CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 採用・募集 | Main | ちよだフードバレーネットワーク»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
「ちよだいちば」のプレミアムフライYA DAY(3/31) [2017年03月28日(Tue)]
毎日たのしい ちよだいちば
緊急開催!
いちばのプレミアムフライ YA DAY
プレミアムなフライと地ビール!

【日時】3月31日(金)17:00〜21:00
【場所】「ちよだいちば」テラス
     千代田区神田錦町2−7−14
     電話 03-5577-3846
岩手県大槌(おおつち)町のちょい飲み(2/9)(鮭のちゃんちゃん焼き、三平汁)のご案内 [2017年02月01日(Wed)]
「大槌のちょい飲み」ご参加には事前のお申し込みが必要です。参加者氏名・参加人数を otsuka@npo-noshokorenkei.jp にメールしてください。

「ちよだいちば」では岩手県大槌(おおつち)フェアを開催中です!
日程が迫って恐縮です。来週、2月9日(木)、大槌町のちょい飲みを開催します!

震災前、大槌といえば鮭といわれるくらい大槌の鮭は有名でした。その大槌の鮭を鉄板焼きと三平汁でいかが?
震災後いち早く「おらが大槌夢広場」を立ち上げ、何もないところにポツンと灯る「おらが大槌復興食堂」を仲間と立ち上げた阿部敬一さんがシェフとして皆様に料理を振る舞います。阿部さんはこのために大槌から遠路車を運転して来てくれます。
また、この冬立ち上がったばかりの「おおつち売り子隊」の岩間敬子さん、ボランティアからこの職に転じた大槌町民生部コミュニティ総合支援室の岩見弥生子さんほか、大槌から熱い方々が多数ご来場です。(メールご案内の阿部様、岩間様のお名前に誤記がありました。まことに申し訳ありません)

復興支援にご縁のなかったひとも支援のベテランも、大槌や三陸が好きだというひとも、大槌の方々と熱く語りたいというひとも、あるいは単に美味しい料理とお酒が飲みたいというひとも、どなたも皆、大槌のちょい飲みに来てください。
お待ちしています!

☆大槌町のちょい飲み☆
【日時】2017年2月9日(木)19時〜20時30分(予定)
    開場は18:30から
【場所】ちよだいちば 千代田区神田錦町2-7-14
【参加費】2500円(税込)※ファーストドリンク付き
【主な内容】※予定※
○鮭のちゃんちゃん焼き(鉄板で焼きます!)
○三平汁
○その他「ちよだいちば」で販売中の大槌の美味しいもの!
○もちろんお酒は大槌の銘酒「浜娘」(赤武酒造は大震災で全壊のため現在は盛岡市で設備を借りて「浜娘」を作っています)
メール配信でメニューに「海鮮パエリア」と記載しましたが間違いでした。申し訳ありません。

【お申し込み方法】
メール(宛先は otsuka@npo-noshokorenkei.jp 大塚)で氏名、参加人数を。

それではお待ちしています!

「大槌のちょい飲み」ご参加には事前のお申し込みが必要です。参加者氏名・参加人数を otsuka@npo-noshokorenkei.jp にメールしてください。

被災地の中にすくっと立ち、灯りをともし続けた「おらが大槌復興食堂」、ボランティアは必ずここを訪れました。今回のシェフは仲間とこれを立ち上げた阿部敬一さん。
fukkosyokudo.jpg
西会津のちょい飲み(12/2)のご案内 [2016年11月20日(Sun)]
福島県「西会津ナイト」が東京にて初開催! 
題して『西会津のちょい呑みatちよだいちば』

西会津町を応援してきた,アンテナショップkura-afeとちよだいちばが初のコラボ企画です!
************************************************************************
福島と新潟の県境にある人口7千人の町、西会津町。飯豊連峰の山々に囲まれ、四季があり冬は豪雪となる、自然豊かな町です。最近では、西会津国際芸術村を拠点にしたアートによるまちづくりや、除雪をエクササイズにみたてた「ジョセササイズ」が話題をよんでいます。
若者によるまちづくりも盛んで勢いのある町です。

今回は西会津町からお二人の生産者が参加します!
@ 高久一志さん(富士ソフト企画会社会津出張所)
きのこの形と食味のコンテストで日本一を獲得した「日本一しいたけ」を栽培している農家。最近はITや障害者雇用と農業を組み合わせる新しい挑戦をされています。
A 鈴木二三子さん(黒米味噌本舗)
黒米を中心に味噌や麹を研究している発酵のプロ。 体調不良を黒米でのりきったご経験から、多くの方に健康を届けたいと情熱を燃やしています。
************************************************************************

西会津のちょい飲み!

☆日時 12月2日(金)19時〜20時半
☆場所 ちよだいちば( 東京都千代田区神田錦町2丁目7−14)
(竹橋駅・徒歩約5分/神保町駅・徒歩約8分/小川町駅・徒歩約10分/神田駅・徒歩約15分)MAP→https://goo.gl/OaueOV
☆参加費 2500円
※ファーストドリンク付き
※お隣のレストラン「神田倶楽部」さんにてアルコール類500円で販売致します。(一部除く)

☆予定される西会津メニュー!☆
*こづゆ
*日本一しいたけ
*焼き麩を使ったお料理
*黒米をつかったお料理
・栄川酒造の日本酒
その他いろいろ計画中です!

☆お申し込み方法
@フェイスブックから
https://www.facebook.com/events/683514081822764/
Aちよだいちばに直接ご連絡
03(5577)3846
13時〜17時までの受付けとなります。
土日祝日はお休みです。
Bkura-cafeにご連絡
045(574)3317

「北海道十勝のちょい飲み」は11月30日(水)、「西会津のちょい飲み」は12月2日(金)お間違えのないように!

会津の伝統料理 こづゆ
nisiaidu.jpg
北海道十勝のちょい飲み(11/30)の案内! [2016年11月19日(Sat)]
誰もが知っている農業王国 北海道十勝。現在ちよだいちばではご当地まつり開催中で十勝帯広ファンがじわじわ増殖中です。

じゃがいも、玉ねぎを始め、ビーツ、山わさびといった特徴ある野菜、バラエティ豊かな豆類、絶品の大根や椎茸、そして酪農王国でもある十勝の様々なチーズ!
どれもこれも広大で豊かな大地&ヒトが生み出す豊かな産品ばかりです。

今回のちよだいちばのちょい飲みでは十勝帯広の豊かさをたっぷりとご堪能いただきながら今夏甚大な台風被害にあった十勝帯広にエールを贈りたいと思います!!!!!!
また、今回帯広を代表する観光スポットの一つに挙げられる「北の屋台」をイメージした会場を北の屋台の仕掛け人 久保裕史さんのアドバイスをいただきながらつくりたいと思っております。どうぞご期待ください!

☆日時 11月30日(水)19時〜
☆場所 ちよだいちば
☆参加費 2500円
※ファーストドリンク付き
※お隣のレストラン「神田倶楽部」さんにてアルコール類500円で販売致します。(一部除く)

☆予定される十勝帯広メニュー!☆
*ジンギスカン
*石狩鍋※気候、漁の都合によって変更あり
*十勝産じゃがいも&ラクレットチーズ
*帯広名物 豚丼のミニ「小ブタ丼」
「中華ちらし」も出るかも!?
*絶品コンビーフ&山わさび
*十勝産豆ジュレのいちば風サラダ
その他いろいろ計画中です!

☆お申し込み方法
@フェイスブックから
https://www.facebook.com/events/1811796625768357/
Aちよだいちばに直接ご連絡
03(5577)3846
13時〜17時までの受付けとなります。
土日祝日はお休みです。
B otsuka@npo-noshokorenkei.jp にメールください。

大勢のご参加お待ちしております!

tokachi.jpg
島根県の海沿い浜田のちょい飲み(11/14)のご案内 [2016年11月06日(Sun)]
「ちよだいちば」、今月のちょい飲みは島根県の海沿い「浜田市」です。
浜田は漁業の町で米どころ。漁師さんたちだからこそ知っているウマい肴(もちろんお酒も!)と米どころのとびきり美味しい新米をご堪能いただきます。

☆日時:11月14日(月)19時〜20時半予定
☆場所:ちよだいちば
    千代田区神田錦町2−7−14
☆参加費:2500円(税込)※ファーストドリンク付き
※当日はお隣のレストラン「美味これくしょん 神田倶楽部」さんにて生ビールやワイン等のアルコール類、ソフトドリンク等がキャッシュオンデリバリーでお楽しみいただけます。
アルコール類各種 ¥500均一(一部を除きます)
ソフトドリンク類各種¥400

☆参加申し込み
otsuka@npo-noshokorekei.jp  大塚 にメールください。
 
☆主な内容☆
漁業の町ならではのウマい肴が勢ぞろいします!
いかの沖漬け、ちりめん、赤てんなど。
特に”はまだの赤てん”は海外でも知られるおつまみ。
ドイツ人に「日本のおつまみの中で一番ビールに合う」と言わしめたほど。
浜田市民のソウルフード的存在でもあります。
当日は赤てんの食べ比べなどもお楽しみいただけるようにしたいと思っております。

また、漁業だけでなく米どころとしても知られる浜田市では
今年ブランド米として立ち上げた「弥栄米」(やさかまい)に力を入れられています。
弥栄米は標高500mほどの場所にある弥栄村で生産されるお米ですが、この標高による気候の寒暖差が生む米の豊かな甘みが特徴の美味しいこしひかりとなっています。

浜田のウマい肴とウマい”めし”を是非ご堪能ください!

浜田は島根県の海沿いの街
hamada1.jpg
11月の「ちよだいちば」は北海道十勝フェア! [2016年11月01日(Tue)]
毎日たのしい ちよだいちばです。
11月からの「月間ご当地まつり」はなんと人気の地域が2地域同時開催です!
11月1日からは北海道十勝帯広まつりがスタート!
11月7日からは島根県浜田市まつりがスタートです。
十勝まつりは「ちよだいちば」とご縁のある地元出身の人たちにもご協力いただき、地元民イチオシの産品が揃いました。
十勝のじゃがいもや関東では珍しい山わさびなどが入荷。
酪農王国でもある十勝の個性的なチーズ各種。
こだわり抜いた、常識破りのグルメなコンビーフ。
十勝産の素材のみで作る地元でしか買えない手作りのプリン各種。
十勝産にこだわった野菜のジャム。
十勝産の多彩な豆類のユニークな豆類の加工品。
まだまだございますがご紹介しきれません。
どの産品にも十勝の人たちの思いと熱意がこもっています。
(「ちよだいちば」店長 朝比奈千穂)

東京の中心、千代田区神田錦町のオフィス街に2年半前に誕生した「ちよだいちば」。
日本全国にまだ知られていない美味しいホンモノがたくさんあります。地域の生産者を応援し、みなさまに魅力ある逸品をお届けする、ニッポンの「道の駅」です!

住所:千代田区神田錦町2−7−14(最寄り駅は地下鉄東西線「竹橋」)
ちよだいちばのホームページはここ↓
http://www.chiyodaichiba.com/about/

「ちよだいちば」は十勝フェア!
tokachi1.jpg