CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、知り合いの似顔絵書きの人(みぞろむさん)に2014年9月に描いてもらいました。ちょっとかわいすぎですがご容赦を。

2017わくわく科学クラブ<30倍の世界>8回目180120

[2018年01月22日(Mon)]
久々に講師を行っている、ほぼ月1回ペースで仮説実験授業を行う「わくわく科学クラブ」。
中高学年以上対象で、<30倍の世界>という授業をやっているのですが、新年があけたばかりなので今回はものづくりを中心に楽しみました。

ただ、最初に、<30倍の世界>にちなんだ問題として、このブログの1月6日に記事として取り上げた、年賀状に隠された高精細印刷部分をライトスコープで探してもらいました。そしたら、私の気づいていない隠し言葉があったことを発見してくれたりして面白かったのです。

ものづくりは、まず、スティックシュガー、水、アルミホイル製のおかずいれ、つまようじ、ホットプレートを使ったべっこうあめづくり。

そして、メインは、折り染めと折り染めを使った手帖づくりです。

折り染めは、いつも個性あふれる作品ができて楽しい。はまってしまう子が必ずいて、集中してやっている姿も微笑ましい。

180120わくわく8 02ブログ用.jpg

180120わくわく8 04ブログ用.jpg

子どもたちは、ものづくりが大好きです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

Remake-Ten 〜リメイク展〜

[2018年01月21日(Sun)]
2018年1月22日(月)〜28日(日)12時〜17時
Freespacehaco(岩国市岩国2-4-3 臥龍橋通りにあるライブデポ1F)
参加メンバー:こすも、佐古かおり、eo MOT/ishigurotomoe

180122~28リメイク展01.JPG

180122~28リメイク展02.JPG

イラストレーター、布職人、織物師、リメイク作家4人が集まって、布、革、引き出しなど様々な素材を生まれ変わらせた作品展。
展示品では、販売も行うようですので、気に入ったら手に入れることもできます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

「上関まるごと博物館 STAY by nature」 オープニングイベントに参加してきた

[2018年01月20日(Sat)]
2018年1月14日(日)、「上関まるごと博物館」という施設のオープニングイベントがあるということを新聞記事で読んで、参加してみることにしました(上関の自然を守る会の存在は知っていたのですが、この取り組みについては気づいていませんでした)。

180114まるごと博物館00.JPG

180114まるごと博物館01.JPG

「上関ネイチャープロジェクト」と銘打って、環境保護運動と遊漁船業、鮮魚の産地直送などを一体的に進めていく中で、その拠点となるゲストハウス的なものを作ろうとなったようで、上関町の古民家を譲り受け、クラウドファンディングでお金を募り、設計事務所や建築業者などに入ってもらいながら、ボランティアとも協力しながら創り上げられたもの。

博物館と言っても、とりあえずは博物館自体には何もなく、ネーミングのとおり、自然豊かな上関自体が博物館で、その自然を体感するための入り口的な位置づけのようです。

イベントではまず、古民家が改修されていく様子をスライドで紹介したり、上関地域に生息する天然記念物のカンムリウミスズメについてのカナダからの研究者(カナダのマニトバ大学名誉教授)のミニ講演、北九州市立自然史・歴史博物館鳥類担当学芸員のミニ講演などが行われました。

そして、会場を移して、「まるごと博物館」の見学会。
玄関の暖簾にはシンボルマークが。

180113まるごと博物館24.JPG

1階の広間に、2階建ての古民家のリフォーム後の模型が飾ってあります。

180113まるごと博物館16.JPG

港から細い路地を少し歩いた傾斜地に立ち、家の裏にある庭には、地元のはたけの土を使ったアースオーブン(ビザなどを焼けるよう)、さらに一段上には小さなはたけがあり、麦が植えられていました。

180113まるごと博物館13.JPG

180113まるごと博物館20.JPG

180113まるごと博物館21.JPG

広い一軒家で、二階には、解体時の廃材を活用して秘密基地的な2段ベッドが、山口大学リノベーション部の学生たちによって作られています(これは楽しそう)。

180113まるごと博物館18.JPG

180113まるごと博物館07.JPG

180113まるごと博物館19.JPG

見学会終了後には、港にある会場で、プロジェクトに協力している漁師さんによるナマコの酢の物やブリ大根、ブリの刺身、ブリしゃぶ、サヨリの天ぷらやフライなど、地元で取れた新鮮な食材を活用したおいしい料理でパーティが開催され、関わってきた人などと楽しく歓談させてもらいました。

上関の自然を守る会の自然観察会などの取り組みは、アウトドア衣料の会社であるパタゴニアや化粧品会社から金銭面にも人的な面でも助成を受けていて(パタゴニアでは、正規社員が会社から給料をもらいながら、自然保護活動などの団体のボランティアやインターンシップができる制度があるそう。クラウドファンディングで資金調達をする提案を下のもパタゴニアだったとのこと)、当日も何人もの若い社員が来ていて、一緒にパーティに参加していました。

今後、カンムリウミスズメの調査体験や海藻狩り、スギモク観察会など、さまざまな自然体験プログラムが開催される予定のようです。

ホームページなどに随時情報が掲載されると思いますので興味のある方は是非。

まさに、直前の記事で紹介した映画の原題、“THE OTHER SIDE OF HOPE”(直訳すれば、「もう一つの側の希望」?)と呼ぶにふさわしい取り組みだと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

7『希望のかなた』2018サロンシネマにて7

[2018年01月19日(Fri)]
『希望のかなた』
(監督・脚本:アキ・カウリスマキ、出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン、98分、2017年、フィンランド映画)

1801希望のかなた.JPG

シリアの内戦から逃れて、めぐり巡ってフィンランドの首都ヘルシンキにたどり着いた主人公は、逃れる途中ではぐれた妹のことを思いながら、まじめに難民申請をして却下されてしまう。強制送還直前に、なんとか逃れ、国粋主義者の差別や暴力を受けながらも、転職したばかりのレストランのオーナーに助けられて働くことに。

「静かな連帯」、とでも言えばいいのでしょうか。登場人物は、みんな貧しく、それぞれ一癖もふた癖もあり無愛想な感じなのに、それぞれにそこはかとなく優しい。

邦題は、『希望のかなた』と、わかるようなわからないような感じなのですが、原題は、“THE OTHER SIDE OF HOPE”(直訳すれば、「もう一つの側の希望」?)。閉塞状況の中で、やたら威勢のいいことを言って、他国をなじったり、配慮のない政策や言動を行っているお偉いさんとは違う、もう一つのささやかな希望、と言う意味でしょうか。

不思議な、心温まる作品です。

レストランが売り上げ不振の打開策として、寿司の提供に挑戦するなど、監督の日本愛が感じられる作品なのですが、今の日本の国策の現状(この映画の関連で言えば、難民対策)が、映画に描かれているやさしさとは違うので、勝手ながら申し訳なくなってしまいます。

1月31日まで、広島のサロンシネマにて。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『遺言。』

[2018年01月18日(Thu)]
『遺言。』(養老孟司著、2017年、新潮新書)

1712遺言.JPG

80歳を迎えた著者が書いた遺言第一弾(まだ死ぬ予定はないそうで、自分で、『遺言1.0』と書いています)。

養老さんの本は、わかりやすく読みやすいわりに結構深いと思っています。特にこの本は、私が気になっていることをコンパクトに書いてあってとても興味深い。

ヒトには二つの違った方向性があって、そのことをについて、いろんなキーワードで対比して説明してくれています。

「脳」と「身体」
「意識」と「感覚」
「同じ」と「違い」
「数学」と「芸術」
「都市」と「田舎」など、

感覚器官は、外界の状況を受け止めて、ある程度そのまま脳に伝えるけど、脳は、それを解釈するために単純化したりして意味を持たせる、というところが発端になっているのかな?

「意識」は、わかっていないことは、ないこととして無視してゼロか1にしてしまうけど、芸術は、ゼロと1の間に存在している、という養老さんの言い方はいいなと思います。

マイナンバーに抵抗感がある理由を、社会システムの問題としてとらえるのではなく、デジタル化できない部分がほとんどの人間と言うものを、デジタルの究極である数字に置き換えてしまうことに対する違和感だと指摘しているように思われるところも面白い。

最後に、最近、何かと話題になるシンギュラリティについても書いている部分があるので、抜粋してみると、

「コンピュータが自分より有能なコンピュータを勝手に作り出す、いわゆるシンギュラリティー(英語で「特異点」。人工知能が人間の能力を超えるという際の技術的特異点を指すことが多い)というのは、ヒトがヒトを改造して、自分より有能な人を創るということとよく似ている、以前に私はそれを「神を創る」と書いた。いまのわれわれが考える程度のことはすべて考え、理解してくれる。さらにその上に、現在のわれわれが理解できないことまで、ちゃんとやってくれるヒトを創ることができれば、現代人は用済みである。
 理論的にはこれで話しはお終いである。どうするかって、それ以上考えても意味はない。あとのことは、そうして創られた神様に考えてもらえばいいからである。コンピュータの世界におけるシンギュラリティーを心配するなら、人類の全知全能を傾けて、右の意味での「人神」を創った方がよほどマシではないか。」

なかなか本質的なところを突いているように思います。
人がプログラムによって作った、どう考えてもヒトに比べると単純なコンピュータに、ヒトらしい難しいことをやらせるより、コンピュータにはそれに適したことをやらせて、ヒトらしいことはヒト同士で考えたらどうなのか、と言うことではないのかと思います。

ヒトと動物と区別する特徴が「意識」なのだけど、それはほおっておくと「都市化」や「デジタル化」を進めてしまい、そのことによる問題が大きくなってきているので、その「意識」の特性について意識して、行き過ぎを考え直さないといけないのでは?と言ってくれているようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

6『草原に黄色い花を見つける』2018横川シネマにて6

[2018年01月17日(Wed)]
『草原に黄色い花を見つける』
(監督:ヴィクター・ヴー、出演:ティン・ヴィン、チョン・カン、タイン・ミー、マイ・テー・ヒエップ、103分、2015年、ベトナム映画)

1801草原に黄色い鼻を見つける.JPG

2018年、映画鑑賞6作品目にして、劇場での鑑賞6作品目。

まず、映し出されているベトナムの田園や草原の風景が美しい。

そんな片田舎の村の、男の子と女の子の淡い恋ごころを、あくまで子ども中心(特に男の子)の視点で描いていて、ういういしい。主人公の男の子の弟がけなげ。

前半に伏線があり、後半にその謎が明かされるエピソードも、ちょっと心動かされる。

1月19日まで、横川シネマにて。
ちなみに、戦後から今の沖縄と基地問題をつないでくれる映画『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』が、アンコール上映で1月19まで上映されています。おススメです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『動物になって生きてみた』

[2018年01月16日(Tue)]
『動物になって生きてみた』(チャールズ・フォスター著、西田美緒子訳、2017年(原著は2016年)、河出書房新社)

1711動物になって生きてみた.JPG

動物愛が深すぎる著者が小さいときからの体験(観察や飼育、狩猟などふんだんな体験が文章からうかがえる)と、文献によるさまざまな知識を駆使して詩的にかつ重層的に(特に感覚的な面で)動物的体験を語っていく。

もちろん、完全に動物になることなどできるはずもなく、そのあたりの前提になることも丁寧に説明してくれています。

それにしても、アナグマのように穴倉で息子と暮らして四つんばいで森を徘徊した入り、カワウソのように水に入って魚を追いかけたり、アカシカになって猟犬に追われてみたり、都会で暮らすキツネのようにゴミをあさったり、庭に眠ったり(それで警官に不審者扱いされたり)と、まさに現地での体験を重ねて感覚を研ぎ澄ませて世界を感じていく様子はなかなか圧巻です。

私にはちょっと、冗長すぎたり、例えが難しすぎたり感じる部分もありながらも動物になってみる不思議な脳内追体験を楽しめます。

私たちは、自然をどれだけ体感することができているんだろう?


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

5『アニー・ホール』2018広島バルト11にて5

[2018年01月15日(Mon)]
『アニー・ホール』
(監督:ウディ・アレン、出演:ウディ・アレン、ダイアン・キートン、93分、1977年、アメリカ映画)

180114アニー・ホール.JPG

2018年、映画鑑賞5作品目にして、劇場での鑑賞5作品目。

ウディ・アレンの作品は好きなので結構観ているのですが、この作品は初見。「午前十時の映画祭」のおかげで映画館で鑑賞することができました。

ニューヨークに住む知識人の恋愛模様を、多少の強調もありながら、ユーモラスで笑えるような、でも泣けるような描写で、愚かしくも愛おしい定番的な名作だと思います。

1月26日まで、広島バルト11にて。
ちなみに、1、2週間ずつかつての名作映画を上映する「午前十時の映画祭」。年度ごとに開催されていますが、広島バルト11で来年度も開催されることが決まったようでうれしい(今年度も観たいと思ってた作品がいくつもありながら、結局今のところ2作品しか観てませんけど)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

『近世岩国の学校』岩国徴古館にて ~20180304

[2018年01月14日(Sun)]
2018年1月7日(日)〜3月4日(日)(月曜休館、祝日の場合は翌日休館)
9時〜17時(入館無料)

1801近世岩国の学校01.JPG

1801近世岩国の学校02.JPG

1801近世岩国の学校03.JPG

錦帯橋近くにある岩国徴古館の新春展示。

徴古館にある『御用所日記』や、江戸時代末期に作られた学校にあたる養老館に関する図面、近世岩国の教育に携わった人物に関する資料などをふんだんに活用して、解説してあります。

1801近世岩国の学校04.JPG

1801近世岩国の学校05.JPG

養老館の前に作られた横山講堂や錦見講堂では、出席や成績管理などの今では当然と思われているようなことが行われていなかったことや、江戸時代後期には全国的に私塾である寺子屋が作られて庶民教育が進み、明治維新の基礎となったと言われたりしていますが、岩国も15の寺子屋が確認されていたこと、また、教科書に使われた世界地図や科学に関する本などの展示もあり、教育に関心のある私にとっては、なかなか興味深い。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

4『恋とボルバキア』2018横川シネマにて4

[2018年01月13日(Sat)]
『恋とボルバキア』
(監督:小野さやか、出演:王子、あゆ、樹梨杏、蓮見はずみ、94分、2017年、日本ドキュメンタリー映画)

1801恋とボルバキア.JPG

2018年、映画鑑賞4作品目にして、劇場での鑑賞4作品目。

女装に関するテレビの深夜ドキュメンタリー番組の制作後、さらに取材を重ねて作り上げた作品。

もともとは、そういう意図でつくられたわけではないようですが、結果としてLGBTQ(レズビアン=女性同性愛者、ゲイ=男性同性愛者、バイセクシャル=両性愛者、トランスジェンダー=心と体の性の不一致、クィア=いずれにも定まらない。QなしでLGBTと言われることが多い)について考えさせられるものとなっています。

ですから、内容は大上段に構えたものではなく、アイドル歌手を目指すホルモン障がいのある男の子、素敵な女の子に恋したと思ったら、それが男性だったレズビアンの女性、昼間は男性として会社員勤めをし、週末に女性として過ごしていてある男性と遠距離恋愛している人、子育ても落ち着き50歳を過ぎてようやくおおっぴらに女装できるようになったタクシードライバーなど、多彩で個性豊かな恋が描かれていて、なかなかに切ない。

先行上映会ということで、監督の小野さやかさんのアフタートークがあり、映画化の背景や想い、裏話などを聞くことができました。

映画の中では、テレビ番組の時には本人が触れたくなかったことも明かされていて、それには、監督との関係が徐々にできたこともありながら、無理にお願いして映像化した部分もあるとのことだったので、出演した本人たちは、どう映画を観たのか気になったので聞いてみたら、出演者の映画を観た後のコメントが、ちゃんとパンフレットに掲載されていているのでした。

最近、写真などが多くて、文字数が少ない傾向にある映画パンフレットにあって、いろんな人の文章も掲載されていて、なかなか読み応えのあるパンフレットになっているので、思わず買って、監督にサインもしてもらいました。

LGBTQについては徐々に認知度の上がってきていると思いますが、昨年11月には某代議士が、宮中晩餐会に同性パートナーが出席するのは反対だと言ってたり(なぜ罷免されなかったのか謎)とまだまだの感があるなかで、多くの人に観てもらいたい映画です。

個人の志向は、必ずしも本人の意思でない場合もあるし(本人の意思であっても)、LGBTQがもっと普通に社会の中で受け入れられるようになってほしいと思います。だって、あまり想定されないけど、もし私が例えば同性の恋愛対象になったとしても、告白されたとして、その人と付き合いたくなければ、「申し訳ないけど、友達ということで」と普通に言えばいいのでしょうから(ストーカー被害とかにあうような実害がなければ、特別な問題はないわけで、自分と違う考え方をむやみに排除してしまう傾向があるのは困ったものです)。

京都のインディーズバンド MILKBARの曲が挿入曲に使われていて、なかなか心地よかったのでこちらも購入しました。

1801恋とボルバキアCD01.JPG

1801恋とボルバキアCD02.JPG

1月8日は、1回だけの先行上映会だったのでした。本上映は、いつからあるのか告知されていませんが、近々ホームページに掲載されるでしょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ