CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

大人の科学教室<宇宙への道>

[2012年07月25日(Wed)]
仮説実験授業研究会の岩国での月例サークルの前の時間に、大人が仮説実験授業を体験しています。少し前には、今年開催されるオリンピックにちなんで、<オリンピックと平和>(主に古代オリンピックの話しを仮説実験授業形式にした、なかなか考えされられる楽しい授業です)というミニ授業書をやっていましたが、今は<宇宙への道>(今はやっている宇宙兄弟にちなんだわけではないと思います)。この土曜日(7月21日)は、太陽系の話になっていて、30億分の1の模型を使って、地球から太陽の距離を実感する実験が楽しかったです。月の模型も使って行うのですが、体を使うのでより印象に残ります(仮説実験授業は個々の問題も楽しいのですが、授業を通して全体で科学上の概念が身につくものなので、もったいないから詳しくは書きません)。

大人向けといいながら、実際に受講しているのは小学5年生から数年前に定年退職した人まで幅広い年齢層ですが、それぞれの経験から出てくる意見が面白く、また、意見を自由に言える雰囲気なので、冗談なども言い合いながら、とても楽しく、ストレス発散にもなります。

仮説実験授業の授業の長さは、テーマ(授業書)によってさまざま。1、2時間で終わるものはむしろ例外的なので、何回にもわたって行います。


コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ