CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

586_玉葱(タマネギ)の苗植え

[2018年11月21日(Wed)]
玉葱の苗植えの季節がやってきました。

例年通り、11月中に早生(わせ:5月初旬に収穫)を数百本、12月に入ってから晩生(おくて:6月初旬に収穫)を千本くらい植える予定です(今年は、11月中にある程度済ませてしまおうかとも思っています)。

10月下旬に薩摩芋(サツマイモ)の収穫をしたときに、いつものように管理機で牛糞堆肥と有機石灰を鋤き込んでもらい、例年だと、一番寒い1月か2月に追肥として、骨粉入り油粕と焚き火遊びでできた草木灰をまいたりするのですが、ビニールマルチをしていると小さな穴に肥料を入れるのが面倒なので、今年は、マルチを敷く直前に、追肥用の堆肥を撒き、移植ゴテで軽く混ぜながら畝を平らにするということをしてみました(平らにするのは、でこぼこだとマルチと畝にすき間ができて風でマルチがバタバタしてしまい、苗がマルチの中に隠れて育ちが悪くなったりするので)。

181118tタマネギはたけ01.JPG

181118tタマネギはたけ02.JPG

これで追肥なしでやってみるとどうなるのでしょう?
追肥するところとしないところで分けて比較してみるのもいいかも。

どちらにしても、例年、同じパターンでわずかな肥料でやっていて、玉葱の玉太りが悪くなっているので、肥料のバランスの方が問題なのだとは思われます。化学肥料を使わない分、本当はそういうことに気を使わないといけないのではないかと。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ