CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『アトリエ・ワン マイクロ・パブリック・スペース』

[2014年04月17日(Thu)]
140416マイクロ・パブリックスペース00.JPG

さまざまな地域の歴史、文化や環境、そこに身を置く人々のふるまいの調査をもとに、小さな構造物や家具によるインスタレーション作品を発表し続けているアトリエ・ワンの作品展が、広島市現代美術館で開催されています。

会場では、(現代アート作品であると同時に、実際に使われているものですから)フラッシュなしでの撮影はOKでしたので、写真で紹介します。

自転車の荷台につけた移動式のテーブルやソファー。

140416パブリック01.JPG

読者をすっぽり包み込む書棚(マンガ・ポッド)

140416パブリック02.JPG

人形劇を行うための建物(人形劇の家)(人形劇の舞台になるところから、客席を見たところ)。

140416パブリック03.JPG

被災地での使用も想定して作られたジャンボ折り紙アーチ

140416パブリック05.JPG

移動可能な教室(スクール・ホイール)

140416パブリック06.JPG

10メートルにおよぶ長さを持った純白の屋台(ホワイト・リムジン屋台)

140416パブリック07.JPG

など、小さいながら、いや、小さいからこそ、そこに公共スペースを創りだす仕掛けの数々の実物を見ることができます。そのスペースで、お話を聞いたり、お酒を飲んだりするのを想像するだけでワクワクします。

最近行った、西条酒蔵芸術祭では、西条駅周辺に点在する酒蔵にアート作品を展示するイベントでしたが、そういった歴史的な建造物がないところでも、駅周辺などの中心市街地では空き地や空き店舗、駐車場などがあります。そこにこういったマイクロ・パブリック・スペースを設置したりして、アート展示等とともに展開すると、コミュニティ再生という意味からも面白いのではないか、と思わされました。

5月6日まで、開催中です。

同時開催の開館25周年記念コレクション展2014−T『○△□―美術のなかの幾何学的想像力―』も意外と見応えがあっていいです。

追記:ちょっとのんびり展示を噛み締めたくて、美術館内のカフェて少し休憩。
入口で目にとまった、「エスプレッソしるこ」を注文。
品名通り、エスプレッソの中にあんこと白玉が入っていて、思いがけず美味しい。

140416パブリック08.JPG


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ