CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山梨県韮崎のちょい飲み(9/21)はワインとポーク、ほうとう! | Main | 埼玉県ときがわ町「山村の暮らし」体験(9/24)実施しました!»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
第2回宇和島みかんボランティア(9/22-23)実施しました! [2018年09月25日(Tue)]
第2回宇和島摘みかんボランティア、9月23日にに実施しました。宇和島市吉田町は有数のみかんの産地。急斜面に見渡す限りのみかん畑が広がっています。西日本豪雨で町内2100か所が崩落、復旧に人出をとられ、いまやらなければならないみかんの摘果、収穫作業の人手が圧倒的に足らないということでJAが声を掛けてボランティアを募集しました。

9月23日午前8時、各地からJA吉田立間営農センター前に集まったボランティア41名が5〜6名に分かれて宇和島市吉田町のみかん農家さんのところに分かれていきます。ここではじめて農家さんとご対面。他にバス2台が直接農家さんのところに行き、全体ではこの日、100名を超えるボランティアが集まりました。

農商工連携サポートセンターの参加者は吉田和生、中田哲也、大塚洋一郎の3名、近隣の富永裕子さん、岡本修さん2名といっしょに清家(せいけ)さんの山に行ってみかんの収穫作業でした。ひたすら「ごくわせ」の青いみかんを摘み取りました。ひとつひとつ剪定ばさみで切ってカゴに入れるという作業の繰り返しなのですが、なにせそのままではずり落ちそうな急斜面、そこに踏ん張って立っているだけでもたいへんでした。農家の清家さんは「うちは特に急斜面。うちで勤まればほかの園地でもだいじょうぶ」と急斜面自慢。昼休みをはさみ午前3時間、午後1時間の作業でたっぷり汗をかきました。

今回、ひとつ印象的だったのは、前日訪れた奥南公民館にほとんど人がいませんでした。7月、8月は住民の方々と支援の方々でいっぱいでしたが、復興が進んでもとの公民館に戻ったんだなぁと思いました。

皆様、お疲れさまでした!第3回は10月27日-28日、第4回は11月17-18日に実施予定です!

午前中の作業を終えて、お疲れさまでした!
IMG_6411.jpg

作業中の吉田さん。急斜面がわかります?
IMG_6403.jpg

慣れた手つきで作業が早い富永さん
IMG_6407.jpg

休憩中!
IMG_6409.jpg

朝、私たちを迎えに来てくれた農家の清家さん(中央)
IMG_6394.jpg
コメントする
コメント