CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

626_冬を越した食用鬼灯(食用ホオズキ)と野菜を食べる虫たち

[2019年06月15日(Sat)]
暖冬のため、いつもなら冬を越すことのない食用鬼灯が無事冬を越してくれて、早くもどんどん実が成りつつあります。

190605冬越し食用ほおずき01.JPG

190605冬越し食用ほおずき02.JPG

あまり実が成りすぎると、栄養が分散していい感じに実らないので剪定や摘果をしないと、といつも思いながら、なかなかできない優柔不断な私がいます。


はたけにいる虫については、以前、「はたけの虫たち」シリーズでかなり取り上げたので、よほど珍しい虫を見つけない限り、シリーズとしては取り上げないつもりですが、いつもと違う野菜にいたり、変わったパターンの時には写真に撮りたくなります。

里芋の葉を食べる、蛾の一種の幼虫。このときは引っ込んでますが、尾に出る角のような実はやわらかい突起と、おどろおどろしい模様で脅かしますが、実際には、毒とかは持っていないようなので、素手でつかんで長靴でつぶすという駆除方法。

190611蛾の幼虫.JPG

アスパラガスの枝にいる豆黄金(マメコガネ)。モロヘイヤの葉っぱを食べているのをよく見ますが、アスパラガスの枝に止まっているのは、はじめて見ました。

190611アスパラガスにマメコガネ.JPG

大きな南瓜(カボチャ)の葉っぱで、悠然とまどろむ雨蛙(アマガエル)。葉っぱにやってくる瓜葉虫(ウリハムシ)などを狙っているのだと思いますが、同系色とは言え、若干目立つような気がします。百舌(モズ)などの肉食の鳥に狙われるのではないかと思うのですが、葉っぱはとまるには弱々しいので、鳥としては捕まえにくいのかもしれません。雨蛙は人が危害を加えることはないことを知っているようで、近づいても逃げることはありません。癒し系の動物です。

190611カボチャにアマガエル01.JPG

190611カボチャにアマガエル02.JPG

水をたくさん必要とする里芋や茄子(ナス)、胡瓜(キュウリ)などをメインに水遣りをしながら、野菜それぞれの個体が日々成長していく様を見たり、害虫を取り除いたり、芽欠きしたり、草取りをしたり。成長の早いこの時期には、日々なにかしらやることがあります。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ