CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2008年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
島との縁 [2008年06月24日(Tue)]
博多湾に浮かぶヒョウタンみたいな形をしたのこの島。


私が通っていた中学校の教室(正確には廊下側の窓)から毎日のように見えていた島です。

しかし見ていただけの毎日ではありませんでした。


私は中学校に上がった春からヨットクラブに入ってました。
学校にあったクラブではなく、福岡市立ヨットハーバーにある『小戸ジュニアヨットクラブ』という所に入っていたというワケです。
このクラブの1期生でもあるんですよ。

家も近いということもあって、ほぼ毎日ハーバーに通ってました。
夏休みともなると毎日海に出てヨット乗ってました。
今でこそジュニアヨットクラブは全国大会や世界大会で優秀な成績を収めていますが、当時はレースも出ていましたが、どちらかというと『海の上のがきんちょ、波と戯れる』という方がぴったりの表現でした。


小戸ヨットハーバーの防波堤を超えると能古島は目の前でした。
島と西側の『生の松原』という夏は海水浴場として親しまれている海岸の間がいつもセーリングをしていたエリアです。
北から東方向の風が吹くことの多い博多湾では、島が風に影響をかなり与えていたためヨットに乗っている時は常に頭の中に能古島を意識し、位置や風の事を考えていました。

そんな海の趣味も一時は仕事(某マリーナで働いていた事も)としていましたが、勤務のセクションが海とは関係ないところとなりその頃からだんだん海とは縁遠くなってしまい、ここ最近海で泳ぐ事もほとんどなくプールに行くことさえなく、水に身体を入れる事が風呂以外には無い状態でした。


それがどうでしょう、今現在はこの『能古島』に通い、船に関わるイベントや企画を考え、その中で数十年ぶりに会う方々から誘われまたヨットに乗っているなんて・・・・・
はじめまして [2008年05月24日(Sat)]
みなさん、はじめまして。
福岡市の博多湾のまん中にある能古(のこの)島にある博物館『能古博物館』のサイト第二管理人の「まる」といいます。

はじめての書き込みなので博物館のコトを、と思ったのですが、まずは島の事をしってもらおうと思ってます。

まず、どこにあるのか?というと、福岡に住んでいる人なら知らない人はいないと思いますが、九州外にお住まいの方にはあまり知られていないと思います。



大きな地図で見る

地図をみて頂くとわかる通り、地図はほぼ福岡市を表しているのですが、その福岡の陸地が抱くようにある博多湾のほぼ中央に島はあります。

福岡の一番の繁華街である天神から都市高速にのって15分ほどで船着場まで来ちゃいます。そこから船に乗り10分で能古島に到着です。

大都市から30分も掛からずに喧騒を離れた長閑な場所に来ることができるんですよ。

少し前の(諸先輩)方なら井上揚水さんの「能古島の片思い」という曲を聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
また作家の”檀 一雄”さんや娘さんの”檀ふみ”さんをご存知なのではないでしょうか?実は能古島にゆかりのある方々なんですよ。

古い方の分野になると万葉の碑があったり古い陶器を焼くための登り窯跡があったりと、歴史的にも重要なモノがあって興味がある人には楽しい場所だと思いますよ。

島の文化や歴史、関わる人、など詳しいことはココWikipediaにあります。



そして我、博物館ですが、その島の南側斜面、小学校、中学校のすぐ下にあります。

大きな地図で見る
渡船場から歩いて5分ほどで来ることができます。

博物館のコトはまた次回に・・・・