CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『素晴らしきかな、人生』109シネマズ広島にて

[2017年03月07日(Tue)]
『素晴らしきかな、人生』
(原題:COLLATRAL BEAUTY、監督:デヴィッド・フランケル、出演:ウィル・スミス、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、97分、2016年、アメリカ映画)

今年通算41作品目にして、劇場での鑑賞5作品目。昨年劇場では6作品しか観ていないので余裕で越しそうな勢い。

170305素晴らしきかな、人生.JPG

これもすでにチラシが手に入らなかったので、ホームページの写真複写です。

タイトルがあまりにありきたりな感じで引きがなかったのですが、面白そうな気がしたので観てみました。

原題は、collateral beauty 。これは映画の中に何度か出てくるキーワード的な台詞で、字幕では「幸せのおまけ」と訳されていたので、タイトルは『幸せのおまけ』でよかったのではという意見もあるようです。でも、映画の中ではまあいい訳だと思う(collateral beauty自体は常套句のようなものではないかと思われ、訳ではその雰囲気が出ているのでしょう。きっと)のですが、タイトルとしては、少し違和感があるような気がするので、ちょっと調べてみました。

collateralの意味は、「二次的な」「付随的な」「直系でない」「並び合った」で、例えば「collateral damage」が「二次災害」の意味になるようです。

beauty の意味は、「美しさ」「うるわしさ」「美人」「美点」「ぬきんでているもの」「魅力」「とりえ」「((反語))とんでもないもの」とあります。

そこで考え付いた訳語は、「そこから始まる奇跡」
どうなんだろう?
「奇跡」という言葉が強すぎるのだけど、いい言葉が思いつかない。

前置きが長くなってしまいました。映画の感想です。

なかなか、いい映画でした。どうしようもないことが起こって、どうしようもないけど何かしたいと思って起こした行動が、思わぬ影響をお互いに及ぼして・・・。

売れない劇団や、仕事に懸命で子どもを授かるチャンスを失った女性、懲りない男性、などいろいろ盛り込みすぎな感もありながら、シナリオがよくまとまっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ