CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年05月 | Main | 2014年07月»
<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
能を知る会東京公演〜中森晶三七回忌追善会〜 公演のご報告 [2014年06月30日(Mon)]

6月15日、国立能楽堂での「能を知る会東京公演〜中森晶三七回忌追善」は無事に終了いたしました。

七回忌追善ということで、鎌倉能舞台創立者 中森晶三の遺影と花を飾りました。亡くなって7年もたつと中森晶三の人となりをご存じ無い方も多かろうと、中森晶三が生前に書いた自伝をご興味のある方に読んでいただこうと持ってきました。また、当時の読売新聞に塩崎記者が書いてくださった遺稿のコピーも置かせていただきました。

14.06.15 能知会 (3).JPG

最初に中森貫太の挨拶があり

14.06.15 能知会 (8).JPG

晶三師直弟子の能楽師による連吟「海士」

14.06.15 能知会 (10).JPG

仕舞 「清経」 五木田三郎師

14.06.15 能知会 (17).JPG

仕舞 「融」 観世喜正師

14.06.15 能知会 (21).JPG

狂言 「縄綯」 シテ 山本東次郎師、アド 山本泰太郎師

14.06.15 能知会 (35).JPG

仕舞 「卒都婆小町」 観世喜之師

14.06.15 能知会 (46).JPG

能 「砧 梓之出」 前シテ 中森貫太 ツレ 佐久間二郎師

14.06.15 能知会 (91).JPG

後シテ 中森貫太

14.06.15 能知会 (138).JPG

懐かしい晶三先生のお弟子様などもたくさんご来場賜り、客席も華やぎました。ご来場いただいた全てのお客様に感謝いたします。

向後、中森晶三 十三回忌追善の会も、中森貫太、中森貫太の長男健之介を中心に、変わらなく公演を催せるよう祈っております。能楽を後世に継承できる平和で文化的な時代でありますように。

(写真撮影:駒井壮介氏)
Posted by kamakura nohbutai at 16:10 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
相模薪能(寒川神社薪能)のご案内 [2014年06月16日(Mon)]

終戦記念日である8月15日、恒久平和を祈り、相模薪能が開催されます。

今年は45回記念として、寒川神社少年館のお子さんたちも、能「江野島」の童子、能「鞍馬天狗」の花見稚児として舞台に出演されます。(現在、猛お稽古中!)

鑑賞をご希望される方は、7月1日以降の消印で、往復葉書でのお申し込みとなります。鑑賞料は無料です。

相模一之宮 寒川神社様での薪能にぜひご来場くださいませ。

番組、ご案内詳細は以下の通りです。

page001.jpg

page002.jpg

samukawa_01.jpg

ご来場、心よりお待ち申し上げます!!
Posted by kamakura nohbutai at 15:55 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
雑誌掲載のお知らせ 2 [2014年06月11日(Wed)]

東京大仏(乗蓮寺)の若林ご住職のご縁で、作家の関容子先生が「この人に会いたい」というシリーズで中森貫太について記事を書いてくださっています。
ありがとうございますm(__)m

001.jpg

002.jpg

003.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 23:19 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
雑誌掲載のお知らせ 1 [2014年06月11日(Wed)]

辰巳出版から刊行の「プードルスタイル」に、「能舞台の看板娘」with 貫太先生の記事が掲載されていますぴかぴか(新しい)

プードルスタイルVol.12
http://www.tg-net.co.jp/item/4777813142.html?isAZ=true

能についての記述もしていただき、ありがとうございました。プードル好きの方にも鎌倉能舞台にお越しいただければ嬉しいですグッド(上向き矢印)

poodle_02.jpg

poodle_03.jpg

poodle_01.jpg


Posted by kamakura nohbutai at 17:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6月15日 東京公演 [2014年06月11日(Wed)]

今週末、6月15日は東京公演がございます。

お席はまだまだございますので、ぜひお出かけくださいませ!

開場は午後1時15分、開演は2時、能「砧」の始まりが3時半くらい、終演予定は5時〜5時半です!

0615.jpg

ご来場、心よりお待ちしております!!
Posted by kamakura nohbutai at 14:31 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能を知る会鎌倉公演〜源氏物語と能〜 公演ご報告 [2014年06月11日(Wed)]

6月7日は鎌倉能舞台での「能を知る会」でした。梅雨らしい(?)大雨の中!ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました。

解説は国文学研究所の小林健二氏。

14.06.07 能知会_017.JPG

午前の部 狂言「惣八(そうはち)」 山本泰太郎師、山本則孝師、山本則重師

14.06.07 能知会_041.JPG

舞台小道具のまな板と魚の写真もパチリ。

14.06.07 能知会_023.JPG

午前の部 能「玉鬘(たまかづら)」 シテ 中森貫太 

前シテ

14.06.07 能知会_055.JPG

後シテ

14.06.07 能知会_089.JPG

質疑応答 中森貫太

午後の部 狂言「梟(ふくろう)」

14.06.07 能知会_111.JPG

午後の部「夕顔(ゆうがお)」 シテ 古川充師

14.06.07 能知会_123.JPG

(写真撮影:駒井荘介氏)


なお、解説の尾島先生ですが、年間のスケジュールで解説を尾島政雄氏にお願いしておりましたが、先月ご体調を崩され、急逝されてしまわれました。鎌倉能舞台の公演でも大変いつも興味深いお話をしてくださり、暖かいお人柄に癒されておりましたのに、本当に残念でございます。ご冥福を心よりお祈りいたします。
Posted by kamakura nohbutai at 13:26 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)