CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、知り合いの似顔絵書きの人(みぞろむさん)に2014年9月に描いてもらいました。ちょっとかわいすぎですがご容赦を。

2017わくわく科学クラブ<30倍の世界>5回目171021

[2017年10月23日(Mon)]
3年ぶりに講師を行っている、月1回ペースで土曜の朝に仮説実験授業を体験してもらうわくわく科学クラブ。

5回目が終了。今回は、前回の振り返りをしたあと、今回は台所にある砂糖や塩、味の素、小麦粉などをどのようにみえるか予想を立てながら見てもらったり、火打石を使って火の粉を見た後に、ちょっと意外なものを見てもらったりしました。少しずつ、予想を立てながら順番に見ていくのは楽しい。

手当たり次第ではなく、順序だてて予想をしながら見ることが大切なので、授業で体験しないと楽しさや理解度はぐっと減少してしまうのですが、味の素を見たときの様子をチラ見せしましょう。

171021味の素01.JPG

171021味の素02.JPG

171021味の素03.JPG

171021味の素04.JPG

授業を行っているのは、工作などを行うための部屋で、しっかりした四角い椅子になっているので、休憩時間に子どもたちは、その椅子を積み上げてちょっと危険な遊びで盛り上がってしまいました。それにしても、そういうときに次々に思いついていろんなことをしてしまう子どもたちの創造性や生き生きとした表情は、見ていて楽しいので、ついつい危険なところに気を付けながら、そのままにしておいてしまいます(そのうち落ち着いてきたので大丈夫でした)。

来月も楽しみです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「休校マルシェ@奥岩国ほんごう」171118

[2017年10月22日(Sun)]
先日、10月15日に岩国駅前で行われた岩国祭に、軽トラ新鮮組も開催されるとのことだったので、久々に寄ってみました。当日はあいにくの天気だったのですが、軽トラ新鮮組は中通り商店街のアーケードの中なので盛況でした。

顔見知りの人と話したりしながら、回っていたら、本郷のブースに地域おこし協力隊の人がいたので、はじめて少しだけお話をしました。全国的に取り組まれている地域おこし協力隊。中山間地域の多い岩国でも、何人かがそれぞれの地域で活躍していて、岩国市のホームページ(下のほうの事業PRバナーの中の「岩国UJIターンポータルサイト 田舎暮らしの道しるべ!」の中)にもその様子が分かるフェイスブックがリンクされています。

171118本郷マルシェ.JPG

11月18日には、休校中の波野小学校を活用して、本郷の農産品や特産品、農具や古民具のフリマ、竹細工のワークショップやフードコートなど盛りだくさんのマルシェが行われるとのことで、その後チラシを入手しました。

スタンプラリーも行われるようです。以前このブログでマスキングテープとのからみで取り上げた、全国でも珍しい楮(こうぞ=和紙の原料)の神様を祀った楮祖(ちょそ)神社などもポイントにあるのかな。

私は、その日、月1回講師をしているわくわく科学クラブや、地元の公園で行われるブックカフェなどがある予定なので、行けない可能性が高いのですが、楽しそうですので、興味のある方は是非。

写真のデータを大きめにしていますので、クリックすると、行事内容など読むことができると思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

キャラメルボックス2017グリーティングシアターvol.4『光の帝国』を観て来た171119

[2017年10月21日(Sat)]
キャラメルボックスの旗揚げ時からのメンバーで演出家の真柴あずきさんが岩国市出身と言うこともあり、事前にこのブログでも告知していた、廿日市市のさくらぴあで行われた演劇集団キャラメルボックスの公演を観て来ました。

171119『光の帝国』当日パンフ.JPG

生でプロの演劇を初めて見たときのような、良い意味で、素直に感動できる作品だったように思います。

真ん中に作りこんだ部屋があり、その周りを階段で高い位置で回れるようになっているという舞台装置一つのみで、そこが、暗転や照明や音響、言葉づかい、位置を少しだけずらすといったちょっとした変化で、いろんな場面の部屋の中になったり、川原になったり、回想シーンになったりと、生の演劇ならではの、想像力を刺激する展開。マイクを使わない、生声によるしっかりした発声。ダンスシーンもあり、ところどころ入るギャグは、話しの流れを乱さない程度(これはこれで、好きなのですが)。

未来を予測できたり、あらゆるものを記憶できたりする特殊能力を持った人々が住む村出身の家族と、それをたまたま知って、映画の題材にしようとしている映画監督のお話。ありていに言えば、ここ数年、一般的にも話題にのぼるようになってきた発達障害の人々のことと言うことになるのかもしれませんが、そういった思いがけない設定によって、家族のこととか、人間関係のこととか、いろいろ思い起こさせて、面白い。記憶する運命を、ある意味素直に受け入れて、写真家として旅する主人公もよかったのですが、秘密を守ろうとする主人公のお姉さんもなかなか。

入場時に配られた簡易パンフレットに書いてあったのですが、キャラメルボックスが、グリーティングシアターと銘打って定例的に全国を回りだしたのは、2014年になってからのようで、続いて欲しいなと思います。私は、長年キャラメルボックスの演劇を観たいと思っていて、なかなか機会がなく、去年、同じ会場で開催されたのをたまたま知って初めて見ることができたので、今回が2回目でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

数学の演奏会171112 「数学のいいところは、国を越えて、人種を越えて、世界中の人と通じあうことである。」

[2017年10月20日(Fri)]
2017年11月12日(日)14時〜17時半(13時からミニマルシェあり。休憩時間含む)
周防大島「八幡生涯学習のむら」にて
事前予約 大人3500円 中高生2000円(当日は、それぞれ500増し、小学生以下無料・要保護者同伴)
演奏者:森田真生(独立研究者)

171112数学の演奏会.JPG

数学の?しかも演奏会?、謎だらけのイベントですが、昨年の5月に第1回目(このときは行けなかった)のときから気になっていたので、今年の7月に、内田樹さんと森田真生さんの対談があったときに行ってみて、お話しがとても面白かったし、そのときに買った、森田さんの著書『数学する身体』(この本についての簡単な感想は、ブログに書いています)もとても興味深かったので、第2回目は行く予定です。

数学というと、どちらかというと嫌いな人が多いと思います。私も、大学の数学は完全に落ちこぼれましたが、数学的思考というのには関心があると言うか、数学というものを生み出した人間というものは面白いなあと思っています。

数式とかは多分出てこなくて、刺激に満ちたお話しになると思います。

あとで正式なチラシが手に入ったので追加しておきます。


171112数学の演奏会.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「島のむらマルシェ オーガニックな生活をここから。」171104

[2017年10月19日(Thu)]
2017年11月4日(土)10時〜15時
周防大島「八幡生涯学習のむら」にて

2014年からはじまって、毎月第1・3土曜の「島のあさマルシェ」<小さな定期市&朝ごはん>と年1回の秋の「島のむらマルシェ」の2つのマルシェの開催になっている「島のむらマルシェ」

171104島のむらマルシェ01.JPG

171104島のむらマルシェ02.JPG

「オーガニックな生活をここから」という副題のとおり、安全・安心にこだわって、農薬や化学肥料、添加物などをできるだけ使わないこだわりの農産物や加工品の販売や、こだわりの雑貨や体験教室など楽しい催し満載です。

真ん中が芝生広場になっていて、そのぐるりに軒があるという会場の構造も一体感があっていい感じで、とてもおススメな企画です。

都会から周防大島に移住した人なども含めて、コンセプトに賛同している人は楽しい人が多いので、是非、気になるお店は立ち止まって話をしてみると面白さが倍増すること請け合いです。

「島のむらマルシェ」のホームページがあって、マルシェのこと、スケジュール、これまで開催したマルシェの様子、出店者のことなどの情報がありますので、是非ご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

109『セザンヌと過ごした時間』 八丁座にて71

[2017年10月18日(Wed)]
『セザンヌと過ごした時間』
(監督:ダニエル・トンプソン、出演:ギヨーム・カネ、ギヨーム・ガリエンヌ、アリス・ポル、デボラ・フランソワ、サビーヌ・アゼマ、114分、2016年、フランス映画)

1708セザンヌと過ごした時間.JPG

2017年、映画鑑賞109作品目にして、劇場での鑑賞71作品目。

少年時代に出会った、画家のポール・セザンヌさんと小説家のエミール・ゾラさん。その2人の芸術家ならではの複雑な交流を、2人の決別のきっかけとなった、ゾラさんのある画家をモデルにした小説『製作』を起点に、美しい映像で描き出す。早くから成功したゾラさんにと、後年「近代絵画の父」とまで言われるようになったものの、生前は認められることのない不遇な人生を余儀なくされたセザンヌさん。それぞれの人生の重なり合う部分の微妙な陰影が心に残ります。

セザンヌさんが描き続けたサント・ヴィクトワール山が本編中何度か映し出され、エンドロールの背景が、その山の実写から、絵に次々と変わっていくのは、この映画にとてもふさわしい感じがしました(映画のシーンが思い起こされて)。

広島の八丁座にて、10月27日まで。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

くが青空マルシェvol.4 171028

[2017年10月17日(Tue)]
岩国市の玖珂総合公園で行われているハンドメイドイベント。

171028くが青空マルシェ.JPG

子ども向けのワークショップがいろいろあって、家族連れで楽しめるような工夫があるのが特徴です。周りに長い滑り台などの遊具のある芝生広場もあります。

個人的には、チョコレートの原料であるカカオ豆を発酵させたあとに焙煎したカカオ・ニブを売っていた「広島カカオ」も出店するようなので行ってみたいと思っています(カカオ・ニブも買いたいのですが、前回の5月には気温が高いのでなかった、オリジナルチョコなどがあると思われるので期待しています)。

詳しくは、くが青空マルシェのフェイスブックで。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『日本の覚醒のために ―内田樹講演集』

[2017年10月16日(Mon)]
『日本の覚醒のために ―内田樹講演集』
(内田樹著、2017年、晶文社)

1708日本の覚醒のために.JPG

ここ数年の内田さんの講演の中から、「日本の覚醒のために」というテーマに沿って拾って、再編集した講演集。日本について考えるヒントに満ちていて読みやすくかつ興味深い。

納められている6つの講演のタイトルをあげてみると、

「資本主義末期の国民国家のかたち」
「これからの時代に僧侶やお寺が担うべき役割とは」
「伊丹十三と「戦後精神」」
「ことばの教育」
「私が白川静先生から学んだこと」
「憲法と戦争―日本はどこに向かうのか」

どれも面白いのですが、特に、一番最初の「資本主義末期の国民国家のかたち」は、3年前の講演を元に書かれていて、今のこのタイミングに、多くの人に読んでもらいたい内容ですので、小見出しを書き出してみます。

資本主義末期で国民国家はどこに向かうか/対米従属を通じての対米自立/対米従属の成功体験がもたらした幻想/日本の重大な転換点/アメリカは日本にとっての軍事的家父長/忖度で国益を損なわせる政治家、官僚たち/国際社会に向けたメッセージを持たない日本/自国の国益増大に関心がない政治家たち/アメリカの下請けで行使される集団的自衛権/自発的隷属というくびき/国を立て直す資源は山河と死者/「そこにはないもの」を手がかりにして/予見する知性の強さ

アメリカに追従するしか選択肢がなくなってしまっている現状を、本当にそれしかないのか根本にかえって考え直す大切さについて、歯に衣着せぬ明快な論調で話しかけてくれていて、何が国難なのか、どこに目を覚ます必要があるのかを考えされてくれます。

今年の7月に周防大島で、内田樹さんと森田真生さんの対談があったとき、購入してサインしてもらった本ですが、ようやく読みました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

imm coffee & roastery 西岩国に新しくできたコーヒー屋に行ってみた

[2017年10月15日(Sun)]
錦帯橋にほど近い、バス通りに今年オープンしたコーヒー屋さんにようやく行く機会がありました。

171007店構え.JPG

カフェラテと、生ハムとカマンベールチーズのサンド。ともにおいしい。


171007サンドとカフェラテ.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

何気に増えるマスキングテープ

[2017年10月15日(Sun)]
私がマスキングテープを好きなことは身近には知られているので、時々珍しいオリジナルマスキングテープをもらえたりしてうれしい。というか、ありがたい。

この2ヶ月くらいで5種類、計8本が手に入りました。

まずは、平安時代の僧侶、源信さんの1000年忌特別展のマステと、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)さんの絵を使ったマステ。

1710マステ01.JPG

そして、関西の阪急電車のオリジナルマステ。

1710マステ02.JPG

次に、広島東洋カープの選手を使った「ハレハレ!カープ」シリーズ。ブログにはあまり書きませんけど、一応広島圏に住んでいるのでカープファンです。今年は、人気だったこともあり、ズームズームスタジアムには行てませんが、これまで何度か行ってます。とても楽しい球場です。

1710マステ03.JPG

最後は、山口が生んだ詩人中原中也さんの記念館が、今年生誕110年ということで出したオリジナルマスキングテープ。中原中也さんの詩の抜粋が書かれています。しぶい。今年は、没後80年でもあるので、山口市では中原中也記念館を中心としていろんな行事が行われていますので、中原中也さんに興味がある人はホームページなどで確認してください。

1710マステ04.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ