CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

47『主戦場』2019横川シネマにて38

[2019年06月16日(Sun)]
『主戦場』
(監督・脚本・撮影・編集・ナレーション:ミキ・デザキ、出演:トニー・マラーノakaテキサス親父、藤木俊一、山本優美子、杉田水脈、藤岡信勝、ケント・ギルバート、櫻井よしこ、吉見義明、戸塚悦朗、ユン・ミヒャン、イン・ミョンオク、パク・ユハ、フランク・クィンテロ、122分、2018年、アメリカ映画)

1904主戦場.JPG

2019年、映画鑑賞47作品目にして、劇場での鑑賞38作品目。

日系のミキ・デザキさんが、上智大学の大学院生だったときに卒業プロジェクトとして製作した映画。

第二次世界大戦時の日本の慰安婦問題について、これまでのニュース映像なども交えながら、様々な論点(人数、強制連行の有無、証言の信憑性、当時の国際法上の位置づけ、慰安婦像建立の意味など)について、立場の違う人たちのインタビューを中心として構成しています。

インタビューする側が色を出しすぎると、インタビューされる側も構えてしまったり、強めの主張になったりすることがあるように思いますが、映像を見る限りでは、無理やりインタビューしたという部分はなく、淡々とそれぞれの人が日頃考えていることを語っています。

論点ごとに編集して両論を対比させているので、「慰安婦は基本的には自らの意思によるただの雇われ売春婦だった」という立場の人たちの人権感覚の薄さが浮き彫りになっていて、平気で人を貶めるような差別的な発言をしているあたり、ある意味あきれてしまいます。

横川シネマにて、7月14日まで(6月24日〜30日は貸館のため上映はないようです)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ