CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

ポインター(カーソル)が勝手に動いて困る件(インターネットも案外役に立つよ、的な話)から、「インターネット補完計画」の話へ

[2017年04月20日(Thu)]
家で使っているノートパソコン。
1、2年前にハードディスクが壊れてしまって、Windows9(のちに10に強制アップグレード)のものに買い換えてから、これまでにも増して、カーソルが勝手に別の位置に動いたり、文章を選択してしまっていて、次の操作をすると文章が消えて困っていました。

解決策をインターネットで調べたら見つかるだろうなあと思いながら、そのたびに、元に戻る(undo)にして復旧したりして何とかやり過ごしていていました(人に聞くほどでもないし)。

しかし、だんだんストレスがたまってきたので、昨日遂に、インターネットの助けを借りることにしました。

すると、やはり、というか、それで困っている人が多くいるようで、「カーソルが勝手に動く」で検索すると、解決策があっさり見つかりました。うすうすそうだとは思っていたとおり、キーの手前にあるタッチパッドに埃がついていたり、知らずに触ってしまっていることが主な原因のようで、マウスを使っているときには、タッチパッドの操作を受け付けないようにデバイスマネージャーで設定してやることによって解決しました。

その方法が(ほかの原因の場合も含めて)、細かく載っていますので、同じように困っている人は、検索してみてください。

このように、多くの人が困っているテクニック的な問題解決は、インターネットの得意とするところで、適切な検察ワードで検索(検索ワード候補も出てくる)すれば、一発で解決します。

しかし、逆に言えば、それに近い問題でも、少しマイナー(困っている人が相対的に少ない)問題の場合は、大多数が感じている疑問の解決方法がまず大量に出てくるため、その山に覆い隠されて、見つけるのが難しくなってしまいます。

この問題に関する解決策の一つとして、グーグルは、「強調スニペット」といって、ある問題について、信頼性が高く多くの人に役に立つと思われる記事を最初に囲み記事として持ってくるという方法を機械的(プログラム的)に提供しています(「強調スニペット」については、2017年2月2日の記事「グーグルの検索結果のレイアウトの変化」に少し書きました)。

ここで、少し話題が変わってしまいますが、

もう少し、人を介することによって、その問題を解決する方法はないものか、というのが、私がテーマの一つにしている「インターネット補完計画」の課題の一つなのです。単純なイメージで言うと、それぞれの問題についてその道のスペシャリストが連携している緩やかなグループのようなものがたくさんあり、インターネットがそのグループと個人を仲介することによって、問題解決に持っていく。

これは、例えばYahoo!知恵袋のような、公開質問・回答サイトみたいなものが部分的に実際にやっていることだったりしますが、まだまだ、個人と個人の仲介にとどまっていて、量ばかり膨大なものになり、しかもくだらない?問題が増えていたりするような気がします。

と、書いたところで、Yahoo!知恵袋のことが気になって、調べてみると(短時間なのでちゃんと調べきっていないのですが)、Yahoo!知恵袋も結構進化していて、いい答えをする人の知恵を取りまとめる仕組みがあったり、いい答えに対してポイントがつくとか、将来的にはそのことによって買い物ができるようなことを視野に入れている雰囲気が感じられます(ヤフーで買い物してもらって、ヤフーが儲かるという意図があることは別問題として)。

あっ、ちょっと話の収拾がつかなくなってしまいそうになってきたので、一旦やめます。

ただ、今回の問題に戻って考えてみると、あのタッチパッドというのは、どれくらいの割合の人が使っているのでしょうか(実は多くの人が使っていたりして)?そのパッドに、良かれと思っていろいろな機能を盛り込んでしまっている(ワードなどのソフトもそれに連携しようと多機能になっている)ために、マウスを使って普通に文章を書ければいいという私などにとっては、誤作動が起こって困るだけ、という基本的な問題も気になってしまいます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ