CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年10月 | Main | 2014年12月»
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年05月(4)
2017年04月(8)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
       
「玉川大学教育学部学生能楽鑑賞会」公演のご報告 [2014年11月24日(Mon)]

11月20日は横浜能楽堂にて、玉川大学の教育学部一年生の学生能楽鑑賞会を行いました。毎年、350名程の学生さんが参加してくれています。これからの日本の小学校の先生になる学生さんが、教養行事として能楽を鑑賞されるということは、日本の教育にとってもとても意味のある、大事なことだと、毎年ご参加いただいていることに感謝しております。

解説「能の話」 中森貫太

IMG_6290.JPG

狂言「仏師(ぶっし)」深田博治師、岡聡史師

IMG_6295.JPG

能「船弁慶」 前シテ/静御前 中森貫太 子方/源義経 片倉翼くん

IMG_6298.JPG

IMG_6309.JPG

「船」です。

IMG_6315.JPG

後シテ/平知盛の怨霊 中森貫太  ワキ方/弁慶 殿田謙吉師

IMG_6324.JPG

IMG_6334.JPG

学生さんたちも一生懸命観劇してくれました。終演後の質疑応答も活発に質問も出て、頼もしいなーと思いました。ありがとうございました!!
Posted by kamakura nohbutai at 13:31 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会−吉野の能」公演のご報告 [2014年11月24日(Mon)]

11月15日は鎌倉能舞台での「能を知る会−吉野の能」の公演がありました。

午前の部 解説は中森貫太

14.11.15 能知会_007.JPG

午前の部 狂言「膏薬煉」 山本則重師、山本則孝師

14.11.15 能知会_011.JPG

能「吉野天人」 シテ 中森貫太

14.11.15 能知会_031.JPG

後シテの天人(中森貫太)

14.11.15 能知会_044.JPG

午後の部 狂言「瓜盗人」

14.11.15 能知会_077.JPG

能「吉野静」 鈴木啓吾師

14.11.15 能知会_105.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

狂言「瓜盗人」の案山子、楽屋でお作りになって置かれているのをみて、人が座っているかと驚きました! こういうお人形にしたてたのを能舞台に置いて、博物館として観光でいらしたお客様にお見せするのも面白いかなーと思いました。(事務所の人間が舞台に下りるたび、置いてあるのを知っておきながら驚きそうですが!!)(・・夜はコワイかなー)
Posted by kamakura nohbutai at 13:14 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成27年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演」実施校募集開始のお知らせ [2014年11月21日(Fri)]

平成27年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回事業」実施校募集のお知らせ

 小学校・中学校等において一流の文化芸術団体による巡回公演を行い、優れた舞台劇術を鑑賞する機会を提供することにより、子供たちの発想力やコミュニケーション能力の育成を図り、将来の芸術家や観客層を育成し,優れた文化芸術の創造に資することを目的とした文化庁事業です。
※本事業HP  http://www.kodomogeijutsu.com/index.html

『能・狂言教室』 鎌倉能舞台では、次代を担う青少年に、日本の伝統芸能に対する興味を深める事を目的とした「能・狂言」の公演を開催しています。重要無形文化財保持者を中心とした、 能楽界第一線で活躍している経験豊かな能楽師による狂言と能の実演、生徒が一緒に体験するワークショップという内容の公演を、各学校の体育館で上演します。
 
『公演概要』〇公演開催ブロック
Iブロック:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、福岡市、北九州市、熊本市
〇公演実施可能期間
9/14〜9/18, 10/26〜30, 11/16〜11/20, 11/30〜12/10, 1/12〜2/5, 2/15〜2/26 等
〇本公演の内容/(別紙参照)
1 始まりのご挨拶
2 解説 「狂言と能をいよいよ見るぞ!」
3 狂言鑑賞「柿山伏」
4 能鑑賞「安達原」
5 狂言体験ワークショップ
6 質問コーナー           (公演時間計100分)
〇対象: 小・中学生とその保護者
〇提出期限
平成26年12月25日(木)【必着】
上記の提出期限とは,都道府県等が域内の申請を取りまとめて(株)JTBコミュニケーションズへ提出する期限です。学校から都道府県等へ提出する期限については,都道府県等にお問い合わせください。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鎌倉能舞台
担当者名:中森 貫太
TEL:0467-22-5557
Email:webmaster@nohbutai.com
HP:http://www.nohbutai.com/

<鎌倉能舞台 チラシ>

H27巡回公演チラシ「柿山伏・安達原」-1.jpg

H27巡回公演チラシ「柿山伏・安達原」-2.jpg

平成27年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業」−巡回事業」実施校募集のお知らせ.doc

<実施校募集案内書>
平成27年度文化芸術による子供の育成事業実施校募集案内.pdf
平成26年度『文化芸術による子供の育成事業(巡回公演事業)』本公演の様子(第一ブロック) [2014年11月15日(Sat)]

平成26年度『文化芸術による子供の育成事業(巡回公演事業)』本公演の様子をアップしていきたいと思います。

まず、9月29日から10月3日まで行った第一ブロック(京都府)の学校の本公演の様子です。

第一ブロックの鎌倉能舞台公演出演者の先生方は(敬称略ですみません)

囃子方:梶谷英樹 安福光雄 幸正昭 寺井宏明 大川典良 亀井広忠
脇方:殿田謙吉 梅村昌功 則久英志
狂言方:善竹富太郎 善竹大二郎 大藏教義
シテ方:中森貫太 観世喜正 味方玄 浦田保親 駒瀬直也 奥川恒治 鈴木啓吾 永島充 佐久間二郎 小島英明 坂真太郎 河井美紀

です。

本公演の演目は、解説、狂言「柿山伏(かきやまぶし)」、能「安達原(あだちがはら)」、狂言体験ワークショップ、質疑応答で、100分の番組となっています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

9月29日 京都府与謝野町立与謝小学校

IMGA0139.JPG

IMGA0142.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

9月30日 京丹後市立かぶと山小学校

IMGA0152.JPG

IMGA0159.JPG

IMGA0163.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10月1日 園部高等学校附属中学校

IMGA0171.JPG

IMGA0179.JPG

IMGA0182.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10月2日 京都市立梅津小学校

IMGA0193.JPG

IMGA0196.JPG

IMGA0204.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10月3日 福知山市立上六人部小学校

IMGA0215.JPG

IMGA0220.JPG

IMGA0225.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

学校の巡回公演では、上記のような舞台を設定して、狂言と能を行っております。

簡易舞台セットをこちらからワゴン車で運び、能楽師+スタッフで舞台設定を行っています。舞台設定にかかる時間は30分から1時間です。午後1時半からの公演でしたら、11時頃に学校に到着し、舞台設定をさせていただく、という段取りになります。

舞台設定例として、

ステージの上 
IMGA0188.JPG

体育館の床
IMGA0167.JPG

IMGA0208.JPG

簡易幕も設置し、プチ能舞台の出来上がりです。ワークショップ時にお渡しする「能と狂言のしおり」に舞台の図面もあり、事前に舞台についてお話させていただいているので、簡易舞台でもより視覚的に能舞台を感じていただけると思います。

学校体育館のスペース、形状によって、いかようにもさせていただきますので、一例としてご参考にしていただければ幸いです!
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

おかげさまで、平成27年度も鎌倉能舞台では「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演−」を受託させていただきます。今まで45年来学校公演を続けてきております経験を生かして、新しいことも取り入れながら、誠心誠意、勤めさせて頂きたいと思っております。

平成27年度「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演」は、鎌倉能舞台は九州の南側の Iブロック "福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 福岡市 北九州市 熊本市"です。演目は今年度と同じ、狂言「柿山伏」、能「安達原」で回らせていただきます。鎌倉能舞台としてはまたまたアウェイな地域になりますが、たくさんの小中学校で本物の能楽に触れて頂く機会を作りたい!と張り切っております。

今年度以上にパワーアップして、ワークショップ・本公演とも皆様に楽しんでいただけるように頑張りたいと思いますので、福岡、佐賀、長崎、熊本の地域の皆様、ぜひ「文化芸術による子供の育成事業」へのご応募、心よりお待ち申し上げます!!

詳しい応募の仕方は、近日中にこちらのHP http://www.kodomogeijutsu.com/index.html にアップされると思います。

応募は、学校から応募書類を作成し、市の教育委員会、県の教育委員会で取りまとめて提出という形になるようなので、教育委員会への締切をご確認いただくようお願いいたします。

全ての子ども達に能狂言鑑賞の機会を!!これが私たちの願いです。
平成26年度『文化芸術による子供の育成事業(巡回公演事業)』ワークショップの様子 [2014年11月13日(Thu)]

平成26年度に行っている『文化芸術による子供の育成事業(巡回公演事業)』のワークショップの様子をアップしたいと思います。

今年度は中森貫太と助手の先生と2名で能狂言を鑑賞する本公演の前のレクチャーに伺っています。体験としては、本公演の後に狂言の先生による体験を行っておりますが、来年度以降は、事前ワークショップの際に、囃子方の先生も一緒に行っていただき、能の楽器を実際に演奏しての体験ワークショップを行っていきたいと思っています!

9月16日から9月18日まで行った京都府の学校の事前ワークショップの様子です。

IMGA0071.JPG

IMGA0074.JPG

IMGA0029.JPG

このワークショップでは、鎌倉能舞台作成の「能と狂言のしおり」を生徒さん全員にお配りして、事前学習に役立てていただいています!

名称未設定 1.jpg

名称未設定 2.jpg

また、本公演の当日用のパンフレットは下記のような、可愛い絵柄のわかりやすいオリジナルのテキストをご用意しております。

表1.jpg

表2-3.jpg

能狂言を身近に感じて貰える手助けになれば良いなと願っています♪
鎌倉市内小学生向け公演 [2014年11月13日(Thu)]

2014年度も鎌倉能舞台では文化庁地域活性化事業「鎌倉狂言教室」を行っております。鎌倉市内小学校15校の小学生が鎌倉能舞台にきてくれて、狂言鑑賞と体験をしています。

鎌倉市内といっても長谷の鎌倉能舞台までは遠い学校もあり、おりしも観光シーズンで江ノ電がメチャクチャに混んでいたりで来るだけでも大変な中、生徒たちに本物の伝統芸能を体感してもらうために毎年来てくれる鎌倉市内小学校さんと鎌倉市教育委員会に感謝しております。

古都鎌倉に住む生徒さんが学校の授業の一環として日本の伝統芸能を鑑賞・体験してくれるということは、文化を次世代に繋げていく上でもとても大きな意味のあることと嬉しく思います。この事業がずっと継続してくれることを心から願っています。

公演の様子をアップしていきますね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

5月23日は御成小学校の6年生77人が鑑賞に来てくれました。

狂言は大蔵教義先生 他

IMG_5902.JPG

IMG_5910.JPG

IMG_5917.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

6月25日 午前中が第一小学校の6年生114人、午後が今泉小学校の6年生76人が鑑賞に来てくれました。

狂言方は善竹富太郎先生、善竹大二郎先生 他。

IMG_5924.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

7月15日は山崎小学校の6年生110人。

狂言方は大蔵教義先生 他。

IMG_5940.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

7月17日は植木小学校の6年生64人が鑑賞に来てくれました。

狂言方は山本則孝先生 他。

IMG_5947.JPG

IMG_5956.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

9月2日は深沢小学校の6年生140人が鑑賞に来てくれました。

狂言方は山本則孝先生 他。

IMG_5965.JPG

IMG_5971.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10月22日は富士塚小学校の6年生39人が鑑賞に来てくれました。

狂言方は大蔵教義先生 他。

IMG_6164.JPG

IMG_6166.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

11月13日は午前中は腰越小学校の6年生81人、午後は第二小学校の5年生74人が鑑賞に来てくれました。

狂言方は大蔵教義先生 他。

IMG_6282.JPG

IMG_6284.JPG

IMG_6287.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このように、能舞台でお話を聞き、狂言方の先生の舞台を鑑賞し、足袋を履いて舞台にあがって今見た狂言の所作を体験してくれています。みんな、お腹から大きな声を出して、楽しく体験してくれています。

古都鎌倉の子ども達が日本の伝統文化を体験してくれているということは、本当に貴重なことだと思います。文化というものは目には見えないし、無くても生きていけるけれど、日本人として伝統文化身近に感じ、大切に思う気持ちが宿ってくれたと信じています。

日本全国の小学校でやって欲しい事業ですね!!
善福寺能 [2014年11月13日(Thu)]

公演のご報告が遅くなりました。

10月25日は小田原の善福寺様の本殿で、仕舞と能「羽衣」の公演を行いました。

名称未設定 2.jpg

名称未設定 4.jpg

名称未設定 5.jpg

お客様も140人ほどお入りいただいたそうです。ありがとうございました。

善福寺様HP 
Posted by kamakura nohbutai at 14:13 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)