CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

自死遺族フォーラム in 岩国_補足1

[2012年03月04日(Sun)]
3月3日に参加させてもらったフォーラムで最後の意見交換の場で、私も質問をさせていただいたのですが、あとで会場で隣におられた方とお話をしたら、少し誤解を招くような発言だったかなあと思ったので、会場にいなかった人にはもちろん何のことだかの部部分もあると思うものの、少し補足したいと思います。

昨日の報告の最期のほうに書いたことなので、繰り返しになる部分もあります。

「人それぞれ」という人を突き放すにも、人を受け入れるにも使える便利な言葉があります。でも、本当に人はそれぞれ、考え方や生き方、性格、大切にしていること。その中に、心の体調というのがあるように思います。

誰でも、落ち込んでいたり、元気だったり、そのことに理由が思い当る部分があったりなかったり。その周期も長かったり短かったり、そしてその深さや高さも。

多くの人は、それが極端なものではなくて、何とかやり過ごしているのだと思います。しかし、それが極端な場合とか、その極端な深さが長くて辛すぎる人もいるのだと思うのです。

そういうときに、うまく精神医療というものが役に立つことがあることがあるので、周りの人がそれを勧めてあげるのは大切なことだと思います。

しかし、今の風潮として、そういうのをすぐに病気だとレッテルを貼って、病院に任せたら大丈夫。とりあえず、自分の手から離れた。やれやれ。という気持ちになったり、いえいえ、例えばそれが自分の子どもである場合、親御さんにとっては、「こんな子ではなかったのに」といった気持ちも相まって、藁をもすがる思いで、病院に頼ることがあるのだとは思います(「この人は、これこれこういう病気だから、この病院に行って、こういう処方をしてもらったら治る」という答えをすぐに出してほしいという風潮がありますが、生身の人間や自然界の中には、そんな単純な答えはどこにもないと思います)。

しかし、そういうことって、その人の個性である部分もあるのではないでしょうか。程度の問題で、病気であるかないかという境界線がはっきりしているわけではないと思うのです?だったら、治すとか治せないとかいう問題ではなくて、とりあえず、そのままでいいということもあるのではないでしょうか?それを、受け止める周りの人がいることによって、なんとかやり過ごすことができるのなら。
そういう性格(個性?)がその人のその人らしさとも言えるのかなと思ったりもするのです。

もちろん、その人があまりにつらいときに、その人とちゃんと向き合うことのできるお医者さんがいて、適切な処方ができて少しでも楽になることを否定するわけではなくて(そして、精神医療にもたくさん課題があるでしょうから、それはそれで取り組むとして)。

たまたま、会場で隣にいた人も、ご自身の子どもさんが様子がおかしくなって病院に連れて行って薬も飲んでいたのだけど、自死で亡くされて、今思えば、その薬に悪い影響があったかもしれないとおっしゃっていました。



コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ