CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

472_ポット苗などの芽生え

[2017年04月08日(Sat)]
3月25、26日にポットやプランターに蒔いたタネが芽生え始めました。

植えてから3、4日後に一番早く芽生えたルッコラ(菜の花系は、だいたい芽生えが早い)の横に蒔いたパクチーがようやく4月7日に芽生え始めました。

170407ルッコラ・パクチー.JPG

170407パクチーの芽生え.JPG

パクチーのタネは、2年位前の自家製のものだったので、発芽率が悪くなっているかもと思っていましたが、タネの状態で香辛料として使うときにはコリアンダーと呼ばれることが多く、硬い殻の中に2つのタネが入っているので、発芽が遅いのでしょうか。蒔くときは、殻を割って、タネの状態にしたり、殻のままにしたり、いろいろだったのですが。

そのことを写真で見ていただくと、左から、丸のまま、割ったところ、殻からタネを出したところ(下に敷いてある布のように見えるのはディッシュペーパーです。オリンパスのタフな防水カメラTG-3の顕微鏡モードで撮っているので少し拡大されてます)。

170407パクチーのたね.JPG

3種類蒔いたミニトマトは、4月5日あたりから芽生え始め、南瓜(かぼちゃ)は4月6日あたりから芽生え始めました。

170405ミニトマトの芽生え.JPG

170407南瓜の芽生え.JPG

ピーマン、パプリカ、長茄子(ナガナス)が芽生えるのはもう数日待たないといけなそうです。

かなり暖かくなってきたけど、オクラやバジル、モロヘイヤのタネを蒔くのはもう少しあとです。しかし、週末に雨になりがちで、しかも遊びの予定も入ってしまったりするので、肝心のはたけの準備がまだぜんぜん。

前にも書きましたが、タネから苗を育てる効用は、こうして、日々育つのを愛(め)でていると、はたけの準備をしなきゃ、というモチベーションがあがってくることです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
タグ:ポット苗

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ