CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

66『ニッポニアニッポン フクシマ狂想曲(ラプソディ)』2019八丁座にて57

[2019年08月12日(Mon)]
『ニッポニアニッポン フクシマ狂想曲(ラプソディ)』
(原案・脚本・監督:才谷遼、出演:隆大介、寺田農、デコウトミリ、慶徳優菜、宝田明、113分、2019年、日本映画)

1908ニッポニアニッポン.JPG

1908ニッポニアニッポン02.JPG

1908ニッポニアニッポン03.JPG

2019年、映画鑑賞66作品目にして、劇場での鑑賞57作品目。

会津若松の市役所に勤める定年間近のさえない男やもめの主人公は、ある日、原発復興最前線の町、楢穂町の震災特別広報課長代理として赴任を命ぜられ、ドイツに単身赴任している息子の嫁と末娘を残し、平日は楢穂町で暮らすことになる。

そこで、助役に連れられて見知る復興の現状の数々、廃炉の進む原発を観光の目玉にしようと提案する若手職員、そして、「原子力研究所副所長就任を祝う会」での大宴会は、推進派の学者、若手官僚などで過剰に陽気に盛り上がり、クライマックスを迎える。

何ていえばいいのだろう。いろんなアニメーターによるアニメーションが駆使され、ミュージカルのようなミュージカルでないような、有名なオペラや昔話や文学作品も引用され、はちゃめちゃっぽく、フクシマの現状を笑い飛ばす作品。

というか、こうやって笑い飛ばすしかないような、ブラックな現状があるよね。

映画の冒頭のアニメーションの中にも出てくる、鴇(トキ)のキャラクターデザインを女優ののんさんが手がけているのも興味深い。

たまたま、行ったときの上映後、監督の才谷さんが舞台挨拶をしてくれて、自分が師と仰ぐ映画監督、岡本喜八さんのこと、この映画を作ることになった思いや、映画らしい映画とは、などお話ししてくれました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ