CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

わくわく科学 サマーフェスティバル

[2008年08月14日(Thu)]
今日、8月14日と15日の2日間、山口県岩国市の中央公民館で、「わくわく科学 サマーフェスティバル」が開催されます。

仮説実験授業の授業書をじっくり一気に体験できるというもの。
授業は6つ。

@低学年(小1・2年以上) 《もしも原子が見えたなら》
A低学年(小1・2年以上) 《空気と水》
B中学年(小3・4年以上) 《ものとその重さ》
C中学年(小3・4年以上) 《ひかりと虫めがね》
D高学年(小5・6年以上) 《電子レンジと電磁波》
E大人(中学生以上) 《二つの大陸が出会ったとき》

2日とも日程は一緒で、午前2時間授業、2時間の昼休憩時間にものづくり、午後2時間授業。@からEまでをそれぞれ8時間の授業を行います。普通の体験講座では考えられないくらい長時間ですけど、これくらい時間をかけないと一つのことを楽しめないとも言えます。ちなみに、対象を○○以上と書いてあるのは、大人でも充分楽しめるからです。

日程調整がむずかしくて、結局このお盆時期になってしまいましたが、幸いほぼ満員。Eの大人向けの講座が少し余裕があるくらいです。お昼のものづくりには分子模型や折染め、紙ブーメラン、まきゴマ、綿菓子、もちもちウインナー、スライム、恐竜の卵などで楽しめます。

私は、Eの講座のアシスタントと紙ブーメランの担当。楽しみです。

ちなみに、この行事は広島のマツダ財団の助成を受けています。同財団は、多方面に助成をしていますが、こういった子ども向けの行事にも助成をしてくれています。

行事の主催は、岩国科学を楽しむ会。共催は、岩国市教育委員会・岩国仮説サークル。後援は、山口県教育委員会・中国新聞社です。

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ