CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「上関まるごと博物館 STAY by nature」 オープニングイベントに参加してきた

[2018年01月20日(Sat)]
2018年1月14日(日)、「上関まるごと博物館」という施設のオープニングイベントがあるということを新聞記事で読んで、参加してみることにしました(上関の自然を守る会の存在は知っていたのですが、この取り組みについては気づいていませんでした)。

180114まるごと博物館00.JPG

180114まるごと博物館01.JPG

「上関ネイチャープロジェクト」と銘打って、環境保護運動と遊漁船業、鮮魚の産地直送などを一体的に進めていく中で、その拠点となるゲストハウス的なものを作ろうとなったようで、上関町の古民家を譲り受け、クラウドファンディングでお金を募り、設計事務所や建築業者などに入ってもらいながら、ボランティアとも協力しながら創り上げられたもの。

博物館と言っても、とりあえずは博物館自体には何もなく、ネーミングのとおり、自然豊かな上関自体が博物館で、その自然を体感するための入り口的な位置づけのようです。

イベントではまず、古民家が改修されていく様子をスライドで紹介したり、上関地域に生息する天然記念物のカンムリウミスズメについてのカナダからの研究者(カナダのマニトバ大学名誉教授)のミニ講演、北九州市立自然史・歴史博物館鳥類担当学芸員のミニ講演などが行われました。

そして、会場を移して、「まるごと博物館」の見学会。
玄関の暖簾にはシンボルマークが。

180113まるごと博物館24.JPG

1階の広間に、2階建ての古民家のリフォーム後の模型が飾ってあります。

180113まるごと博物館16.JPG

港から細い路地を少し歩いた傾斜地に立ち、家の裏にある庭には、地元のはたけの土を使ったアースオーブン(ビザなどを焼けるよう)、さらに一段上には小さなはたけがあり、麦が植えられていました。

180113まるごと博物館13.JPG

180113まるごと博物館20.JPG

180113まるごと博物館21.JPG

広い一軒家で、二階には、解体時の廃材を活用して秘密基地的な2段ベッドが、山口大学リノベーション部の学生たちによって作られています(これは楽しそう)。

180113まるごと博物館18.JPG

180113まるごと博物館07.JPG

180113まるごと博物館19.JPG

見学会終了後には、港にある会場で、プロジェクトに協力している漁師さんによるナマコの酢の物やブリ大根、ブリの刺身、ブリしゃぶ、サヨリの天ぷらやフライなど、地元で取れた新鮮な食材を活用したおいしい料理でパーティが開催され、関わってきた人などと楽しく歓談させてもらいました。

上関の自然を守る会の自然観察会などの取り組みは、アウトドア衣料の会社であるパタゴニアや化粧品会社から金銭面にも人的な面でも助成を受けていて(パタゴニアでは、正規社員が会社から給料をもらいながら、自然保護活動などの団体のボランティアやインターンシップができる制度があるそう。クラウドファンディングで資金調達をする提案を下のもパタゴニアだったとのこと)、当日も何人もの若い社員が来ていて、一緒にパーティに参加していました。

今後、カンムリウミスズメの調査体験や海藻狩り、スギモク観察会など、さまざまな自然体験プログラムが開催される予定のようです。

ホームページなどに随時情報が掲載されると思いますので興味のある方は是非。

まさに、直前の記事で紹介した映画の原題、“THE OTHER SIDE OF HOPE”(直訳すれば、「もう一つの側の希望」?)と呼ぶにふさわしい取り組みだと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
コメントありがとうございます。
興味がありそうだったので、当日配布された資料を余分にもらってきたのです。
また、遊びに行きますのでよろしくお願いします。
Posted by:村夏至  at 2018年01月24日(Wed) 04:52
先日は資料を拝借しましてありがとうございます!またお会いできるのを楽しみにしてますね!
Posted by:ライブデポ  at 2018年01月23日(Tue) 18:24
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ