CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年10月 | Main | 2013年12月»
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年05月(4)
2017年04月(8)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
       
【予告】文化芸術による子供の育成事業(巡回公演事業)〜募集のお知らせ [2013年11月23日(Sat)]

文化庁の学校巡回事業「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演−」にご参加されませんか?

平成26年度、鎌倉能舞台は「新潟県、富山県、石川県、福井県、京都府」エリアで、学校巡回公演をさせていただくこととなりました。(エリアは文化庁からの割り振りです)

上記エリアで、「ウチの学校の体育館で能狂言を生徒たちに見せたい」と思われる学校様は、ぜひ学校応募期間に申請してくださいませ!

申請は、こちらのHP 「次代を担う子供の文化芸術体験事業」 http://www.kodomogeijutsu.com/index.html より、申請書をダウンロードし、市、または県の教育委員会を通じて、文化庁宛に応募されてください。

多分今月中に申請のページがアップされると思います! そして、応募期間は例年12月上旬と多分かなりタイトなスケジュールになると思うので、上記HPや、文化庁のお知らせページをまめにチェックしてくださいませ。

鎌倉能舞台では、平成20年〜24年までこの事業に参加しており、毎年1万人以上の生徒さんに能・狂言を鑑賞して貰っております。

ユネスコの文化遺産に認定された「能楽(のうがく)」とは、能と狂言がセットになったもの、と考えております。なので、せっかくの文化庁の事業、次代を担う子供たちにはぜひ能と狂言、両方をセットで見て欲しい。

その考えより、鎌倉能舞台が学校でする公演は、解説・狂言「柿山伏(かきやまぶし)」・能「安達原(あだちがはら)」・狂言体験・質疑応答、というフルコースでさせていただきます。

フルコースとはいえ、小学生さんから飽きずに見て頂けるよう、全行程で100分に詰めて行います。

能もフルバージョンより詰めて行いますが、出演者は東京の別会で組める、一流の能楽師チームで参ります。なぜならば、次代を担う子ども達にはぜひ本物の能楽を見て欲しいので・・・ そのあたり、手抜きはいたしません!

また、学校の体育館で行いますが、長年(鎌倉能舞台では、先代の中森晶三が学校公演に熱心だったため、40年来の学校能鑑賞の実績がございます ( ̄^ ̄) ←)の経験より生み出した、”簡易能舞台セット”を、ワゴン車に乗せて伺いますので、一時間ほどの下準備の後、体育館の一角に、能舞台が出来上がります! 舞台の設定も能楽師&スタッフで行いますので、学校側のお手をわずらわせることはありません。

学校教育の場で子ども達に日本の伝統文化「能楽」に触れて欲しい・・・ その願いを叶えてくれる、貴重な事業です。

ぜひ一校でも多くの学校が参加して欲しい・・・そう願っています。

平成24年度に行った公演の記事は

文化庁公演第一ブロック  文化庁公演第二ブロック 文化庁公演第三ブロック 文化庁公演追加公演

にありますので、ぜひご参照くださいませ。

また、平成26年度募集用に作成したチラシは以下の三枚です。

26jidai_0001.jpg

26jidai_0002.jpg

文化庁事業お知らせ-1.jpg

鎌倉能舞台としてはアウェイなエリアなのでダッシュ(走り出すさま)参加校があるか・・・ちょっと不安です。たくさんの学校で能楽公演をさせていただけますように。

「全ての子ども達に能・狂言鑑賞の場を」それが私たちの願いです!
玉川大学学生能 [2013年11月23日(Sat)]

11月21日は横浜能楽堂で玉川大学の教育学部の生徒さん、350名が能・狂言を鑑賞してくれました。

これから学校の先生になられる学生さんが、全員能狂言を鑑賞してくださること・・・とても嬉しく思います。

公演後の質問もバリバリ出ていました。これからの日本の子ども達を教育していく先生(候補生!)がまず日本の伝統芸能を知ってくれること・・・ とても重要なことですよね。

玉川大学様以外でも、「能狂言鑑賞」を、教職を取るための必修にしてくれても良いんじゃないかしら?と思います。先生がまず知ってくれてこそ、次代を担う子ども達に日本の伝統文化を教え継いでいける・・・そう思います。

というわけで、

解説は中森貫太。 この公演の前に玉川大学に伺い、事前講習を行っておりますので、当日は実際の舞台の上で、舞台について、本日の公演についてなどなど、補足解説を行いました。

狂言「膏薬煉」 善竹富太郎師、善竹大二郎師

IMG_5497.JPG

能「安達原」 シテ 中森貫太 ワキ方 殿田謙吉師

IMG_5509.JPG

IMG_5531.JPG

来年も玉川大学さんの公演日程も決めていただきました。玉川出身の先生が一度でも能狂言をご覧いただいていること、本当に嬉しく、頼もしく思っております。ありがとうございました。
学校狂言教室 [2013年11月23日(Sat)]

日本財団様助成事業の、鎌倉能舞台こども狂言教室の報告記事をためてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

6月実施の4校の記事は こちら
では、7月末の1校、10月の2校、11月の2校と一気に5校の様子をアップします!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・ 7月24日は中央大学附属杉並高校の生徒さんが狂言鑑賞されました。韓国の忠州市(とんじゅ市)からの留学生さん27名を含む、高校生53名です。

狂言「柿山伏」 大藏教義師、榎本元師

IMG_4920.JPG

通訳の方がついていて、韓国の学生さんも楽しそうに体験にも参加されました。

IMG_4926.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・ 10月10日は横浜国大附属鎌倉小学校の6年生114名が狂言鑑賞されました。

狂言「柿山伏」 大藏基誠師、川野誠一師

体験の様子

IMG_5201.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・ 10月30日は国際基督教大学高等学校の生徒さん254名が狂言を鑑賞されました。こちらの学校は国際色豊かな生徒さんたちで、ライブのように狂言も体験も楽しんでくれていました。

狂言「附子(ぶす)」 善竹富太郎師、善竹大二郎師、前田侑太郎師

IMG_5363.JPG

IMG_5401.JPG

カンタ先生の解説も興味深く聞いてくれていました。

IMG_5392.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・ 10月31日は大和市立西鶴間小学校 6年生106名が狂言鑑賞されました。

狂言「柿山伏」 大藏教義師、宮本昇師

体験の様子

IMG_5446.JPG


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・ 11月12日は春日部市立緑小学校 6年生81名が狂言鑑賞されました。

狂言「柿山伏」 善竹富太郎師、川野誠一師

IMG_5471.JPG

IMG_5472.JPG


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・ 11月19日は杉戸町立第二小学校 6年生98名が狂言鑑賞されました。

狂言「柿山伏」 善竹富太郎師 川野誠一師

IMG_5478.JPG

IMG_5482.JPG

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ということで、駆け足で狂言鑑賞教室の報告をいたしました!

他にも、文化庁の地域活性化事業で、鎌倉市内小学校(全16校のうち、14校が参加)の狂言教室をさせていただいておりまして、7月から10月までに10校済んでおります。・・・もカメラに公演の様子をおさめてあるので、おいおいアップします〜!
今月の横浜公演! [2013年11月14日(Thu)]

11月27位(水)午後1時より、横浜能楽堂におきまして「能を知る会 横浜公演」がございます。

伊勢神宮式年遷宮を記念して、アナウンサーの葛西聖司氏の「日本人と伊勢信仰」をテーマにした講演、狂言「素袍落(すおうおとし)」野村萬斎師、能「絵馬」中森貫太、という番組立てとなっております。

出演者の多い、豪華番組立てです!まだ空席がございます。ご来場、心よりお待ち申し上げております!

公演の詳細は <こちら> 

1127.jpg

1127_02.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 12:07 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「小田原 善福寺」での「清経」〜公演ご報告〜 [2013年11月14日(Thu)]

先月、10月26日、小田原の善福寺にて、能「清経」をさせていただきました。

善福寺のご住職様。

IMG_5279.JPG

能「清経」 シテ 中森貫太

IMG_5349.JPG

こちらのお寺でははじめての能公演でしたが、本堂での「清経」、無事に公演させて頂き、ありがとうございました。

小田原善福寺 HP こちら
Posted by kamakura nohbutai at 11:43 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県民能鎌倉公演「葵上」「鉄輪」〜公演ご報告 [2013年11月14日(Thu)]

11月9日、鎌倉能舞台にての「能を知る会鎌倉公演」無事に終了いたしました。

解説は「女の情念」について・・中森貫太

13.11.09 能知会_005.JPG

午前の部 狂言「二九十八(にくじゅうはち)」 シテ 山本泰太郎師

13.11.09 能知会_011.JPG

能「葵上」 シテ 中森貫太、ワキ 森常好師

前シテ
13.11.09 能知会_031.JPG

後シテ
13.11.09 能知会_061.JPG

午後の部 狂言「因幡堂(いなばどう)」 シテ 山本則重師

13.11.09 能知会_079.JPG

能「鉄輪(かなわ)」 シテ 坂真太郎師

13.11.09 能知会_117.JPG

女性が鬼に変わる人気曲2番でした が、「女が鬼に変化していく」能、なわけでは無く、「葵上」では、横川小聖の祈祷により、そして「鉄輪」では安倍晴明の祈りにより、女の生き霊が姿を消す・・という、救いの物語なのだそうです手(チョキ)
Posted by kamakura nohbutai at 10:58 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今週の能公演♪ [2013年11月06日(Wed)]

今週の土曜日、鎌倉能舞台で「能を知る会鎌倉公演」がございます!

副題を −裏切られた恋− と題して、10時始めの回が  狂言 「二九十八(にくじゅうはち)」(山本泰太郎師) 、 能 「葵上(あおいのうえ)」(中森貫太)、 14時始めの回が  狂言 「因幡堂(いなばどう)」(山本則孝師) 、 能 「鉄輪(かなわ)」(坂真太郎師)、という番組です。

能の中でも有名な、初心者の方でもお楽しみになれる小品です!

現代のドラマではドロドロの愛憎劇になりそうなテーマを狂言や能ではどう表現するか・・・、また嫉妬に狂った女性がどのように鬼に変化して行くか・・・をご覧戴きます。 捨てた男が悪いのか、捨てられた女が悪いのかはお客様のご判断にお任せいたします!・・・とのこと。

午前・午後とも空席あります!

紅葉にはちょっとまだ早い鎌倉ですが、芸術の秋、鎌倉で能鑑賞はいかがでしょうか?

ご来場、お待ち申し上げております!!

1109.jpg


チケットの申し込み等、詳しい内容は <こちらのページ> をご参照ください!!
Posted by kamakura nohbutai at 23:29 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)