CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

360_タマネギにビニールマルチ

[2013年12月23日(Mon)]
毎年は例年より少し早めの12月初旬にタマネギの苗を植え終えました。しかも、初めてビニールマルチを使って。

13120702タマネギ畑.JPG


ビニールマルチは、ビニールゴミを出してしまうのが少し気になって、これまで手を出さずにいたのですが、結構雑草を採るのが大変なので、試しに初めてタマネギ用の穴あきマルチを使ってみることにしたのです。

植えたばかりの段階での気づきや反省点を。

1 マルチをする場合は、はたけの表面の水平は丁寧にしたほうがよさそう
 表面が凸凹していると、マルチとはたけに隙間ができて、風が吹くとマルチがバタバタして苗を傷つけそうで心配。どれくらい影響があるのかはまだよくわかりません。

2 マルチをしていると結構植えにくい
 直径4cmの穴があいているところに植えるのですが、何もない状態より面倒。指で穴をあけた時に、傍らに寄せた土を元に戻すのが、ビニールが邪魔になるのです。しかも、もともとハス田だったところなので、土が粘土質のため、穴を開けてデコボコになった表面を元に戻しにくい。

3 肥料がやりにくい
 苗を植えた部分しかあいていないので、肥料をやるのが面倒なのだそう。あまり肥料はやらないので想定していませんでした。これまでは、苗と苗の間に、焚き火遊びでできた草木灰や骨粉入り油かすをまいていた程度ですが、苗の根元に直接ふりかけるようになってしまうわけです。化学肥料のように強くはないので、大丈夫だとは思います。

それらに余りあるほど、草取りの面倒さが軽減されることを期待しています。

13120707タマネギ畑.JPG


すでに、苗の根元から生えつつある草たち。

13120709タマネギ畑.JPG


おまけの話

家の近くに借りている畑には、だんだんイノシシがやってくるようになってきていますが、
毎年サツマイモとタマネギを交互に連作しているはたけは山から少し離れていて線路より海側なので、ここまではイノシシは出てくることはないと思っていたら、何と今年は初めてやってきました。マルチの部分は何もしていないのに、その脇の部分はこのとおり。写真ではわかりにくいでしょうけど、鼻先で掘り返して、ミミズでも探したのでしょう。

13120703タマネギ畑イノシシ.JPG



コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ