CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山梨雪害復興支援ボランティア(3/9)実施しました! | Main | 買って応援!ほうとうを食べよう会、開催しました!»
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
エンデの村の里山ツーリズム(3/23 100本間伐体験)再募集します! [2014年03月14日(Fri)]
ありがとうございます!定員に達したので申し込みを締め切りました。

 2月23日に実施予定でした「エンデの村の里山ツーリズム」は雪のため順延となり、3月23日(日)に実施予定です。エンデの村の里山は春の気配、皆様をお待ちしています。オオタカが巣を作りました。

 かつてない大雪に見舞われたエンデの村も平穏を取り戻しました。そして里山にオオタカの帰来とともに春が訪れました。芽吹き始めた里山のところどころに見られる陽だまりには、誰もが心地よいと感じる温もりがあります。

 さて今回は木こり体験とオオタカウォッチングを開催します。釜戸とピザ窯に使用する薪を調達するため、コナラやヤマザクラなどの落葉広葉樹の間伐を100本行います。

 木こり体験の後は地元特産の里芋を使った芋煮を食べながら、繁殖活動に精を出しているオオタカの野生の姿をウォッチングします。

◆日時:3月23日(日) 9:15〜16:00 ※雨天、雪の場合中止
◆実施場所:エンデの村の里山
 (埼玉件狭山市の農家 牛窪伸幸さんが保有、管理する里山)
◆集合場所:9:15 西武新宿線「新所沢駅」東口階段下
      (9:25発のバスに乗ります!)
◆定員:小学生以上20名(親子可)
◆参加費:大人 1,000円 子供500円
◆持ち物:汚れてもよい服装、軍手、タオル、飲み物(アルコール類も可)
■主 催: 合同会社さやまマイファーム/NPO法人農商工連携サポートセンター
■問合せ:NPO法人農商工連携サポートセンター  大塚 Tel/Fax: 03-5259-8097
                     メール otsuka@npo-noshokorenkei.jp

エンデの村:
狭山丘陵に300年続く農家を経営する牛窪伸幸さんは、敷地の一部に里山を保有されています。お父様から引き継いだときは他の里山と同様、大変荒れた状態でした。里山は定期的に人が入って手入れして初めて機能するもの。人が入らなくなった里山はあっという間に荒れてしいます。牛窪さんは畑仕事をしながら数年かけてコツコツと密生した樹木を間伐し、手入れをし、炭焼き小屋を作り、ベンチを作り、東屋を作りました。するとそこにいつの頃からか、森の食物連鎖の頂点に立つ「オオタカ」が巣を作るようになりました。オオタカは森の中を自由に飛び回れるスペースがないと生息できません。牛窪さんは、里山を復活させることによって里山の生態系も復活させたのです。里山を「エンデの村」と名付けました。ミヒャエル・エンデのエンデです。
私達は、池袋から至近の距離にある本当の里山でスローライフを体験できる場所として、ここを整備していきたいと考えています。これからいろいろな企画をご案内します。今回がエンデの村の里山ツーリズム企画第1弾です。皆様のお力を貸してください!

ありがとうございます!定員に達したので申し込みを締め切りました。

下草狩りを行った森には、太陽の日が隅々にまで行き渡ります。
RIMG0101.JPG

里山の恵み、自然の風味満点のタラの芽です。4月になれば収穫が始まります。
RIMG0098.JPG

辛し和えにして食べるとおいしいナバナです。食卓に春の味覚を届けてくれます。
RIMG0102.JPG

畑では収穫待ちのブロッコリーが花蕾を肥大させています。
RIMG0105.JPG

ガールスカウトと里山体験
RIMG1703.JPG
コメントする
コメント