CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

641_伸びすぎた芋ばたけの草取り

[2019年07月19日(Fri)]
芋づるを植えて1ヶ月ほったらかしにして草が生え放題になっていることをお知らせしました。

このところ雨が降ったりもあって、こま切れの時間を活用して、10日くらい経過したところで、ようやくあと少しのところまでこぎつけました。

伸びすぎた草をどう処理しているかについて、少し詳しく書いてみましょう。

草の背丈が短すぎるとこうは行かないのですが、今回のように2〜30センチも伸びていると、根こそぎ抜いて、土をふるい、

190717芋畑草取り02.JPG

半分に折り、

190717芋畑草取り03.JPG

根を上にして、草を取り終えたところに敷いていきます。

190717芋畑草取り04.JPG

190717芋畑草取り05.JPG

そうすれば、夏の強い日差しが降り注げば、1日で枯れてくれて、土を覆うマルチの役割を果たしてくれて、次に草が生えてくるのを防いでくれますし、そのうち微生物やミミズの餌になって肥料になってくれます。

草取り後、少し天気がよかった1日後の様子です。

190717芋畑草取り01.JPG

ただ、この時期は雨が多いので、根を上にしたとしても、草が復活してくることもあります。でも、一旦抜いてるので、伸びた根が切れるように持ち上げてやればいいので楽です。

草取り後、雨が降るとこんな感じ。

190719芋畑草取り.JPG


190719芋畑.JPG

ちなみに、好調に収穫できているミニトマトの食害例を。

190709ミニトマトの食害.JPG

190718ミニトマト食害.JPG

トマトは、あまり食害を受けないのですが、こんな感じで蛾の幼虫に食べられたりします。傾向としては、上のほうにある実が食べられます。

野菜全般に言えることですが、最初のほうに付く実は、まだ全体的に勢いがあって、害虫をはねつける力(具体的には、害虫が忌避する物質を出していたりするのだと思う)があるので食べられてしまうことはないようです。なので、末端に行くほど、収穫の終わりに近づくほど、食害を受けることが多くなります。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ