CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「地球温暖化対策基本法と原子力開発」

[2010年03月19日(Fri)]
今朝の通勤途上、NHKラジオ8時台の「今日の話題」のテーマが、「地球温暖化対策基本法と原子力開発」でした。地球温暖化対策基本法が閣議決定したことを受けて、その法律の中でCO2削減(地球温暖化防止)の観点から原子力開発を進める方向の記述があるが、原子力発電については、先送りにした課題など問題点等が多く、慎重に考えるべきであるという趣旨の解説。私もそう思います。

ということで、実際の法案を見てみると、第17条にありました。

(革新的な技術開発の促進)
第十七条 国は、太陽光、風力等の新エネルギー等に関連する技術、燃料電池に関連する技術、安全を基本とした原子力発電に関連する技術その他の温室効果ガスの排出の抑制に資する革新的な技術の開発を促進し、環境保護、経済発展及びエネルギーの分野における安全保障に資する社会基盤を確立するため、財政上又は税制上の措置その他の必要な施策を講ずるものとする。


原子力発電は、一応最後に控えめに位置づけられているのですね。しかも、「安全を基本とした」と枕詞まで付けられています。できたらこの順番(太陽光、風力など、燃料電池の次)で、研究費を配分して欲しいところです。現在は、原子力開発に多くの研究費が費やされていて(映画『東京原発』が製作された時点で、電力開発に関する研究費の9割が原子力発電に対するものでした)、その研究費は原子力発電のトータルコストの中には入っていないようですから。


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ