CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、2018年4月に最近知り合った友人が私の好きなはたけや虫たち、マステなどをいれて、かわいく描いてくれました(イラストの変更は3回目です)。

ロバの音楽座「オンガッカイ」190210

[2019年01月16日(Wed)]
2019年2月10日(日)14時開演(13時45分開場)
シンフォニア岩国 大会議室にて
対象:3歳以上(0歳から入場可、3才より要チケット)
一般前売:親子ペア券(3000円、家族が増える毎に500円プラス)
     シングル券(2000円)当日券は500円増し
会員は無料

190210ロバの音楽座01.JPG

190210ロバの音楽座02.JPG

岩国子ども劇場の今年度最後の例会。
ヨーロッパの古楽器を使った、素朴で心地よい音楽を届け続けている「ロバの音楽座」による楽しい音楽会です。

岩国にも何度か来たことがあり、趣向を変えたコンサートを何度も聴いたことがある団体で、子どもから大人まで楽しめるので、とてもおススメです。

詳しくは、チラシのデータを大きくしていますのでそちらをご覧ください。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

587_里芋の収穫(久々のはたけ)

[2019年01月15日(Tue)]
連休中の1日、久々に1日はたけしごと。

年明けなのに、ミニトマト、ピーマン、茄子(ナス)、オクラ、モロヘイヤなどの苗がそのままなので、それらを整理。

昨年春、タネから育てたアスパラガスの苗の周りの草取りと、マルチ敷き。

そして、本来は秋に行う里芋の収穫。
昨年は8月の猛暑と日照りで、毎日のように水をやっていたのを思い出しながら、2株だけ掘ってみると、思いのほかの豊作。

190114サトイモ.JPG

190114サトイモ親.JPG

これが親芋。このまわりに子芋が付いています。

まだ数株残っていますが、今年は暖冬のようなので株元に草をかけてやっただけで、まだ寒さで腐らないのではないかと楽観視しています。

早速、鶏肉と、ちょうど取れた庭木の木陰で育てている椎茸(シイタケ)の煮物を作りました。

最後に、西瓜(スイカ)と南瓜(カボチャ)しか作らず、あとはほったらかしの部分に、根が太く取り除くのが大変な羊蹄(ぎしぎし)がはびこっているので、スコップで根こそぎ取り去っていったのですが、これがなかなか手ごわい。まだ半分も終わっていませんので、ぼちぼちやっていこうと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』2019_109シネマズ広島にて1

[2019年01月13日(Sun)]
『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
(監督:前田哲、出演:大泉洋、高畑充希、三浦春馬、萩原聖人、渡辺真紀子、120分、2018年、日本映画)

1901こんな夜更けにバナナかよ.JPG

2019年、映画鑑賞1作品目にして、劇場での鑑賞も1作品目。

この映画、私は知らなかったのですが、テレビでかなり宣伝を行っていたようです。

主人公は、筋肉がだんだん衰えていって体の自由がきかなくなってくる筋ジストロフィーという病気のため、24時間介護が必要で、普通なら家で家族の介護を受けるか、施設にはいるしかないわけですが、自ら介護する人を調整して、自立生活をおくっている男性。

この主人公がなかなかの曲者で、一般的な障がい者のイメージとは違い?わがままで、要求をストレートに介護者に言いつけて、どんどんみんなを巻き込んでいく。

私も大学生時代の長い期間、近所に住んでいた脳性まひで24時間介護の必要な男性の介護に、月1、2回のペースで入っていたので、どういうふうに描いているのか気になって観てみたのです(そのあたりのことは、少しだけ右側のカテゴリーアーカイブの「13障がい」のところに書いてあります)。

私の経験も限定的とは言え、あるあるな感じが描けていて、介護の大変さだけでなく障がい者と健常者が密に暮らさざるを得ない上での(誤解を恐れずに言えば)面白い部分も表現してあり、エンターテインメント的にもなかなか。描くには生々しい部分は、全く避けるのではなく、想像させるようにほのめかしでなんとか表現していたし、主人公のわがままの意味や、家族との関係などがさりげなくわかるようにしてあるように感じた。

宣伝のおかげか、お客さんも満席に近く、この機会に多くの人が考える機会を持てるのはいいことだと思います。

ちなみに、原作を書いた渡辺一史さんが最近書いた『なぜ人と人は支え合うのか 「障害」から考える』(2018年、ちくまプリマ―新書)もこの機会に読んでみました。

1901なぜ人と人は支え合うのか.JPG

障害者について考えることは健常者について考えることだ、ということだということについてわかりやすく書いてありました。

この本の中に「障害」の表記について、現在は「障がい」と書くのが主流になっていて(その他「障碍」もあります)、私も最近は「障がい」と書くようにしていたのですが、民主党政権時代に当事者も含めた会議でこの表記についての会議が開かれ、最終的に「決定することは困難」という結論に達したことが書いてあって、なるほど、と思いました。

これまでも私もこのブログの中に書いていますが、障害者問題と言われている多くは、社会の側にあって、健常者の側の考え方や態度や社会制度が変われば問題にならない場合がけっこうあり、「害」が社会の側にあるのであれば、別に「障害」という言葉でもいいのではないかという意見があることを知りました。

私自身は、あまり言葉の問題にかかわりすぎると、中身がおろそかになるのではないかと思い、気づいた段階で、ある程度調べて、納得できる方にしよう、程度の認識なので、このことについては勉強になりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『フェルメール展』at 上野の森美術館、を観てきた

[2019年01月09日(Wed)]
今回の年末の江戸行きのメインテーマがこれ。1600年代に活躍したフェルメールさんは残っている作品数が少なく、全世界で37作品しかないと言われています。

181225フェルメール展.JPG

そのうちの9作品(入れ替えがあるので、私が行った日は7作品)が一堂に会するということで、これは一応観に行かなければ。というか、もともと私はフェルメールさんについてはあまり知らなかったのですが、知り合いに頼まれごとをされたので、関連本を読んだりしています。

入場時間の時間予約制でチケットを買うとはいえ、休日は人が多いのではと思い、休みの日にお江戸入りし、次の平日に仕事を休んで観るという作戦。

展示は、当然のごとくフェルメール作品は最後の部屋に展示してあり、その前段として、当時のオランダの絵画の人物画、宗教画、風景画からの、日常的な場面を取り入れた画への流れなどがわかるように構成してあって、それもなかなか楽しめました。

さて、フェルメールさんの作品です。

常々、図版と本物の違いというのは感じているものの、やはり、その差はかなりのもので、例えば、細かな点を言うと、古い油絵の場合、図版では妙に経年によるひび割れが気になったりしますが、本物は、光の当て方にもよりますが、立体的な質感が感じられるので、あまり気にならなかったりします。

最も違うのは色味。もちろん色の再現というのは本当に難しいので致し方ないことではあります。そして、やはり実物を観てよかったなあと思いました。

今回代表的にとりあげられている『牛乳を注ぐ女』は、色彩の美しさ、部屋の中の光の回り方などとても素晴らしい。


2019年2月3日までは、上野の森美術館で、2月16日から5月12日までは、大阪市立美術館にて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

江戸に行くと寄りたくなってしまう、東京都写真美術館

[2019年01月03日(Thu)]
写真は、撮るのも観るのも好き(何度も書いていると思います)なので、江戸に行くと、必ずと言っていいほど、JR山手線の恵比寿駅から歩いて少しのところにある恵比寿ガーデンプレイスの端っこのほうにある東京都写真美術館に寄ってしまいます。

今回開催されていた展示は、「建築×写真 ここのみに在る光」「小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15」「マイケル・ケンナ写真展」の3つ(映画『3大テノール 夢のコンサート』の上映も行っていましたが、これは時間が合わなかったのでパス)。

1901建築×写真.JPG

1901小さいながらもたしかなこと.JPG

1901マイケル・ケンナ写真集.JPG

特に、「建築×写真 ここのみに在る光」が楽しかったですね。
写真初期の1800年代の写真から、現代の写真まで。建築写真は、高精細なものが多いので、ついつい細かなところを観てしまいます。

丁寧な画面づくりが際立つマイケル・ケンナさんの作品も見ごたえがありました。
好きでやっているのでしょうから、そうでもないのでしょうけど、忍耐を感じてしまう。私も野鳥を撮影するときなど、待ちの時間が長かったりするので、楽しい反面、つらいと思うこともあります。楽しさの方が勝ってしまうからやってしまうのですけどね。

いずれも、2019年1月27日まで。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2018年に観てよかった映画ベスト10+20

[2018年12月31日(Mon)]
今年は、結局、レンタルなどで観たものも含めてトータル104本、劇場で観たのが89本でした。

邦画をあまり観てないし、洋画も比較的マイナーなものが多い中で、あくまで私の趣味ですが、ベスト10と次候補20作品を選んでみました。

ベスト10
『彼が愛したケーキ職人』
『万引き家族』
『長江 愛の詩』
『判決、ふたつの希望』
『コスタリカの奇跡 積極的平和国家のつくり方』
『希望のかなた』
『さよなら、僕のマンハッタン』
『縄文にハマる人々 世界で最も美しい謎』
『レディ・バード』
『モリのいる場所』

次候補20
『イミテーション・ゲーム』
『ローズの秘密の頁』
『沖縄のスパイ戦史』
『夜明けの祈り』
『グッバイ・ゴダール』
『マイ・プレシャス・リスト』
『スリー・ビルボード』
『ビッグ・シック』
『猫は抱くもの』
『恋とボルバキア』
『おだやかな革命』
『食べる女』
『愛と法』
『私はダニエル・ブレイク』
『マイマイ新子と千年の魔法』
『キャロル』
『寝ても覚めても』
『タリーと私の秘密の時間』
『湯を沸かすほど熱い愛』
『ジュピターズ・ムーン』

ベスト10は、まあまあ順番を考えていますが、次候補になると順番があいまいです。今年公開でないものも含まれています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

mt store at LAFORET HARAJUKUへ行ってみた

[2018年12月30日(Sun)]
年末に江戸に行ったタイミングで、マスキングテープのイベントをラフォーレ原宿で行っていたので、寄ってみました。

181224mt store laforet harajuku.JPG

181224ラフォーレ原宿.JPG

気になっていたクレヨンで描いたように簡単にデコれる「mt art tape」を購入したり、

181224mt art tape.JPG

つかみ取りをしたり、ガチャでパステル調の和柄のコラージュ柄を当てたりして楽しみました。

181224mt がちゃ当たり.JPG

ちなみに、2019年1月29日(火)〜2月14(木)には、HIROSHIMA MITSUKOSHI with mt が広島三越1Fイベントスペースで開催予定との告知がmt masking tape のホームページに速報として掲載されています。

広島市での(カモ井加工紙の)マステのイベント開催は久々(10年近くぶり?)ではないかと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

104『彼が愛したケーキ職人』2018恵比寿ガーデンシネマにて89

[2018年12月28日(Fri)]
『彼が愛したケーキ職人』
(監督・脚本:オフィル・ラウル・グレイツァ、出演:ティム・カルクオフ、サラ・アドラー、ロイ・ミラー、ゾハル・シュトラウス、109分、2017年、イスラエル・ドイツ映画)

2018年、映画鑑賞104作品目にして、劇場での鑑賞89作品目。

1812彼が愛したケーキ職人.JPG

イスラエルに家庭を持ち、仕事でたびたびドイツに出張しているユダヤ人男性。

いつも立ち寄るケーキ屋さんでクッキーのおみやげを買って帰るのが定番。ある日、息子への誕生日プレゼントをそこのケーキ職人に相談したことから、2人は恋仲になり、出張中の短い時間をともに過ごすことになる。

ある日、1ヵ月後に会う約束をして別れてから連絡が取れなくなり、不審に思いイスラエルを訪ねると、交通事故で亡くなったことがわかる。

彼の妻は、失意の中、しばらく休業していたカフェを再開したばかりで、職を探している体(てい)でカフェに通うケーキ職人を、その素性を知らないままに雇うことになる。

宗教の違い、ドイツとイスラエルの過去などを背景に、彼が彼を想う気持ち、自然に惹かれあう同じ男を愛した男女。静かな描写でありながら、微妙な機微を感じさせるにあまりあり、切なく身に迫ってくるものがあります。

おススメです。

広島では、サロンシネマで2019年1月4日からの上映です。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

103『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』2018レンタルにて

[2018年12月26日(Wed)]
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
(監督:モルテン・ティルドゥム、出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グッド、ロリー・キニア、114分、2014年、アメリカ映画)

1812イミテーション・ゲーム.JPG

2018年、映画鑑賞103作品目。

第二次世界大戦中、劣性に立たされていた連合軍が、ドイツ軍の難解な暗号“エニグマ”を極秘に解読するために編成された特別チームに配属された天才数学者アラン・チューリングさんの活躍(苦悩?)を描いた実話に基づく作品。

アルファベットを変換する“エニグマ”の機械自体は入手されていたものの、設定が天文学的にあり、その設定が毎日午前0時に変更されるため、普通に可能性を試す方法ではとても解読が間に合わないため、チューリングさんは当時まだ理念段階だったコンピュータの原型である計算機を作ることによって解決しようと奮闘するも、その奇人ぶりと共に、周りからはなかなか理解されない。

同時に、チューリングさんは当時犯罪とされていた同性愛者であることが、過去のエピソードと共に描かれていく。チームの協力者で唯一の女性は、彼の理解者で、お互いに人間的(数学的)に惹かれあい婚約をすることになるのだが、機密作戦のため複雑に危険な人間模様もあり、彼女の身を守るために、自分が同性愛者であることを告白して、彼女を実家に帰るように薦めるのに、そんなことお見通しの彼女の姿勢が格好いい(このあたりは脚色が多分にあるようですが)。

チューリングさんは、多くの人命を救ったその活躍にもかかわらず、当時の文書は秘密事項として焼き払われてしまって、終戦後1951年に、偶然の事件で同性愛者であることで有罪判決を受けて、服役か化学的去勢治療のどちらかの選択を迫られ、後者を選んで体調が衰える中、1953年に自殺をすることになったのですが、死後60年経った2013年にその活躍もあり、ようやく恩赦が発表されたようです。しかし、同じような罪で有罪判決を受けた数万人に及ぶ人たちはいまだに恩赦を受けられておらず、この映画もきっかけになって、全ての犯罪者とされた同性愛者の恩赦を求める運動が起こっているとのこと。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

102『愛と法』2018横川シネマにて88

[2018年12月22日(Sat)]
『愛と法』
(監督:戸田ひかる、出演:南和行、吉田昌史、94分、2017年、日本・イギリス・フランス映画)

1812愛と法.JPG

2018年、映画鑑賞102作品目にして、劇場での鑑賞87作品目。

大阪で、共同で弁護士事務所を営む同性愛カップルの日常を追ったドキュメンタリーフィルム。

弁護士として、子どもの傷害事件に関する事件や、学校行事で君が代斉唱のときに規律しなかった教師の裁判、女性器をモチーフにしたマンガや立体作品を制作発表している人がわいせつ罪に問われている件、無国籍問題など、さまざまな件に携わりながら、憲法や法律に関する講座の講師となったり、児童擁護施設がなくなって行き場を失った子どもを預かったり、LGBTの権利に関するデモに参加したり、里親制度の勉強や研修をして、大阪ではじめて同性愛カップルの里親と認定されたり忙しい日々を過ごす2人。

涙もろい面や、自作の歌のプロモーションビデオを作るシーンがあったり、2人とまわりの普通の関係が描かれていて好ましくも、いろいろ考えさせられる映画です。

12月28日まで、横川シネマにて。


ちなみに、そのひとつ前に見た映画は。

101『ポップ・アイ』2018横川シネマにて87
(監督・脚本:カーステン・タン、出演:ボン、タネート・ワラークンヌクロ、ペンパック・シリクン、チャイワット・カムディ、102分、2017年、シンガポール・タイ映画)

1812ポップ・アイ.JPG

2018年、映画鑑賞101作品目にして、劇場での鑑賞86作品目。

だんだん自分の出番がなくなりつつある中年の建築家の主人公は、ある日、自分が子どものときに育てていたゾウとまちで再会し、衝動的に買い戻し、実家に連れて帰る旅にでることになる。

途中でいろんなユニークな人たちと出会いながら、行き着いた先に待っていたものは?

12月31日まで、横川シネマにて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ