CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

里山ひよじ村の田植えがあります190601・02

[2019年05月28日(Tue)]
岩国市の周東町樋余地にある「里山ひよじ村」では、農薬や化学肥料を使わない有機農法・自然農法などによって米や麦、大豆、ブルーベリー、椎茸などをつくっていて、大きな農作業があるときには、広く参加者を募って行っています。

1906里山ひよじ村パンフ01.JPG

1906里山ひよじ村パンフ02.JPG

稲作など個人では難しいはたけ仕事も、時間が合う範囲でみんなでわいわい楽しみながら行う機会の提供にもなっています。

稲作に関して、今年もモミの芽だしから苗作りを終えて、田植えの季節がやってきました。

6月1日(土)・2日(日)の両日、昔ながらの手植えでの田植えが体験できます。

お昼のごはんとお味噌汁を用意するので、大人500円、小学生以下300円が参加費となります。

お昼の準備があるので、参加希望者は、参加日と参加人数を事前に、メールなどでお知らせください。

注意事項:熱中症対策の帽子、長袖、飲み物は各自で。足元は、田靴(田んぼ作業用の専用長靴)か、よごれてダメになってしまってもいい靴下で。
場所については、最後の段階の入り口の道がちょっとわかりにくいです。

詳しくは、「里山ひよじ村」のフェイスブックで(今後も草取りや稲刈りなど人数が必要な時はお知らせがあります)。

私は、他の日程と重なっていて1日の昼からのみ参加できそうです。

ちなみに、新たな取組みとして、綿づくりもはじまったようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ