた山口県東部では1番目の漁家民宿「洸洋庄(こうようしょう)」に泊まってみました。

金魚の形をした大島(屋代島)の金魚のしっぽの下側に位置する沖家室(おきかむろ)島にあって、魚を釣るのも食べるのも好きな子どもの誕生日祝いも兼ねた行事です。

驚いたのは、食事の量。予約時に、「刺身が好きなので、他の料理を少なめにしてもいいので刺身を多めにしてください」とお願いしたら「うちの刺身は多いので」と言われたことが間違えでないどころか・・・。民宿をはじめてまだ2ヶ月なそうですけど、刺身を完食した人はいないそうです(ちなみに、他にも付け合せや20センチオーバーのメバルの煮付け、テンプラ、釜飯、天草から作った寒天などもありました)。

ちなみに、刺身の種類は、鯛、イサキ、カワハギ、アジ(刺身とタタキ)、サザエ、ウニ。すべて、民宿のご主人が一本釣りなどで取ったもので、市場に卸すために組合に出すときには安い値で引き取られるので、お客さんに出したほうがいいのだそうです。3人分ですが、料理屋で食べれば、数万円はするだろうと思われる量。

朝食のメインが、20センチオーバーの鯛(もちろん天然)の塩焼きだったので、またびっくり。

ご主人は、沖家室の伝統漁法である一本釣(針が特徴らしい)をしたくて越してきて、漁家民宿を始めたそうです。よい漁場が近くにあって、いい魚がとれるのだけど、組合に出すと、広島の市場に行ってしまい、地産地消が言われているのに、大島の料理屋は地元のではない魚を使っている、とは奥さんの弁。大島も大きく言えば広島湾のうちで、扱い量からすると広島の市場にいってしまうのは仕方のない部分もあるのでしょうけど、流通のあり方が変わっていくべき部分もあるのでしょう。

それにしても、魚好きにはたまらない民宿です。

名前の通り、遊漁や農業体験もさせてくれます。



「地球温暖化対策基本法と原子力開発」

[2010年03月19日(Fri)]
今朝の通勤途上、NHKラジオ8時台の「今日の話題」のテーマが、「地球温暖化対策基本法と原子力開発」でした。地球温暖化対策基本法が閣議決定したことを受けて、その法律の中でCO2削減(地球温暖化防止)の観点から原子力開発を進める方向の記述があるが、原子力発電については、先送りにした課題など問題点等が多く、慎重に考えるべきであるという趣旨の解説。私もそう思います。

ということで、実際の法案を見てみると、第17条にありました。

(革新的な技術開発の促進)
第十七条 国は、太陽光、風力等の新エネルギー等に関連する技術、燃料電池に関連する技術、安全を基本とした原子力発電に関連する技術その他の温室効果ガスの排出の抑制に資する革新的な技術の開発を促進し、環境保護、経済発展及びエネルギーの分野における安全保障に資する社会基盤を確立するため、財政上又は税制上の措置その他の必要な施策を講ずるものとする。


原子力発電は、一応最後に控えめに位置づけられているのですね。しかも、「安全を基本とした」と枕詞まで付けられています。できたらこの順番(太陽光、風力など、燃料電池の次)で、研究費を配分して欲しいところです。現在は、原子力開発に多くの研究費が費やされていて(映画『東京原発』が製作された時点で、電力開発に関する研究費の9割が原子力発電に対するものでした)、その研究費は原子力発電のトータルコストの中には入っていないようですから。


アースディ@瀬戸内2010

[2010年04月02日(Fri)]
今年で4回目を迎える、アースディにちなんだイベント。
今まで都合があわずに参加できていないので、今年こそはと思っています。

イベントのホームページの冒頭に書いてある趣旨を抜粋します。


この海から地球が見える!

 この穏やかな瀬戸内海。じつは日本にある約半数、3,000もの島と激しい潮流を持つ、世界的にも貴重な海で、古くから自然の知恵と豊かな海洋文化が花開いてきました。
 私たちのすぐそばにあるこの海をもっと知り、もっと楽しむと、地球の息づかいが聞こえてきます。4回目の開催となる今回の『アースデイ@瀬戸内』のキャッチフレーズは「出航!未来への方舟(はこぶね)」です。美しい地球を未来へつないでいくために、今私達に何ができるのか。みんなで考えて、そして実行していきましょう。


イラストもかわいい(これは、リンク用のバナーですが、リンクはしていませんので、アースディ@瀬戸内で検索してください)。



2010年4月17・18日
山口県光市虹が浜にて


ステージやシーカヤック、シーラフティング体験、パネル展示、フェアトレード商品やナチュラルフードの販売、フリマ、地球(ほし)のお話、ワークショップや手作り体験など盛りだくさん。


「アースデイ@瀬戸内2010」報告

[2010年04月18日(Sun)]
4回目にしてようやく参加することができた、アースデイ@瀬戸内2010。

これは、好みが分かれるような気がしますけど、私は好きです。超ゆるゆるのイベントです。海岸に接した3〜40メートル四方の空間がメイン会場(そのほか近くにお話会の会場があり、メイン会場の続きの砂浜と海がカヤックやラフティングの体験コーナーになっています)
メイン会場のぐるりには、テントがあり、フェアトレード商品やナチュラルフード、写真の展示など、地球環境を考えるアースデイにちなんだいろんなお店。

知り合いも沢山いたので、その知り合いって感じで新しい知り合いも増え、ここのテントでお茶をもらいながら話し込んで、こちらのテントではたけの話をして、あちらのテントでは絵描きさんが祝島を訪ねてのそこでの生活を描いた絵でつくったカレンダーの話を聴いたり、本当に楽しいひと時でした。

カヌーやラフティング体験の受付あたりには、上関原子力発電所に反対して現地で活動しているカヤック隊の人たちもいて、話をすることができました。
ちょうど、この金曜日に中国電力の人や請負業者の人が150人もきて、工事現場に柵を作って立ち入りができないような工事をしようとしたそうですが、なんとか止めることができたそうです。話を聞いていると、現場での中国電力の職員の人の非人間的な対応にはちょっとあきれます。仕事でやっているので、非情にならざるをえないにしても、どうなんだか。今度、現地で反対しているログハウスに寄ってみようかなと思います。

面白かったのは、念のためにハングドラムを持っていってテントからテントへうろうろしていたら、専用のバッグに入れていたにも関わらず、後ろから「それ、ハングじゃないですか?」と声をかけてくる人がいて、それから、いろんなところでハングを披露して、叩いてもらったりしました。YOU TUBEでは見たことあるけど初めて見たという人や、いろいろ手を尽くしても、いまだに手に入れることができない人、山口県にハングがあるとは思わなかったなど、こんなにハングを知っている人がたくさんいるのは、初めての体験です。

ステージも、フラダンスやフォークソングやエレキギターの独奏などバラエティに富んでいて楽しげ。


田布施で洋菓子屋を営む知り合いは、移動式の窯でその場でおいしいピザを焼いていました。


むっちゃおいしい。


水力発電が安くしか買ってもらえないのはなぜ?

[2010年04月20日(Tue)]
たまたまコンビニで「BE−PAL」というアウトドア関係の月刊誌を手に取ってみたら、知り合いの洋菓子屋さんが、自宅に水力発電を作っている記事が載っていました。以前、遊びに行ったときに見せてもらったことがあって、その水力発電と太陽光発電で、自宅のかなりの電力をまかなっているという話の中で、冷蔵庫が一番電力を必要とするということが印象に残っています。


そういえば、2日前の中国新聞の社説に、太陽光発電は比較的高額で電力会社が買うようになっているのに、水力発電については買取単価が低いため、運営上危機に立たされているということが書いてあって、不思議に思っていたところでしたので、タイムリーといえばタイムリー。

太陽光発電を支援するなら、水力発電も支援すればいいのに。水に関しては、水利権の問題などがあるためか、小さな規模の水力発電を行うにも手続きはとても大変なようです。そういうところにこそ、規制緩和や支援が求められているのではないでしょうか?



スナメリウォッチング&島めぐりツアー

[2010年04月29日(Thu)]
「スナメリウォッチング&島めぐりツアー」の情報が入りました。

2010年5月8日(土) 9時半〜16時20分
上関町室津港集合
参加費 大人2500円
     子ども500円

詳しくは、下のPDFをご覧ください。

毎年この時期に開催していて、何度目かのようです。
今回は、祝島へはトイレ休憩くらいで、チャーターした漁船で瀬戸内海の島々をめぐるのがメインとのこと。
この日も行事が重なってしまっているのですが、とても興味があるので惹かれています。

「長島の自然を守る会」の高島さんたちが行う行事で、「長島自然を守る会」で検索すると、そのほかの行事の情報なども掲載されています。


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ