CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

534_収穫の秋 その2 つくね芋と猪(イノシシ)除けの柵

[2017年11月27日(Mon)]
収穫の秋、第二弾、昨年例年になく早く9月に猪がはたけに遊びに来て、全滅してしまったつくね芋。十数年前に種芋を分けてもらって、以来ずっと収穫したものから種芋を残してつないできたのですが、それも終わりかと思いきや、毎年余った種芋を近所にあげているので、そこから分けてもらえて、なんとかつなぎ続けることができました。

今年は、去年の轍を踏んではいけないので、初めて猪除けの柵を作りました。鉄筋を杭にして、ネットと工事用の鉄製のワイヤーメッシュをつかった簡易なもの(と言っても、設置したのは11月に入ってからですが、今年はまだ彼らは来てません)。

171126柵01.JPG

171126柵02.JPG

このところ、急に冷えこんできて、葉っぱも枯れ始めてきたので、3株ほど収穫してみました。

171126つくね芋01.JPG

171126つくね芋02丁目.JPG

まず、土からつるが出てきているところをハサミで切って上のツルを取り払い、周りの土を、芋を傷つけないように慎重に取り除いていきます。

171126つくね芋03.JPG

171126つくね芋04.JPG

最初に掘ったのが南側の端なので一番よくできる場所。とても大きくて良い出来。

171126つくね芋05.JPG

洗うとこんな感じになります。

171126つくね芋06.JPG

今年は期待できそうです。

掘るのに失敗して欠けてしまった芋があるので、さっそく汁にして食べてみました。イリコと昆布でとった出しに、薄口しょうゆとみりんと塩というシンプルな味付け。出しをとったあとの昆布は、刻んで入れました。

その出し汁に、すりおろしたつくね芋を何も混ぜずにそのまま落とすだけ。かたまって、おもちのようなモチモチの食感で、むちゃくちゃうまい。

171126つくね芋汁01.JPG

171126つくね芋汁02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ