CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

全国学力テスト10年を迎えてしまって

[2017年09月14日(Thu)]
学力低下の批判を受ける形で、2007年に全国の小学6年生と中学3年生の全員に受けさせるようになった全国学力・学習状況調査(通称:全国学力テスト)。いったんは抽出調査になったものの、任意で参加可能にしたら、多くの学校が参加し、最近また全数調査になってしまっています。

これまでも何度かこのブログでも記事を書いているので、繰り返しっぽいかもしれませんが、今年も結果がニュースになると気になってしまいます。

私は基本的に、全数調査にすることに反対です。それは、同じテストを全員に受けさせることによって、そのテストが本当の意味で学力を計ることになっているかどうかという議論をやすやすと通り越して、安易に子どもや学校、市町村、都道府県の順位をつけてしまうことになってしまうからです。見えやすい結果が出ると、どうしてもそれにすがりたくなってしまうんですよね。

文部科学省も一応当初から競争に使われてしまうことが気にかかっていて、当初は、市町村別の結果などもまったく出さない方針でしたが、そうも言えなくなって詳しめのデータを出すようになってしまったりして、今回、正答率を小数点以下を丸めることによって都道府県の順位が少し不明瞭になるように発表するという苦肉の策をとっています。

そのことについて、親子の街頭インタビューなど見ていると、大人は順位が分かりにくいことについていろいろ意見を持っていたりしても、子どもの多くは正確な順位を出て欲しい的な回答をしていて、そういう場合大人が、順位を出すのがこのテストの目的じゃないのだということを言ってあげないといけないのになあと思ったりするのですが、そう思っていなくて、単純に勘違いしている人も多いのでしょうね。

それとは別に、このテスト、正式名称にはあるように、単純に学力テストだけでなくて、学習状況についてのアンケート調査のようなものも同時に行われていて、学力と生活状況などについての相関関係を調べようともしているのですが、それも問題です。

例えば、新聞の見出しに、自己肯定感が高い子どもの成績が相対的にいい、みたいなのがあがったりするわけですが、日本人は世界的に見て自己肯定感が低いことが問題になっていますが、成績のいい子がかろうじて成績がいいことによって自己肯定感が強いのかもしれないだけで、自己肯定感を高める対策をすれば、成績がよくなるとは限らないのにもかかわらず、そういう安易な分析ができてしまうからです。

最近、ビッグデータばやりで、コンピュータを使うと大きなデータのいろんなものの相関関係が安易に出てしまい、それについては、専門家である人間がちゃんと分析しないと本当に相関関係があるのかわからないし、使えるか使えないかもわからないのに、データだけ一人歩きしてしまういい例です。

小中学校というのは基礎教育だから、本来は、みんなが獲得して欲しい内容(つまりほとんどの子どもが100点を取ることができるようにするのが前提)を厳選し、そのことが習得できるように工夫した授業を行わなければならないはずです。

内容や授業の方法の確からしさを確認するためであれば、ほんの少しの抽出調査で十分なはずです。

現に学校によって取り組まれてしまっているように、このテストで高得点を取るために特化した勉強に時間を費やしたり、点の悪い子どもを排除したりということが起こってしまうことを考えると、ますます無駄で意味のないことだと考えられます。

全国的に子どもみんなを横並びに序列をつけて、てこ入れするようなものじゃないですよね。基礎教育って。

ああっ、ただの愚痴っぽくなってしまう。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ