CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

岩国市民歴史講座「吉川氏の家格問題」190727

[2019年08月01日(Thu)]
岩国の歴史について詳しい、元岩国徴古館長の宮田さんを講師にして開催されている岩国市民歴史講座も第10回目を迎えました。

今回のテーマは、「家格問題」。と言っても、知らない人もいるとは思います。私も最近まであまり知りませんでしたし。

190727岩国市民歴史講座 家格01.JPG

190727岩国市民歴史講座 家格02.JPG

岩国は、江戸時代を通じて正式な支藩ではなくて、格下だったため、封建社会にあっては差別的な待遇を受けてきたようです。

そのため、江戸時代を通じて家格昇進が岩国での政治の中心課題となり、差別を受けていたがゆえに逆に領土内での差別が激しかったり、お金で外形上の大名扱いを受けるようにしたため、せっかく専売制などで得たお金を無駄に使ったりしていたことなど不合理なことが多かったことがわかります。具体例が聴けて興味深かった。

次回は、
9月28日(土)14時〜16時
テーマ:岩国藩慨史1
岩国市中央公民館第3講座室(3階)
参加費:200円(資料代)


190727岩国市民歴史講座 次回案内.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ