CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

農商工連携サポートセンターさんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/index2_0.xml
これは大塚代表理事のブログです。NPO法人農商工連携サポートセンターの公式ウェブサイトもご覧ください!
 ウェブサイトはこちらです。→ http://www.npo-noshokorenkei.jp
第20回ホテ市 出店要項/出品物シート [2017年04月25日(Tue)]
第20回ホテ市は、
6月21日(水)11:30〜19:00
        ホテイチグルメコーナーは20:00まで開催
ホテルグランドパレス地下1階イベントルーム「四季」
  東京都千代田区飯田橋1−1−1
にて開催です。
応募締め切り:5月10日(水)17:00

出店要項です↓
第20回ホテ市出展要項

出品物シートです↓
第20回ホテ市出品物シート
これをダウンロードして
5月9日(火)17:00までに
otsuka@npo-noshokorenkei.jp に送付してください。

お問合せ:農商工連携サポートセンター 大塚
電話 090-1106-0182 メール otsuka@npo-noshokorenkei.jp
都会の屋上で農と食を満喫する スカイファームクラブ募集! [2017年04月24日(Mon)]
都会の屋上菜園、「スカイファームクラブ」の会員を募集します!

皇居が見える都会の屋上、千代田区神田錦町にあるちよだプラットフォームスクウェアの屋上に、小さな菜園があります。小さいけれど昨年もここで35種類の野菜、果物を栽培しました。ジャガイモ、枝豆、ブルーベリー、ぶどう、なす、イチジク、トウモロコシ、トマト、ホップ、バジル、レタスなどなど...。

週末のひととき、2時間ほど皆でワイワイ種をまいて、苗を植えて、収穫!収穫したお野菜はそのまま屋上で天ぷらやサラダにしていただきます。おにぎりと暖かい豚汁がつけばそこは立派なレストラン。いっしょに土いじりをした仲間といただくビールはとても美味しい。こんなすてきな体験が都会のどまんなかで手軽に味わえます。お子様の食育にも最適です。

ご家族(夫婦、親子)のご参加大歓迎です!
第1回は5月28日(日)!
皆様のご参加をお待ちします。

参加費(農業体験):1000円/人(苗、種、土、肥料に使います、毎回徴収)
          子供は無料。ファミリーは何人でも1500円/ファミリー
懇親会費:1500円/人(実費、毎回徴収)
場所:ちよだプラットフォームスクウェア屋上
    千代田区神田錦町3−21

お問合せ:農商工連携サポートセンター 大塚洋一郎
     otsuka@npo-noshokorenkei.jp 090-1106-0182

参加お申し込みはこちら↓
参加申し込み

今年の予定です。
         農作業      懇親会
5月28日(日)15:00〜17:00   17:00〜19:00
7月23日(日)15:00〜17:00   17:00〜19:00
9月24日(日)15:00〜17:00   17:00〜19:00
10月22日(日)11:00〜12:30  12:30〜14:00

ビールがうまい、イェイ!
photo1-cad6c.jpg

お子様の食育に!
IMG_7701.JPG

天ぷら〜!
photo3-de02f.jpg

豚汁〜!
IMG_8087_1600.jpg
大分県国東(くにさき)地域食事会(4/26)のご案内 [2017年04月11日(Tue)]
大分県北部の国東(くにさき)半島は大分県でも有数の食の宝庫。国東市(くにさきし)にある「くにみ農産加工有限会社」様のご協力で、国東地域の美味しい食材(と麦焼酎)を満喫する食事会を「ちよだいちば」で急遽開催することになりました。
おいしいものをたくさん用意してお待ちしています!

【日時】4月26日(水)19:00〜20:30予定(18:30受け付け開始)
【場所】ちよだいちば
    千代田区神田錦町2−7−14 電話 03−5577−3846
【会費】2000円(税込)※ファーストドリンク付き
【主な内容】
○国東産バジルのジェノヴェーゼソースのカナッペ
○ローストポーク、醤油風味ジェノヴェーゼソース
○地場産「かちエビの海鮮シューマイ」「ハモの海鮮シューマイ」(カラシ添え)
○チキンソテ「かぼすの郷」(ポン酢)風味のソース
○「かぼすの郷」風味の小さな牛丼、ダイコンおろしと温泉卵添え

○お酒:地元南酒造の麦焼酎「とっぱい」、宝山の「鹿児島ハイボール」

【参加申込み・お問合せ】 otsuka@npo-noshokorenkei.jp にメールください。

大塚洋一郎
「ちよだいちば」棚貸しサービスのご案内 [2017年04月10日(Mon)]
平成29年4月10日

○「ちよだいちば」の棚を市町村・地域の商品販売のためにご提供します。

○「ちよだいちば」の棚貸しサービスの目的は、特定の市町村・地域の美味しいものを都会のお客様に提供し、その地域を知ってもらい、その地域を好きになってもらうことです。

○使用料金:40,000円/月(フル利用:商品数60点程度)「全店あげて○○町!」
        20,000円/月(サブ利用:商品数30点程度)

○この価格は「ちよだフードバレーネットワーク」参加自治体・地域に対して千代田区及び公益財団法人まちみらい千代田から補助をいただいての価格です。従って、「ちよだフードバレーネットワーク」にご参加いただくことが前提になります。フードバレー参加費は無料です。

○冷蔵品、冷凍品、野菜、加工品、酒類OKです。鮮魚、生肉はNGです。

○商品については事前に商品のストーリー、特徴、セールスポイントなどについて「ちよだいちば」販売スタッフが学習し、「ちよだいちば」のお客様に積極的に販売促進いたします。ポップ、ノボリ、その他販促ツール、アイテムを展示します。ふるさと納税などの販促、PRもいたします。

○「ちよだいちば」への送料は、市町村・地域でご負担いただきます。

○販売期間終了後、残品は返送します。返送の送料は「ちよだいちば」が負担します。

○商品の売値は市町村・地域でつけて頂きます。期間中の売上は「全額」、市町村・地域に送金します。「ちよだいちば」でいただくのは棚代のみです。

○期間内に賞味期限が来るもの、賞味期限が短いものの取扱については、個別に生産者様・事業者様と相談させていただきます。

○「試食」は効果的な販促です。商品にあらかじめ「試食用」を計上していただくとありがたいです。

○「ちよだいちば」では店の材料を使った「いちばのベジパワーランチ」を毎日日替わりメニューで提供しており、大好評です。この日替わりメニューのなかで商品(肉、野菜、冷凍品(例えばコロッケ、魚など))を使い、販売促進いたします。

○期間中「〇〇(市町村名)のちょい飲み」を1回開催します。通常平日午後7時から。参加者20〜30人。市町村・地域の生産者などに来ていただき、都会の参加者に直接お話しいただきます。大変好評で人気の高いイベントです。

○「ちよだいちば」のお客様は近隣(千代田区神田錦町)の企業で働く女性(20代〜40代)が多く、食と地域への関心が高いです。
期間中、定期的に販売数をご報告します。

○本サービスの実施にあたり、市町村・地域で原則ひとりの「窓口」を決めていただき、この窓口の方と「ちよだいちば」朝比奈店長と密接な連絡・連携をとりつつ実施します。

○期間終了後、売れ行き好調なものについては「ちよだいちば」の定常販売品として販売を継続させていただきます。卸値、売値、ロット、送料については生産者様、メーカー様と個別にご相談させていただきます。

現在開催中は「千葉県神崎町祭り」神崎町を売るぞ〜!
IMG_2780.JPG

IMG_2791.JPG

イチジクを食べよう!育てよう!セミナー(4/16)開催します! [2017年04月02日(Sun)]
毎年、大好評、恒例の「イチジクを食べよう!育てよう!セミナー」を今年も開催します。

女性に熱烈なファンが多いイチジクは挿し木で苗を作ります。ベランダでも育てることができます。ただし実がなるのは3年目から。今回は今年の秋に実がなる3年目の苗をお持ち帰り。いちど食べるとそのおいしさにはまっていくイチジクカレーほかイチジクランチも満喫できます。食べるだけではないイチジクの魅力を知るセミナーです。

今年も講師は服部素子さん。服部さんは都会暮らしに疲れ心身ボロボロの状態で千葉県の農事組合法人成田ガイヤに就職、そこでイチジクに出会い、新鮮なイチジクを食べ続けると体重激減、お肌つやつや、自らイチジク効果を実感。イチジク農家として独立し、自らイチジク100万本プロジェクトを立ち上げ、精力的な活動を展開しています。

イチジクを食べて、育てて、イチジク満喫の1日にお待ちしています!

◆日時:4月16日(日)
◆場所:ちよだいちば
    千代田区神田錦町2−7−14
◆定員:12名
◆参加費:4500円(税込み)
◆主催: 夢華果園(むかかえん)/NPO法人農商工連携サポートセンター共催
◆お問い合わせ NPO法人農商工連携サポートセンター 大塚
 携帯:090-1106-0182 メール: otsuka@npo-noshokorenkei.jp
◆プログラム
  10:30 座学/イチジクを育てよう(植え付け、苗づくり)
  11:30 実習
   3年目の苗を剪定し、しっかりとイチジクが収穫できるようフォローします。
  12:00 質疑
  12:30 昼食・お茶/イチジクを食べよう
  13:30 終了
◆参加費に含まれるもの
 美味しいイチジクの昼食
 剪定した苗1本(3年目、今年の秋に実がなります!)
 土に混ぜる堆肥、肥料(固形の発酵油かす)

お申し込み: otsuka@npo-noshokorenkei.jp に氏名、携帯番号、メルアド明記してメールください。

◆今後のスケジュール
 10月8日(日) 千葉県匝瑳市の服部さんの畑にイチジクの収穫ツアー!
 来年1月19日(金) イチジク食事会@「神田倶楽部」

第3回セミナー(昨年4月17日)
IMG_9503.JPG

第2回セミナー(2015年4月)
IMG_6112.JPG

第1回セミナー(2014年4月)
__ 2.JPG
有楽町駅前でちよだフードバレーネットワーク スプリングマルシェ開催!(3/24-26) [2017年03月21日(Tue)]
3月24日(金)〜26日(日)は有楽町駅前広場に来てください。
24日(金)は岩手県大槌(おおつち)町から、25日(土)/26日(日)は全国12市町から、美味しいもの勢揃いします!
「ちよだフードバレーネットワーク スプリングマルシェ」開催です!

【日時】
  3月24日(金)11:30〜19:00 岩手県大槌復興支援マルシェ
  3月25日(土)11:30〜19:00 スプリングマルシェ
  3月26日(日)11:00〜18:00 スプリングマルシェ

【場所】JR有楽町駅前広場(JR有楽町駅中央口出てすぐイトシア前)

【主催】ちよだフードバレーネットワーク(会長 大塚洋一郎)
【後援】千代田区、大槌町ほか

【出店者と販売品】
3月24日 大槌復興支援マルシェ
  大槌復興刺し子プロジェクト  刺し子ポーチ、星降るマッチTシャツ
  おばちゃんくらぶ  鮭の手拭い、ランチbox&マット、バック
  大槌まるごと売子隊  鮭もなか、あんころ柿、のしいか
  六串商店  ほやわさび、たこわさび、塩うに
  小豆嶋漁業  鮭ソーセージ、さんまのつみれ、鮭ぎょうざ
  たかのり海産  寒風干新巻鮭パック、干物、鮭とば
  ひょうたん島苫屋  秋サケの燻製、ホタテ燻製、カキ燻製
  河合商店  生牡蠣(宅配)
  マタギ倶楽部  天然はちみつ
  Ce-Café(キッチンカー)  三陸パエリア
  岩手県釜石市(キッチンカー)
  釜石コロッケ、蒸し牡蠣

3月25日〜26日 スプリングマルシェ
  岩手県大槌町  鮭餃子、原木乾燥椎茸、焼き鮭とば
  岩手県釜石市(キッチンカー)  釜石コロッケ、蒸し牡蠣
  山形県もがみ地域  中野玄米みそ、南蛮味噌、古代米
  山形県白鷹町  桜ようかん、桜ゼリー、饅頭、大福
  山形県南陽市  果物ジュース、玉こんにゃく
  山形県長井市  山形牛サイコロステーキ、さくらフランク
  千葉県南房総市  ひしこ押寿司、漁師メンチ、クレマカタラーナ
  山梨県富士川町  日本酒利き酒、焼酎、ゆずマーマレード
  静岡県西伊豆町  わさび漬け、さくら緑茶、海賊焼
  大分県国東市  激辛ゆず胡椒、焼きネギ醤油漬け
  佐賀県小城市  小城羊羹、蛍の里の天然水スパークリング
  島根県海士町(キッチンカー)  蒸しイワガキ

【お問い合わせ】農商工連携サポートセンター 大塚
  電話 090-1106-0182 メール otsuka@npo-noshokorenkei.jp

美味しいものたくさんですよ!お待ちしています!

20170309105302.jpg
20170309105325.jpg

ちよだフードバレーネットワークは、地方で育まれる“これぞ本物”という「食」を都心の消費者に届け、生産地である地方と消費地としての千代田区がお互い交流し協力しあうことで相互の振興を図ることを目的に活動しています。2014年2月に設立され、定期的にマルシェを開催するほか、農業体験をはじめ様々な体験を通して都心の消費者と地方の生産者の交流を促進しています。2017年3月現在、千代田区と43の市町村/地域団体で構成されています。
千葉県神崎町(こうざきまち)のちょい飲み(3/3)のご案内 [2017年02月24日(Fri)]
千葉県で一番小さい町 神崎町(こうざきまち)。
発酵の里として今や全国から観光客や見学に訪れる方々が後を絶ちません。

ちよだいちばでも2月13日から「神崎町まつり」を開催しておりますが、熱烈な神崎町ファンの方々もいらっしゃり、日々店内は発酵食品の話で盛り上がっております。

そんな魅力あふれる神崎町のちょい飲みがいよいよ開催です!

当日は神崎町産の発酵食品を始め、野菜、お酒などをお楽しみいただけます。
お酒は神崎町を代表する二大蔵元 鍋店(なべたな)、寺田本家 。
さてどんな名酒が登場しますか、お楽しみに!

神崎町の有名な「酒蔵祭り」(3月12日開催)の前夜祭としてちよだいちばの「神崎町のちょい飲み!」にぜひ、皆様お友達お誘いあわせの上、お越しいただけましたら幸いです。

当日は神崎町地元の活力みなぎる生産者さん、役場の方々たちもいらっしゃいます。
ちよだいちばで神崎町のパワー溢れる発酵食をお召し上がりいただきながらご交流をお楽しみください️

☆発酵!発光!神崎町のちょい飲み!
日時:3月3日(金)19時〜20時30分予定(18時30分受付開始)
場所:ちよだいちば
会費:2500円(税込)※ファーストドリンク付き
※お隣神田倶楽部さんにて、アルコール類一律500円(一部除く)、ソフトドリンク400円をキャッシュオンデリバリーにてお召し上がりいただけます。
主な内容:
神崎町産のてんぺ、味噌、糀などを使ったオリジナル料理など!
・焼きてんぺ
・てんぺごはん
・五平餅
・神崎町産れんこんサラダ
・甘酒
などなど発酵食品満載ですよ〜!

☆お申込み方法☆
otsuka@npo-noshokorenkei.jp 大塚までメールでお申し込みください。

写真は寺田本家の「五人娘」 「ちよだいちば」で販売中!
goninmusume.jpg
越後の茶豆味噌「まめだかね」ご購入のご案内 [2017年02月07日(Tue)]
茶豆を使った珍しい味噌です。新潟県十日町市産の茶豆を高長醸造場さんにより地域に古くから伝わる豆麹と米麹を使う製法で特別に仕込んで頂き、雪国新潟県十日町市の風土に抱かせてゆっくりと熟成させました。名前の「まめだかね」は越後妻有の方言で「お元気でお過ごしでしたか?」という意味で、挨拶によく使われます。食べて頂く方が健やかなることを祈り、お届けしたいという気持ちを込めました。

市販されている味噌の多くは、管理の都合、熱やアルコールで発酵を停め、味噌の中に酵母が生きていません。発酵食材が体にいいと言われているのは生きた酵母を一緒に頂くからで、「まめだかね」は酵母が生きたまま丁寧に袋詰めしてお届けしています。しかし、ここ数年、茶豆が大豆としても流通するようになると値段が高騰。味噌の材料としての価格で入手ができず、今回の販売が最後になりそうです。特別に200袋限定、特別価格でご提供させて頂きます。数に限りがありますのでお早めにお申しみ頂ければ幸いです。

Fig1.jpg
fig2.jpg

価格
 1袋(1kg):  800円(+送料740円) 
 2袋(2kg):1,600円(+送料740円)
 3袋(3kg):2,400円(+送料740円)

       (定価:1袋1kg1,200円)

お申込み期限:2月28日

お申し込み:
「まめだかね」お申し込み←ここをクリックして必要事項を入力お願いします。
携帯電話番号は商品発送先の電話番号、コメント欄に○袋購入希望とご記入ください。

発送とお支払い
順次発送いたします。お支払いは同封の振込用紙をお使い頂くか指定口座にお振り込みお願いします。

販売元:一般社団法人源流地域資源再生ネットワーク
      新潟県十日町市四日町1426の6
お問い合わせ:一般社団法人源流地域資源再生ネットワーク
       代表理事 池田徹 メール ikeda@trico-gen.jp Fax 025-761-7302
岩手県大槌(おおつち)町のちょい飲み(2/9)(鮭のちゃんちゃん焼き、三平汁)のご案内 [2017年02月01日(Wed)]
「大槌のちょい飲み」ご参加には事前のお申し込みが必要です。参加者氏名・参加人数を otsuka@npo-noshokorenkei.jp にメールしてください。

「ちよだいちば」では岩手県大槌(おおつち)フェアを開催中です!
日程が迫って恐縮です。来週、2月9日(木)、大槌町のちょい飲みを開催します!

震災前、大槌といえば鮭といわれるくらい大槌の鮭は有名でした。その大槌の鮭を鉄板焼きと三平汁でいかが?
震災後いち早く「おらが大槌夢広場」を立ち上げ、何もないところにポツンと灯る「おらが大槌復興食堂」を仲間と立ち上げた阿部敬一さんがシェフとして皆様に料理を振る舞います。阿部さんはこのために大槌から遠路車を運転して来てくれます。
また、この冬立ち上がったばかりの「おおつち売り子隊」の岩間敬子さん、ボランティアからこの職に転じた大槌町民生部コミュニティ総合支援室の岩見弥生子さんほか、大槌から熱い方々が多数ご来場です。(メールご案内の阿部様、岩間様のお名前に誤記がありました。まことに申し訳ありません)

復興支援にご縁のなかったひとも支援のベテランも、大槌や三陸が好きだというひとも、大槌の方々と熱く語りたいというひとも、あるいは単に美味しい料理とお酒が飲みたいというひとも、どなたも皆、大槌のちょい飲みに来てください。
お待ちしています!

☆大槌町のちょい飲み☆
【日時】2017年2月9日(木)19時〜20時30分(予定)
    開場は18:30から
【場所】ちよだいちば 千代田区神田錦町2-7-14
【参加費】2500円(税込)※ファーストドリンク付き
【主な内容】※予定※
○鮭のちゃんちゃん焼き(鉄板で焼きます!)
○三平汁
○その他「ちよだいちば」で販売中の大槌の美味しいもの!
○もちろんお酒は大槌の銘酒「浜娘」(赤武酒造は大震災で全壊のため現在は盛岡市で設備を借りて「浜娘」を作っています)
メール配信でメニューに「海鮮パエリア」と記載しましたが間違いでした。申し訳ありません。

【お申し込み方法】
メール(宛先は otsuka@npo-noshokorenkei.jp 大塚)で氏名、参加人数を。

それではお待ちしています!

「大槌のちょい飲み」ご参加には事前のお申し込みが必要です。参加者氏名・参加人数を otsuka@npo-noshokorenkei.jp にメールしてください。

被災地の中にすくっと立ち、灯りをともし続けた「おらが大槌復興食堂」、ボランティアは必ずここを訪れました。今回のシェフは仲間とこれを立ち上げた阿部敬一さん。
fukkosyokudo.jpg
山形県新庄市 雪遊び、味噌づくり体験ツアー(2/25-26)募集します! [2017年01月30日(Mon)]
積雪1メートルの豪雪地帯で雪まみれになって遊びませんか?
味噌造り体験、納豆汁つくり、郷土料理と地酒で乾杯もという欲張りツアーです。
主催するのは山形県新庄市でがんばっている若手農家グループ。
彼らとの交流もきっと心に残るものになります。

【日程】2月25日(土)〜26日(日)
【集合】25日(土)12:40 JR新庄駅改札口
(ご参考 9:24東京駅発「つばさ131号」12:35新庄駅着)
【解散】26日(日)13:20  JR新庄駅
(ご参考 13:57新庄駅発「つばさ88号」17:36東京駅着)
【参加費】大人(中学生以上)9,000円/小学生6,000円(未就学児童は無料)
    (1泊4食、体験費、味噌3kg込み、食事交流会の飲み物(1500円程度)は別途料金)
参加費のほか、新庄駅までの「往き」の新幹線またはバス代は、各自予約/ご負担ください。
(幹線片道12,870円、深夜高速バス片道7,540円)
帰りの新幹線は主催者負担、参加者に乗車券をお渡しします。

【定員】20名
【イベント企画】新庄市明倫堂プロジェクト協議会
【旅行企画・実施】山交観光(株)新庄案内所
  (観光庁長官登録旅行行第1528号JATA正会員)

【プログラム】
○味噌づくり体験
 「山形の大豆」と「山形のお米」で「山形の味」をこしらえる! 
○納豆汁づくり
 山形県の郷土料理<納豆汁>を、農家のお母さんの指導で体験
○食事交流会
 山形県の農家が作る郷土料理と、地酒で乾杯!
○雪国体験
 積雪1メートル級の豪雪地帯で雪まみれになって遊びましょう!
(25日)
12:40 新庄駅集合(9:24東京発 12:35新庄着 つばさ131号)
*行きの新幹線代(又はバス代)はご自身にてご予約・ご負担いただきますようお願いいたします。
13:00 昼食【おにぎりと漬物と味噌汁】
14:00 味噌づくり体験  
16:30 温泉
18:00 夕食の準備(郷土料理:納豆汁づくり体験)
19:00 食事交流会

(26日)
7:30 朝食
9:00 雪国体験
10:30 温泉
12:00 昼食【そば】
13:20 新庄駅にて解散
13:57 新庄駅発(17:36東京着 つばさ88号)
*プログラム内容は一部変更になる場合がございます。

【宿泊】
場所:山屋セミナーハウス 
http://www.city.shinjo.yamagata.jp/kurashi/030/030/080/20150302204622.html
*男女別、各相部屋の合宿形式の宿泊となります。
別途820円で一室貸切可能です(先着3組まで)。

【特典】
モニターツアーにより片道分の交通費(新幹線もしくはバス等の乗車料金)を補助いたします*。(帰りのチケットを、当日現地にてお渡しいたします。)
行きの新幹線代(又はバス代)はご自身にてご予約・ご負担いただきますようお願いいたします。
*誠に勝手ながら、原則として新庄→首都圏間の新幹線運賃の範囲内とさせていただきます。それよりも遠方よりお越しのお客様につきましては、予算の範囲内で対応させていただきます。

【持ち物】
温かい服装・帽子。(濡れにくい)手袋、スノーウェアなど。スノーブーツ、又は長靴。汗拭きタオル。
印鑑。洗面用具・バスタオル等(温泉には石けんしか用意されていません)。
【お申込み期限】2017年2月20日(月)
【お申込み方法】@~Dの内容を、以下のお申込み先までメールか電話にてお伝えください。
@氏名 A住所 B電話番号 C生年月日 Dお帰りの際の降車駅名 
*2名様以上でのお申込みの場合でも、全員分ご記載ください。
【お申込み先】新庄市明倫堂プロジェクト協議会 渡邉
 電話:050-5307-7349(渡邉)  メール:meirindo.pj@gmail.com

【お問合せ】新庄市明倫堂プロジェクト協議会
  電話:050-5307-7349(渡邉)  メール:meirindo.pj@gmail.com
sinjotour2.jpg

sinjotour1.jpg


チラシダウンロード←チラシダウンロードはこちらをクリック
| 次へ