CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

NHKラジオ番組「すっぴん!」について

[2012年04月13日(Fri)]
NHKラジオで4月2日からはじまっている朝の番組「すっぴん!」が気になっています。

朝、通勤途上の車の中で、NHKラジオを聞いていて、いままでは、ニュースとそのあとのテーマごとの解説を楽しみにしていたのですが、最近少しマンネリかなあ、と思っていたところの番組交代で、曜日でかわるパーソナリティがなかなか個性的です。

その中でも、私にストライクなのが、木曜日の中島さなえさんと金曜日の高橋源一郎さん。

中島さなえさんは、中島らもさん(といってもわからない人のほうが多いでしょうけど)の娘さんというだけで、私にとってはたまりません。

最後の無頼派といわれる中島らもさんは、1984年から朝日新聞大阪本社日曜版「若い広場」で『明るい悩み相談室』を連載していて、当時大阪で大学生をしていた私にとっては、日曜日の朝を心待ちにしていた思い出があります。さらには、今となっては確かめようもないのですが、一度阪急電車で老人に席を譲る中島らもさんを見かけたことがあります。中島さなえさんのしゃべりも楽しいです。

高橋源一郎さんは、前から気になっている小説家で、最新刊の『恋する原発』を読みたいなあと思いながら、そのままになっています。朝の番組のパーソナリティをするなんて。

30代から40代の主婦がターゲットの番組のようで、実際働いている私などは、出だしの部分しか聞けないのがとても残念。

私がとても好きなパフュームのプロデュースをしている中田ヤスタカさんの作ったテーマ曲「morning face」もさわやかです。

それにしても、ラジオっていいですよね。いろんなメディアの中で一番好きかも。声と音だけというのが、不思議と想像力を刺激する。声って、思いが伝わってくるし、その時々の話題について、映像がない分、丁寧に取り上げてくれたりするし(個人的には、最後に残るメディアって気がする)。

番組のホームページも充実していて、インターネットとの融合を図ろうとしているところも面白い試みだと思います(さすが30〜40代の主婦狙い)。

ところで、NHKラジオって、簡単な無料ソフトをダウンロードすれば、スマホで普通に聴けるんですよね。以前試験的に運用していて、その時に聞いたことがありますが、今は、実際に運用していて「らじる★らじる」か「NHKラジオ」で検索すれば、サイトに行き当たります。というか、今試してみてスマホのお気に入りに登録したので、何気にNHKラジオが聴けるなあ。


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ