CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『仮説実験授業のABC』

[2008年06月26日(Thu)]
仮説実験授業、といきなり言われても、何?という感じの人が多いと思います。

一言でいってしまうと「科学上の最も基本的な概念や原理・原則を教えるということを意図した授業である」ということになるわけですけど、分かりにくいのですよね。

一つ一つのテーマについて、一連の授業を作り上げていて、時間はかかるけど、その授業を通して受けることによって科学的な原理をイメージできます。例えば、<電子レンジと電磁波>という授業では、電子レンジの中にいろいろなものを入れて刺激的で楽しい実験を、予想を立てて、結果についての討論をしながら進めていって、実験を行い、最終的に、電磁波というものがイメージできるようになるのです。学校で、子どもたちに行うことを想定していますが、大人が受けても楽しい。

普通の学校の授業では、こまぎれの知識のつめこみになっている傾向があって、系統的な学びが少ないのに対して、本当の意味での学ぶ楽しさが詰め込まれています。

書き出すと、きりがなくなるので、とりあえず、仮説実験授業の入門書である『仮説実験授業のABC』の読書メモを添付しますので、興味のある人は読んでみてください(A4版で8ページあります)。

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ