CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

グーグルの検索結果のレイアウトの進化

[2017年02月02日(Thu)]
調べものにどうしても使ってしまうグーグルの検索結果は、少しずつ進化していて、かねてより気になっています。

以前は、スポンサーサイトと言って、広告料を払って特定の検索をしたときに検索上位に来るように契約しているサイトについては、特にスポンサーサイトであることは書かずに背景に薄い色がついていて上位に来ていたように思いますが、その後、(苦情か要望が出たためか)バーで区切って、スポンサーサイトであることがわかるように右肩部分に書かれるようになったり。そして、そのスポンサーサイトが、通常の検索結果を上下で挟むようなレイアウトになったり。下のほうに、関連するキーワードが表示されるようになったり。

以前から、「番線とは?」という私の記事がなぜだか比較的よく見られていることが気になっていて、最近、「番線とは」で検索してみると、その私の記事が、一番上に来ていてしかも、薄い線で枠取りされ、記事の抜粋と写真が最初に配置され、下に記事のタイトルとブログ名書かれるなど強調される形で表示されているのです。

1701強調スニペット.JPG

もちろん、私は、「番線とは」で検索したときに上位に来るように広告料を支払ったりはしていません。

この表示は何だろうと思って、囲みの右下にある「この結果について」という部分をクリックしてみると、「強調スニペット」というものだと書いてあります。どうも、よく検索されたり、役に立ったり、いろんな条件を満たしていて、検索した人にとって上位に来ることが望ましいサイトを強調する形のようです(当然、勝手に自分記事を「強調スニペット」にすることはできません)。

グーグルのことですから、手作業で行っているわけではなくて、プログラムを組んで自動的に作られているものでしょう。グーグルは、広告収入が大きな財源でしょうから、できるだけたくさんの人にグーグルのサイトを見てほしい(グーグルで検索してほしい)ので、検索した人が見やすい、役に立つレイアウトになるように常に工夫をしている。あまり役に立たないただ面白おかしいだけのサイトが上位に来たのでは困るわけで、それは、グーグルにとっても検索する人にとっても理想的です。

改めて、検索結果をよく見てみると、検索ワードに関連するニュース記事が途中にまとめられていたり、関連する画像がまとめられていたり、どんどん工夫されたレイアウトになっているのが興味深い。

それにしも、疑問のままなのは、どうして、私の「番線とは?」という記事が「強調スニペット」されたかです。現時点での私の予想は、番線というのは、多くの人にとってはあまり関係のない言葉です。しかし、マイナーであるがゆえに仕事上とか趣味の分野で気になる人が一定程度いて、しかもマイナーであるがゆえにそんなに記事がたくさんないため、ちょっと違った視点で書いている私の記事が注目されているということでしょうか?

気になって、いくつかの言葉を検索してみたのですが、単純な言葉の場合は、ウィキペディアの記事が「強調スニペット」されている例が結構見られました。まあ、ウィキペディアは前から検索上位に来ていたので当たり前といえば当たり前なのですが、少し面白みがないような気もします。今後、グーグルが、単純にはウィキペディアが「協調スニペット」にならないようにプログラムを考えるのかどうか気になるところです(検証することは難しいでしょうが)。

それより先に、きっとよりわかりやすくて役に立つ新しい検索結果のレイアウトをつくるプログラムを考えるのでしょうけど。

半分以上は、自慢の記事になってしまいました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村


追記:その後、しばらくして改めて「番線とは」でグーグル検索すると、私の記事は、上位には来ているものの、協調スニペットではなくなっていました。一時的なものだったのか、また復活することがあるのかはわかりません。

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ