CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年01月 | Main | 2013年03月»
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」 [2013年02月28日(Thu)]

平成 24 年度文化芸術振興費補助金 (文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業) として行っていた、鎌倉市内小学校狂言教室が、本日の公演で終了しました。

鎌倉市内の市立小学校16校のうち、平成24年度は14校の小学校が参加してくれました。この事業は平成24年度で3年目だったのですが、はじめて行った平成21年度は9校、平成22年度は14校、そして3年目の平成24年度は14校参加と参加校が増えたのは、良い事業だと先生方の間で認識していただいたおかげと、嬉しく思います。

本日は大船小学校5年生の生徒さんたち。一度開催が決まっていた日程にインフルエンザで学級閉鎖になってしまい、開催日を月末に移動してのリベンジ!でした。

最初にいつものように中森貫太による能狂言の歴史や音楽、能面・装束にまで至る内容は壮大な(?!)、時間にして15分〜20分間の解説。

4479.jpg

狂言「柿山伏」 万作の会から、深田博治師、岡聡史師のご出演でした。

4494.jpg

最後に、足袋を履いた生徒さんが舞台の上に上がり、狂言の所作を教えて貰います。

4504.jpg

4508.jpg

今年度、参加してくださった小学校です。

sankako.JPG

来年度もぜひ子ども達に狂言を見せたい&見せて欲しいと、鎌倉能舞台&小学校の思いは溢れているので黒ハート、平成25年度もぜひこの事業を続けられればいいなーーーと心から思っています。

・・・というわけで、報告書&そして平成25年度の応募、ガンバリマス手(グー)

(・・・申請書類が難しくて難しくてくじけそうな自分の心に、喝っ!!)
伝統音楽普及促進支援事業 [2013年02月26日(Tue)]

文化庁事業「伝統音楽普及促進支援事業」の報告です。

先日、20日の講座で、平成24年度の鎌倉能舞台承りの伝統音楽普及促進支援事業が終了しました。

鎌倉市内中学校の音楽の先生が、学校の授業で生徒たちに能狂言を伝統的な音楽として知って貰うために、どのように教えたらいいのか・・を先生と能楽師が合同で研究する、という事業です。

学校の先生たちが生徒たちに教えられるように、楽器の演奏を体験する・・という試みをいたしました。

最終回なので、能楽師の実演を先生方に聴いていただき、

4452.JPG

その後、それぞれの楽器を手に実演の仕方を先生方に学んでいただきました。

4463.JPG

4465.JPG

4468.JPG

これから一年間の成果&ご報告をまとめていきます!

Posted by kamakura nohbutai at 12:29 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」(巡回公演事業)追加公演  [2013年02月25日(Mon)]

公演報告が遅くなりました。

2月の上旬、「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」(巡回公演事業)の追加公演を愛媛県、徳島県、兵庫県の学校で行いました。

出演者は、シテ方は観世九皐会メンバー、ワキ方は殿田謙吉師、森常太郎師、則久英志師、囃子方は亀井広忠師、幸正昭師、寺井宏明師、観世元伯師、狂言は万作の会から高野 和憲師、岡聡史師、中村修一師、のいつもながらの豪華メンバーぴかぴか(新しい)

今回は3日間で、愛媛県→徳島県→兵庫県宝塚市までバスで移動!という、強行軍でした。

平成25年2月5日は、愛媛県大洲市立平小学校

こちらの学校の公演の様子は学校様が作ってくださったpdfでご覧ください!

H25.2.5能舞台本公演写真.pdf

翌日、2月6日は徳島市の加茂名南小学校

13.02.06 徳島(58).JPG

13.02.06 徳島(70).JPG

13.02.06 徳島(103).JPG

今回は鏡板を模したスクリーンを新導入して、ますます”能舞台らしく”ステージが組めるようになりました!

最初の舞台設定&最後の片付けは能楽師全員で・・・

13.02.06 徳島(147).JPG

皆様いつもご協力ありがとうございまするんるん

平成25年2月7日は宝塚市立すみれが丘小学校

画像 003.jpg

画像 004.jpg

画像 007.jpg

体験は舞台と見所とみんなで体験をしました。

というわけで、鎌倉能舞台が請け負いました平成24年度の文化庁事業「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」(巡回公演事業)は、この公演をもちまして無事終了いたしました。

平成25年度は悲しいことに鎌倉能舞台は不採択となってしまいましたのでたらーっ(汗)、40年来行っている学生さん向けの能狂言鑑賞会のノウハウを他で発揮できるよう、頑張ります。

どこの学校さんへもこちらの簡易舞台設備一式引き下げて出張いたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!!

『かながわ★青少年のための能楽ワークショップ』開催のお知らせ [2013年02月18日(Mon)]

神奈川県主催の講演のお知らせですかわいい

『かながわ★青少年のための能楽ワークショップ』開催のお知らせ 

神奈川県では、次代を担う青少年のみなさんに、日ごろ触れる機会の少ない能楽の世界を身近に感じてもらい、日本の伝統芸能に対する興味を深める事を目的としてワークショップを開催します。

 能のセリフをうたったり、能面をつけて歩いてみたり、楽器を演奏してみたり、能の衣装を着てみたりと、盛り沢山の内容で、楽しみながら能楽のすばらしさ、奥深さを学びます。ぜひこの機会に、日本を代表する伝統芸能「能楽」にチャレンジしてください!
(主催:神奈川県 / 出演:鎌倉能舞台)

詳しい内容は こちら 
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f450038/
募集チラシpdf:http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/life/584635_1280024_misc.pdf

ken_ws_1.jpg

【ワークショップ概要】
* 日時:平成25年3月28日(木曜日)13時30分開始(16時終了予定)
* 会場:県立青少年センター (住所:横浜市西区紅葉ヶ丘9-1、交通アクセス:JR桜木町下車徒歩約10分)
県立青少年センターホームページhttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f602/
* 講師:中森 貫太(観世流シテ方、重要無形文化財総合指定保持者) ほか(←囃子方4名ご参加予定。実際に能の楽器を受講者の方に体験していただきます!!)
公益財団法人鎌倉能舞台ホームページ: http://www.nohbutai.com/

【 内容】
1 解説「能の歴史」
2 謡曲「高砂」をうたってみよう!
3 能楽体験(人数によってグループ分けをします)
 (1)能面をつけてみよう!
 (2)能の楽器を演奏してみよう!
 (3)能の装束を着てみよう!
(4)舞囃子「高砂」にチャレンジ!
4 質疑応答

【ワークショップの申込みについて】
* インターネットによる申込み方法
かながわ★青少年のための能楽ワークショップ申込みフォーム
https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=2000000370&check
* 往復はがきによる申込み方法
往復はがきに、参加者氏名(ふりがな)と学年、保護者氏名、郵便番号、住所、電 話番号、を明記のうえ
〒231-8588(住所を記載しなくても届きます。)県文化課 能楽ワークショップ係
までご応募ください。(返信用はがきに、住所・氏名を忘れずにご記入ください。)
* 応募資格:小学生以上高校生以下(※保護者の方も見学できます。)
* 定員:30名
* 応募締切:平成25年2月28日(木曜日)必着
* 参加料金:1,000円(※見学者は無料です。)
* 参加者の決定
・定員を超えた場合は抽選となります。
・抽選結果は、インターネットによるお申込みの場合はメールにて、往復はがきによるお申込みの場合は返信用はがきにて、お知らせいたします。
・抽選結果は、3月10日頃までにお知らせいたします。
* 注意事項
応募の際に住所等記入漏れがあった場合には、無効となることがあります。
* 個人情報の取扱い
提供いただいた個人情報は、本事業に関する業務以外の目的では使用しません。

【このページに関するお問い合わせ先】
* 県民局 くらし文化部 文化課
http://www.pref.kanagawa.jp/div/0204/
* 県民局 くらし文化部 文化課へのお問い合わせフォーム
https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=1180546089&check
* 文化事業グループ: 電話 045-210-3808


Posted by kamakura nohbutai at 10:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成25年度「能を知る会」が刷り上がりました!! [2013年02月05日(Tue)]

ひらめき平成25年度の主催公演スケジュール表が出来上がりました!!

nenkan_25.jpg

pdfはこちら 
表面 / 裏面

そして皆様にお知らせです。今年度から鎌倉能舞台に限らず、横浜能楽堂・国立能楽堂での「能を知る会」において、お席のご指定を承ることにいたしました。

詳しいご案内はこちら

〜座席指定導入について〜
http://www.nohbutai.com/contents/03/0tyuui.htm

【入場券】 入場料金は、鎌倉公演「全席 5,500円」、横浜公演「正面席 7,000円」「「脇正面席・中正面席 5,500円」、東京公演「正面席 8,000円」「脇正面・中正面席 6,000円」です。

入場券で、座席の指定の無い、当該席(正面席は正面、中正面・脇正面席はそれぞれ中正面か脇正面)(鎌倉公演に関しては全席)にお座りになれます。

【座席の指定】 平成25年度より、全公演、座席の指定のご希望を承ります。「〇月○日の公演は△列目の△番で観劇したい!」というご希望のお客様は、入場料金+1,000円でお好きなお席を指定できます。ご希望のお席が空いているか、鎌倉能舞台事務局までお電話いただき、お取りするお席をご相談くださいませ。

メールフォームでお申し込みのお客様は、ご希望のお席を備考欄にお書きくださいませ。折返し、事務局より電話にてお席のご相談をさせていただきます。お電話で確認の後、指定席の確定とさせていただきます。

【自由席】 座席の指定をご希望されない方は、入場券で指定の無いお席にお座りいただけます。座席数より売り越すことはございませんので、座席を指定されていないとお席が無いということはありませんので、ご安心してご来場くださいませ。

〜ここまで〜

というわけで、お席の指定をご希望の方は、平日10時〜5時までの時間に鎌倉能舞台事務局までお問い合わせくださいませ。

平成25年度もよろしくお願いいたします!!
Posted by kamakura nohbutai at 12:01 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)