CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年11月(7)
2017年10月(7)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
       
能楽博物館入場券 [2016年11月28日(Mon)]

鎌倉能舞台は、公演の無い平日は、”能楽博物館”として、能舞台を公開しております。能面と装束などの展示があり、モニターで能の公演のDVDもご覧いただくことができます。

その入場チケットが今回新しいデザインになりました!

DSC_4535.JPG

いつも可愛いい能のイラストを描いていただいているイラストレーターさんのイラストで可愛いチケットになりました。

ぜひ能楽博物館にも足をお運びくださいませ!
Posted by kamakura nohbutai at 23:23 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1月28日「能を知る会鎌倉公演」の事前講座のお知らせ! [2016年11月28日(Mon)]

「能を知る会鎌倉公演」の事前講座 第三弾の開催決定です!

教えて!! 貫太先生 & 健之介先生
〜 鎌倉能舞台にて特別講座開催 〜
平成29年1月15日(日)13時半〜15時頃


能楽鑑賞をより興味深く身近に感じて頂ける様、“公演前特別講座第三弾”を開催いたします!

「羽衣」・「高砂」について作品の解説の他、謡の一節を皆で謡ってみたり、装束や能面をつけて

みたり、能楽への興味を深めましょう。また、来年度から導入予定の「字幕システム」についてご紹介や、皆様との意見交換も予定しております。
お正月明けの落ち着いた鎌倉を散策がてら、お運び頂けましたら幸甚に存じます。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております!!

【特別講座】
1.日 時:平成29年1月15日(日) 13時半〜15時頃
2.場 所:鎌倉能舞台
3.講 師:能楽師 観世流シテ方 中森貫太・中森健之介
4.参加費:500円 当日受付にてお支払い下さい
(賛助会員の会員様は、日頃の感謝を込めて無料御招待とさせて頂きます。)
5.申込み方法:電話・FAX・メール・HPより随時受付いたします♪【内 容】講座内容は、予告なく変更になる場合がございます。
1.「羽衣」「高砂」の鑑賞ポイント&謡の一節を謡ってみよう!
2. 能楽体験 ・・・ 舞台に上がって、能面・装束をつけてみよう!
(足袋を履いて舞台に上がって頂きます。)


*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

0128・事前特別講座-1.jpg

0128・事前特別講座-2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 23:03 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
学生さんの鑑賞教室 [2016年11月28日(Mon)]

鎌倉にも雪が積もった24日、午前中は鎌倉市内小学校さんの狂言教室が鎌倉能舞台であり(こちらの「文化庁地域活性化事業」の助成による、鎌倉市内小学校狂言教室の様子は後日まとめてアップします!)、夜は横浜能楽堂へ移動して、玉川大学の大学生さん向けの能楽鑑賞会を行いました。

−玉川大学教育学部能楽鑑賞会 於 横浜能楽堂 11月24日6時半より−

解説(中森貫太)の後

DSC02858.JPG

狂言「伯母が酒」シテ 大蔵教義師

DSC02861.JPG

能「猩々」シテ 中森貫太

DSC02868.JPG

DSC02867.JPG

を鑑賞していただきました。

カンタ先生も高校は玉川学園、お囃子方の観世元伯師、安福光雄師も玉川学園ご出身です。

今回鑑賞してくれた学生さんは、玉川大学の教育学部の1年生387人でした。玉川大学教育学部出身の生徒さんは小学校の先生になる方が多くいらっしゃいます。

大学生時代に日本の伝統文化「能楽」を鑑賞していただいた学生さんがいずれ小学校の先生になった時に、子供たちにも「能楽」を体験させたいと思ってくださることを・・・切に願っております。

先生の卵さんに、毎年能楽を鑑賞していただけること、心から嬉しく思います。

ありがとうございました!また来年もよろしくお願いいたします!!
新春の「能を知る会鎌倉公演」 [2016年11月26日(Sat)]

1月28日鎌倉公演fix-1.jpg

※新春の「能を知る会鎌倉公演」は、午前の部は、上演度数No.1と言われる「羽衣」を、午後の部は結婚式などで謡われる人気曲「高砂」を上演します。最初の解説ではその一節を練習していただき「皆様もご一緒に謡ってみましょう」というコーナーも予定しています!
曲の詳しい解説や終演後の質問コーナー、面白い狂言もあり、初めて古典芸能に挑戦する人にもお楽しみ頂ける公演です。新春の鎌倉へ、ぜひお越し下さいませ!

◆日時 2017年1月28日(土)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
午前の部: 
・解説「能の定番曲−羽衣と高砂−」皆様もご一緒に謡ってみましょう! 中森 貫太
・狂言「昆布売(こぶうり)」山本 則重 他
・能 「羽衣(はごろも)和合之舞」中森 貫太 他 
・質疑応答 中森 貫太
午後の部: 
・解説「能の定番曲−羽衣と高砂−」皆様もご一緒に謡ってみましょう! 中森 貫太
・狂言「二千石(じせんせき)」山本泰太郎 他
・能 「高砂(たかさご)」中森健之介 他 
・質疑応答 中森 貫太

◆あらすじ
「羽衣」
雨上がりの三保の松原で、漁師伯龍は 美しい衣を見つけ取って帰ろうとする。天女が現れて返して欲しいと哀願するが、伯龍は国の宝にしようと持って逃げる。
天女の嘆きを憐れんだ伯龍は、伝え聞く天人の舞楽を見せることを条件に衣を返す。喜ぶ天女は優雅に舞いつつ昇天してゆく。世界中にある白鳥処女伝説の中で最も清純簡潔な形として知られます。
「高砂」
肥後国阿蘇宮の神主友成は、高砂の松の根方を清める老人夫婦と言葉をかわし、松の目出度いいわれを聞く。二人は高砂住之江の相生の松の精と明かし、住吉で待つと言い置いて、小舟に乗って去る。後を追った一行は、住吉明神が巫に乗り移って御代万歳を寿いで、さっそうと舞う奇瑞を見る。

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/#kamakura-06

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス(午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206144P0030001
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206145P0030001
Posted by kamakura nohbutai at 16:14 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会横浜公演−修験道と能」の公演のご報告です。 [2016年11月16日(Wed)]

11月15日は横浜能楽堂にて「能を知る会横浜公演−修験道と能」のご報告です。

解説は、声明(しょうみょう)の世界でご高名の真言宗豊山派宝玉院住職の新井弘順氏が「修験道と能」についてお話くださいました。

16.11.15 能知会_001.JPG

スペシャルゲストに、お知り合いで、山伏の修行をされた、群馬県の真言宗豊山派自性寺住職の斉藤説成氏が、”本物の山伏”の扮装でご登場してくださり、ホラ貝を吹いてくださいました!

16.11.15 能知会003.JPG

良いお声の住職様方、次回はぜひ声明を聞かせていただきたいと思いました。ありがとうございました。

仕舞「高野物狂」弘田裕一氏

16.11.15 能知会_005.JPG

仕舞「谷行」駒瀬直也氏

16.11.15 能知会_008.JPG

狂言「箕被(みかずき)」シテ 野村萬斎氏、アド 高野和憲師

箕(み)を被(かず)く、という言葉と、三日月 をかけた、とても珍しい狂言でした。

16.11.15 能知会_015.JPG

16.11.15 能知会_021.JPG

能「葛城(かづらき)大和舞」シテ 中森貫太、ワキ 殿田謙吉師

16.11.15 能知会_024.JPG

16.11.15 能知会_032.JPG

16.11.15 能知会_061.JPG

16.11.15 能知会_081.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

始めて能狂言をご覧になるお客様もたくさんいらっしゃいました。最後の、中森貫太による質疑応答もたくさんのご質問が出ました。

ご鑑賞いただいたお客様、ご出演いただきました先生方、ありがとうございました!

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

次回、能を知る会は、新春1月28日(土)「能を知る会鎌倉公演」です。能は、能の入門編ともいえる「羽衣」(午前の部)と「高砂」(午後の部)を上演します。

公演の始めに「謡を謡ってみよう!」というコーナーを設けて、客席の皆様もご一緒に謡ってみましょう。

12月末か、1月始めに「事前講習会」を行おうかとも思っています。

鎌倉への初詣かたがた、鎌倉能舞台で能の鑑賞はいかがでしょうか!お申し込み、お待ちしておりますm(__)m

1月28日鎌倉公演fix-1.jpg

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
申込みフォーム http://www.nohbutai.com/ticket/
eプラス
午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206144P0030001
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206145P0030001



Posted by kamakura nohbutai at 21:45 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
神奈川県立高校生向け学生能楽鑑賞会 [2016年11月16日(Wed)]

11月9日は、横浜能楽堂にて「神奈川県立大船高校」の生徒さん向けの公演を行いました。

午前中が2年生、午後が1年生、各350人くらいずつの学生さんに、狂言「仏師(ぶっし)」と、能「安達原」を鑑賞していただきました。

鑑賞会の前に、中森貫太が学校へ伺い、事前講習もして、当日に臨みました。

解説の様子 中森貫太

01.jpg


狂言「仏師」シテ 高野 和憲師

02.jpg


能「安達原 黒頭」午前の部 シテ 清水 義也師、

03.jpg

06.jpg


能「安達原 黒頭」午後の部 シテ 坂口貴信師。

08.jpg

10.jpg


装束は清水師が当家の、坂口師はご自分でお持ちになりました。同じ「安達原 黒頭」でも、装束が替わると雰囲気が変わりますね!

大船高校では、3年に一度能楽を鑑賞をされています。素晴らしい試みだと思います。

ご鑑賞いただきまして、ありがとうございました!

(写真撮影:駒井壮介氏)
28年度「文化芸術による子供の育成事業」ワークショップの様子−その4 [2016年11月16日(Wed)]

※平成29年度「文化芸術による子供の育成事業」の学校募集が始まりました!来年は鎌倉能舞台は【北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、札幌市、仙台市】に伺います!該当地域の小中学校は、ぜひご応募くださいませ!

詳しい申込み方法等は このブログの記事 http://blog.canpan.info/nohbutai/archive/459、または JTBコミュニケーションズのページ http://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/index.htmlをご参照ください。

締切が11月30日「必着」となっています。市の教育委員会への締切はそろそろの市町村が多いようです。自校に能をよびたい、とお思いの学校さんは、今すぐ、教育委員会へお問い合わせくださいませ!

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

28年度「文化芸術による子供の育成事業」ワークショップの様子−その4 の様子です。

山口県の学校3校へ伺い、

11/7AM  田布施町立麻郷小学校 258人
11/7PM  光市立塩田小学校 59人
11/8  宇部市立上宇部小学校 380人

の生徒さんへワークショップをいたしました。

11月7日午前中の学校の様子。

1107am01.jpg

1107am02.jpg

1107am03.jpg

11月7日午後の学校の様子。

1107pm_01.jpg

1107pm_02.jpg

11月8日の学校の様子。

11008_01.jpg

11008_02.jpg

12月には本公演に伺います!どうぞよろしくお願いいたします!!

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

また、11月2日に行った、島根県 雲南市立海潮中学校での本公演(狂言「柿山伏」、能「安達原」、狂言ワークショップ)の様子が、地元ケーブルテレビのニュースで流れました!

雲南市CATVアーカイブ こちら http://unnan-yume.net/web-catv_archive.php?mode=search&qry_category_flag=1&qry_category=1

(7分30秒から10分くらいまでが、能楽本公演の様子です)

「すべての日本の子ども達に能狂言を鑑賞して欲しい」それが私たちの願いです!!
「能を知る会鎌倉公演−秋の名曲」公演のご報告です [2016年11月07日(Mon)]

11月6日(日)、暖かで良く晴れた秋の日でした。「能を知る会鎌倉公演−秋の名曲」にも、たくさんのお客様がご来場いただきました。ありがとうございました。

解説は、中森貫太
16.11.06 能知会_062.JPG


午前の部 狂言「萩大名」シテ 善竹十郎師 アド 善竹富太郎師、善竹大二郎師
16.11.06 能知会_004.JPG 


午前の部 能「菊慈童」シテ 中森貫太
16.11.06 能知会_051.JPG


16.11.06 能知会_058.JPG


午後の部 狂言「千鳥(ちどり)」シテ 善竹十郎師
16.11.06 能知会_072.JPG


午後の部 能「猩々(しょうじょう)」シテ 中森健之介

16.11.06 能知会_088.JPG

16.11.06 能知会_116.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

鎌倉での公演は、次回は新年明けて1月28日(土) 能の定番曲「羽衣」(午前の部)と「高砂(たかさご)」(午後の部)を上演いたします。

詳しくは こちら http://www.nohbutai.com/perform/index.htm#kamakura-06

1月28日鎌倉公演fix-1.jpg

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

その前の今月11月15日(火) 横浜能楽堂での「能を知る会横浜公演」も、まだ空席ございます!

詳しくは こちら http://www.nohbutai.com/perform/yokohama.htm

11月15日横浜公演fix-1.jpg

ご来場、心よりお待ちしております!!
Posted by kamakura nohbutai at 21:24 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
28年度「文化芸術による子供の育成事業」本公演の様子−その2 [2016年11月05日(Sat)]

28年度「文化芸術による子供の育成事業」、本公演の様子−その2 をご報告します。12月の第4ブロックまで絶賛公演中ですので、途中経過です。

28年度 本公演 第二ブロックは、島根県の学校3校、計303人の生徒さんに、能楽を見ていただきました。

10月31日 大田市立朝波小学校 147人
11月1日 奥出雲町立布勢小学校 102人
11月2日 雲南市立海潮中学校 54人

本公演の流れとしては、午後1時半から3時頃までの公演の場合、
・11時半頃、能楽師(20人+スタッフ3名)到着。簡易舞台を体育館に設営(約30分)
・1時半から 解説、狂言「柿山伏」、休憩20分、能「安達原」(40分)、狂言体験ワークショップ、質疑応答 で90分から100分。
・舞台撤収 30分くらい。4時には全員撤収。
という感じの流れになります。

10月31日の学校

103101.jpg

103102.jpg

103103.jpg

103104.jpg

103105.jpg

103106.jpg

11月1日の学校

110101.jpg

110102.jpg

11月2日の学校

110201.jpg

110202.jpg

110203.jpg

110204.jpg

公演は午後からでも、松江市内のビジネスホテルから能楽師全員で貸切バスで移動し、昼前には学校に到着するため、自由時間は限られていましたが、初日の学校さんに行く途中、出雲大社に参拝できました。神在月に出雲で公演をさせていただけたこと、とてもありがたく、嬉しく存じました。

出雲大社

DSC_4440.JPG

松江城

DSC_4470.JPG
28年度「文化芸術による子供の育成事業」ワークショップの様子−その3 [2016年11月04日(Fri)]

平成28年度「文化芸術による子供の育成事業」のワークショップの様子−その3、をご紹介します。

※平成29年度「文化芸術による子供の育成事業」の学校募集が始まりました!来年は鎌倉能舞台は【北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、札幌市、仙台市】に伺います!該当地域の小中学校は、ぜひご応募くださいませ!

詳しい申込み方法等は こちら をご参照ください。http://blog.canpan.info/nohbutai/archive/464


*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

というわけで、「事前ワークショップ第3ブロック」は、10月26日から28日、広島県の学校5校に伺い、

10月26日AM 広島市立河内小学校 203人
10月26日PM 廿日市市立金剛寺小学校 198人
10月27日AM 安芸高田市立吉田小学校 632人
10月27日PM 世羅町立世羅小学校 398人
10月28日  広島市立己斐上小学校 409人
計 1840人の生徒さんにワークショップを行いました。

事前ワークショップの内容は、第一、第二ブロックと同様、能楽師2名と「打ち杖制作」の指導員1名で伺い、
・プロジェクターを使用して「能楽について」の解説、能の楽器や装束をお見せして、また、能面の解説のあとは、生徒に能面を当てて貰います。
・能「安達原」の中の謡いの一節を皆で練習し、本公演で全員で謡えるようにします。
・能「安達原」で鬼婆の振る「打ち杖(うちづえ)」を、事前に鎌倉能舞台からお送りした「打ち杖紙」で生徒に作成してもらい、全員で、打ち杖を振る型(かた)を体験しました。

1026am_01.jpg

1026am_02.jpg

1026pm_01.jpg

1026pm_02.jpg

1027am_01.jpg

1027pm_01.jpg

1027pm_02.jpg

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

平成29年度の応募チラシです!

29年度版巡回公演応募チラシ-1.jpg

29年度版巡回公演応募チラシ-2.jpg

page001.jpg

| 次へ