CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年10月 | Main | 2010年12月»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
6次産業化法案成立! [2010年11月28日(Sun)]
11月26日夜、参議院本会議で農林漁業6次産業化法案(通称)が可決され、成立した。報道では官房長官、国交大臣に対する問責決議ばかりがとりざたされたが、これからの農業と社会に対する影響はたぶん6次産業化法案成立のほうが大きい。与野党激突の国会情勢の中でいったいどうなるのかと気を揉んでいたところ、全会一致の成立である。2年前の農商工連携促進法のときも全会一致の成立だった。国会が建設的な議論をやっていることの証左でもある。

6次産業化とは農林漁業(1次産業)×加工業(2次産業)×流通業(3次産業)が連携して新しい事業に取り組むことで、3産業のかけ算も足し算も6なので6次産業化という。6次産業化法の内容はおおざっぱに言うと農商工連携促進法に木材資源等のバイオマス利用促進、直売所支援、地産地消促進が加わったものである。農水省が単独で施行するもので、農林漁業者は農水省に6次産業化の事業計画を申請し、認定を受ける。施設・設備に対する補助金があるのがこの法律の大きな強みである。

具体的にどんなことができるか?例えば、
@農業生産法人、農業者が加工施設を新設し、新たな商品を開発、販売する。
A農業生産法人、農業者が自らの農作物を使った直営レストランを立ち上げる。
B森林組合と地元の温泉が連携してバイオマスボイラーを導入する。
等々である。

今年度内には(早ければ年明けから)認定申請の受付が開始されると思われる。NPO法人農商工連携サポートセンターは全力で農林漁業の6次産業化を支援する。近々、6次産業化法に関するセミナーも開催したい。

暗い話題に意気消沈している場合ではない。新しい農林漁業の明るい未来を築こうではないか!
「ブドウ畑の草とワインの原料となるブドウや搾りかすを食べて育った贅沢な牛」を食するツアー [2010年11月26日(Fri)]
おもしろくて美味しい体験ツアーのご案内です。
山梨県勝沼のブドウ農家「ぶどうばたけ」は今年、画期的なとりくみを
しました。担い手不足から荒れ放題になっていた近隣のぶどう農園を
2頭の子牛を使ってきれいに「開墾」したのです。この子牛は、草だけを
食べて育った贅沢な牛です(我々がふつう食する牛肉はほとんど穀物で
育っています)。この子牛のシチューと「ぶどうばたけ」の地ワインを
堪能します。昼は地ワインの瓶詰めと子牛が開墾した畑の「仕上げ」の
開墾(人力)を体験します。

開墾前の様子

開墾後の様子


【実施日】2010年 12月18日(土)〜12月19日(日)
     (土曜日10:35現地集合、日曜日の朝、現地解散)
【参加費】15000円(昼食、夕食代、ワイン代、宿泊、保険料含む)
     (アルコールを飲まれない方は13000円)
【募集人数】20名(最低催行人員 10人)
【場所】農業生産法人(有)ぶどうばたけ、開墾ファーム(山梨県山梨市勝沼)
【主催】NPO法人農商工連携サポートセンター
【企画・運営協力】(有)ぶどうばたけ
【旅行企画・実施】富士急トラベル株式会社
 (観光庁長官登録旅行業第101号、日本旅行業協会(JATA)会員)
【宿泊場所】ホテルルートインコート山梨
    山梨県山梨市上石森字吉原 187−1
    電話 0553−23−2011

【プログラムとスケジュール】
12月18日(土)    
10:35集合  JR勝沼ぶどう郷駅改札口
10:45-12:00  ワインの瓶づめ体験
           農業生産法人(有)ぶどうばたけ 
12:00−13:00 オリエンテーション&昼食(シカ鍋)&自己紹介
13:30‐15:30  開墾体験
16:00‐17:30  温泉(ぶどうの丘)
18:00−      夕食懇談(地ワインと子牛シチュー他)
             (山梨養老酒造 2F)
21:30頃      ホテルルートインコート山梨 到着

12月19日(日)
7:30−8:30    ホテルにて朝食
              解散

【お申し込み・お問い合わせ】
下記メールまで、代表者のお名前、連絡先、参加人数をご連絡願います。
メール info@npo-noshokorenkei.jp 担当:筒井