CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

25『岬の兄妹』2019イオンシネマ広島にて17

[2019年04月17日(Wed)]
『岬の兄妹』
(監督:片山慎三、出演:松浦祐也、和田光沙、北山雅康、中村祐太郎、岩谷健司、89分、2018年、日本映画)

1904岬の兄妹.JPG

2019年、映画鑑賞25作品目にして、劇場での鑑賞17作品目。

なかなかチャレンジングで衝撃的な作品です。

壊れそうな古いアパートに住んでいる兄妹。

兄は、足を引きずる障がいがあり、妹は自閉症。兄は、船会社に勤めている間、妹がどこかにいってしまわないように、長い鎖で家の中に縛り付けているが、たびたび逃げ出して行方不明になってしまう。

ある日、兄はリストラにあってしまい、アパートの電気も止められてしまう。彼らがたどり着いたのは、連絡を受け、妹をお客の自宅に届け、売春を斡旋すること。

いろんな社会の問題が、ないまぜになって、ある意味どぎつくリアルに描かれているのに、底にある、おかしみや、ユーモア、純粋なものも感じられ、時に美しくさえある。

(ちょっとした知り合いには)勧めにくいが、(ちゃんとした知り合いには)おススメしたくなる作品です。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
どぎついだけならイヤかもと思いながら観てみたのですが、不思議な魅力にあふれた作品だったので、(結果として)おススメできてよかったです。
Posted by:村夏至  at 2019年04月23日(Tue) 04:41
おすすめしてもらったつもりで見てきました。
見たいと思っていた映画だったので、
お知らせいただいて助かりました。
ありがとうございます。
あみ子のような映画でした。
Posted by:チカリー  at 2019年04月22日(Mon) 22:22
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ