CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

アースディ@瀬戸内2010

[2010年04月02日(Fri)]
今年で4回目を迎える、アースディにちなんだイベント。
今まで都合があわずに参加できていないので、今年こそはと思っています。

イベントのホームページの冒頭に書いてある趣旨を抜粋します。


この海から地球が見える!

 この穏やかな瀬戸内海。じつは日本にある約半数、3,000もの島と激しい潮流を持つ、世界的にも貴重な海で、古くから自然の知恵と豊かな海洋文化が花開いてきました。
 私たちのすぐそばにあるこの海をもっと知り、もっと楽しむと、地球の息づかいが聞こえてきます。4回目の開催となる今回の『アースデイ@瀬戸内』のキャッチフレーズは「出航!未来への方舟(はこぶね)」です。美しい地球を未来へつないでいくために、今私達に何ができるのか。みんなで考えて、そして実行していきましょう。


イラストもかわいい(これは、リンク用のバナーですが、リンクはしていませんので、アースディ@瀬戸内で検索してください)。



2010年4月17・18日
山口県光市虹が浜にて


ステージやシーカヤック、シーラフティング体験、パネル展示、フェアトレード商品やナチュラルフードの販売、フリマ、地球(ほし)のお話、ワークショップや手作り体験など盛りだくさん。


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ