CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«瞬殺、微少の世界―休題の本 | Main | 眼の写真集―休題の本»
プロフィール

t_itoさんの画像
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
Google

Web全体
このブログの中

タグクラウド

http://blog.canpan.info/nonpo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nonpo/index2_0.xml
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
my website (03/08)
色のめがね―休題のアプリ [2011年02月03日(Thu)]

筆者もi Phoneユーザービギナーといえるようになりました。

以前、休題の本で「カラーユニバーサルデザイン」を紹介しましたが、今回は、i Phoneの無料アプリで、素人でもカラーユニバーサルデザインに参画出来るかもしれないと思わせる、魅力的なアプリを紹介します。

浅田一憲さんが作った「色のめがね」です。

以下、そのHPからの引用です

「色の認知や弁別をサポートする色覚ツールです。、、、、、男性の約5%が、赤と緑の色の区別がしにくい、濃い赤が見えにくいなどの色覚的な特徴を持っていると言われています。色覚タイプには主に、一般型、1型、2型、3型などがあることが知られて、、、、、、タイプによって色の見え方が違います。、、、、、「色のめがね」は、ユーザの色覚タイプに合わせて、混同しやすい色がなるべく重ならないように、すべての色を領域分割します。そして、注目する色領域に属する色の明度や色度をリアルタイムに変化させることによって、色弁別をしやすくします。」

つまりiPhoneを覗き込むと、様々な色覚の方々同士が、他者の経験している色世界を仮初に経験出来るのです。別の色世界がリアルタイムで体験できるのです。

App storeで昨秋リリースされ無料です。
【アプリ紹介の最新記事】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント