CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年10月 | Main | 2012年12月»
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年10月(5)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
       
新春の能 [2012年11月26日(Mon)]

「能を知る会」の、新春1月の公演のお知らせです。

平成25年第一回目の「能を知る会」は、1月12日(土)「能を知る会鎌倉公演」です。

”梅の能”をテーマに、午前の部は狂言「佐渡狐(さどぎつね)」(山本泰太郎師)、能「弱法師(よろぼし)」(中森貫太)、

午後の部は狂言「末広(すえひろ)」(山本則孝師)、能「花月(かげつ)」(鈴木啓吾師)となります。

午前・午後とも空席ございます!! 新春の鎌倉詣での折に、長谷の鎌倉能舞台での能の鑑賞はいかがでしょうか?

お申し込み、お待ちしております!!!

0112_1.jpg

eプラスでもチケット販売しております。

<午前の部「弱法師」>http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002087920P0030001P0006

<午後の部「花月」>http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002087923P0030001P0006
Posted by kamakura nohbutai at 16:17 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成25年度鎌倉能舞台主催公演 仮番組 [2012年11月26日(Mon)]

平成25年度(2013年)の、鎌倉能舞台主催公演の仮番組ができました!

25karibangumi_1.jpg

鎌倉能舞台友の会会員様には12月中旬までに仮番組と先行申込みの用紙をお送り致します。先行申込みは1月上旬に受け付け開始(座席指定も同時に)の予定です。一般のお客様のお申し込み受付は、印刷の年間スケジュール表が出来上がってから(2月下旬予定)承ります。いま暫くお待ちくださいませ。

「鎌倉能舞台友の会」のご案内は <こちら> です。年会費は2000円です。

友の会申込みは <こちらのフォーム> からできます。

平成25年度もよろしくお願いいたします!!



Posted by kamakura nohbutai at 16:01 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能を知る会鎌倉特別公演「定家」 [2012年11月25日(Sun)]

能を知る会鎌倉特別公演「定家」、無事に終了しました。三連休で鎌倉はムチャ混みだったようです。混雑の中、ご来場いただきましたお客様、ありがとうございます。

最初に元NHKアナウンサー葛西聖司氏に解説をしていただきました。

12.11.25 能知会_002.JPG

能「定家(ていか)」 シテ 中森貫太

21.jpg


唐織は「定家」の決まり柄「紅白段葛屋(こうはくだんくずや)」。師匠家から拝借いたしました。 面は「若女(わかおんな)」

12.11.25 能知会_011.JPG

間狂言 善竹十郎師

24.jpg

後シテ (中森貫太)

12.11.25 能知会_035.JPG

最後に装束から紋付に着替えての中森貫太による質疑応答。

47.jpg

上演時間2時間でした。皆様お疲れ様でした & ありがとうございました!

(写真撮影:駒井壮介氏 他)
Posted by kamakura nohbutai at 22:58 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狂言教室 [2012年11月25日(Sun)]

11月21日は埼玉県の小学生さんの狂言教室でした。

秋の行楽シーズンまっただ中の鎌倉。小学生さんたちのバスが渋滞にはまってしまい、1時間遅れの開演となりました。生徒さんもお疲れ様でした。

解説は狂言方の大蔵教義師

01.jpg

狂言「柿山伏」 榎本元師、宮本昇師

02.jpg

体験。生徒さんものりのりに楽しんでやってくれました。

03.jpg

今年の狂言教室(日本財団事業)は終了です。1月と2月には鎌倉市内小学校の狂言教室(文化庁 地域活性化事業)があります。子ども達の喜ぶ顔が私たちの支えです。来年度もぜひ狂言教室をたくさんさせていただけますようにと、願っています!!!!
「いざ 鎌倉!」コラボ公演 終了 [2012年11月18日(Sun)]

「いざ 鎌倉!」神奈川県主催イベントの第2プログラム、弦楽四重奏×二十五弦琴×能のコラボ公演、無事終了しました!!

本日もハガキによる抽選に当選されたお客様で鎌倉能舞台の見所はいっぱいになりました。ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました。

詳しいプログラムはこちら

izakamakura_-2.jpg

最初の、神奈川フィルオーケストラの弦楽四重奏

12.11.18 いざ鎌倉A_004.JPG

能舞台での弦楽器の演奏、とても優しい音で響き、素晴らしかったです!!

次に、弦楽器と二十五弦琴(中井智也氏)とのコラボ

12.11.18 いざ鎌倉A_007.JPG

中森貫太、中井氏、編曲を担当された高橋氏とのMC

12.11.18 いざ鎌倉A_010.JPG

中井氏作曲による二十五弦琴のソロ

12.11.18 いざ鎌倉A_014.JPG

この、二十五弦琴の響きが能舞台ととてもあって、本当に美しい演奏でした。

最後に、中井氏作曲による「井筒」と中森貫太の能の舞とのコラボ

12.11.18 いざ鎌倉A_019.JPG

中井氏と貫太氏とのコラボ、とても良かったです。中井氏はとても能について勉強されているのがわかりました。紋付姿での琴と舞、素晴らしい共演でした。

(写真撮影:駒井壮介氏)

デジカメの動画で撮ったものですが、ほんのちょっと、雰囲気だけこちらでご覧いただけます。

http://youtu.be/Mgwi2d_ZA_g

最後に、今回この企画を考えてくださった県の方々、本日の演奏者たち、間にたっていろいろとりまとめをしてくださったイベント会社の方々の、お疲れ様集合写真をパチリ。

IMG_3886.jpg

本当に素晴らしく、そして楽しい企画でした。ありがとうございました!!
Posted by kamakura nohbutai at 23:56 | 貸し舞台 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会 鎌倉公演」”唐の能” [2012年11月16日(Fri)]

本日は「能を知る会 鎌倉公演」でした。午前・午後ともたくさんのお客様にご来場賜りました。ありがとうございました。

午前の部は、

解説は「唐の能」中森貫太

IMG_3826.jpg

狂言「萩大名」 野村萬斎師、 中村修一師

12.11.16 能知会(8).JPG

仕舞「楊貴妃」 観世喜正師

12.11.16 能知会(21).JPG

仕舞「鍾馗」 駒瀬直也師

12.11.16 能知会(28).JPG

能「猩々(しょうじょう)」 中森貫太

12.11.16 能知会(37).JPG

IMG_3824.jpg

午後の部は

解説は同じく「唐の能」 中森貫太

狂言「栗焼(くりやき)」 野村萬斎師

12.11.16 能知会_063.JPG

能「天鼓(てんこ)」 観世喜正師

12.11.16 能知会_081.JPG

12.11.16 能知会_093.JPG

赤頭、黒頭と華やかな公演の1日でした。

(写真撮影:駒井壮介氏)


次回の「能を知る会」は来週の日曜日、鎌倉能舞台にて、11月25日「定家」となりなります。こちらは2時間近くの大曲となりますが・・ まだお席はございますので、よろしければお出かけくださいませ!!

1125_1.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 23:19 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
建長寺での「いざ 鎌倉!」終了 [2012年11月15日(Thu)]

能楽×弦楽オーケストラ×邦楽 「いざ、鎌倉! 〜伝統と新たなる創造へ〜」 (詳細は こちら )、プログラム1,無事終了いたしました!!

往復葉書でお申し込みくださったお客様のうち、当選された250人がご来場くださいました。鎌倉市長にもお着物姿でご来場賜りました。ありがとうございました。

建長寺の竜王殿の仏様の前に舞台を作り、能の弦楽とのコラボは、弦楽オーケストラは舞台の正面=お客様の後ろから演奏されました。

12.11.14 いざ鎌倉@_058.JPG

最初に、中森貫太、神奈川フィルハーモニーの指揮者 永峰大輔氏、建長寺宗務総長の高井雅俊氏のプレトークを行いました。

12.11.14 いざ鎌倉@_005.JPG

総合司会の葛西聖司氏。

12.11.14 いざ鎌倉@_002.JPG

プレトークの後、かなフィルによるメンデルスゾーンの演奏が舞台の上であり、

狂言「鐘の音(かねのね)」 シテ 善竹富太郎師

12.11.14 いざ鎌倉@_013.JPG

能「鉢木」 シテ 中森貫太

12.11.14 いざ鎌倉@_035.JPG

オーケストラはこんな感じで、「炎がゆらめく様」 「戦場の場面」 「退場の場面」 などに能に合わせて音楽を奏でました。

12.11.14 いざ鎌倉@_020.JPG

「鉢木」ワキ 殿田謙吉師

12.11.14 いざ鎌倉@_049.JPG

生声と弦楽奏だと音のボリュームの差がどうしても出てしまうのは否めません。今回の企画はとても面白く良かったので、次回、また機会を頂けるならば、能楽側にマイクをつけていただき音のボリュームを弦楽と合わせていただけたらな〜と思いました。

でも、お能を見ながら、後ろからは素晴らしい弦楽オーケストラの生演奏が聞こえてくる・・・とてつもなく贅沢な空間でした!!お能の型ともピッタリ合った演奏で、お互いにプロ同士の芸術力の高さに感動しました。

またぜひ機会がありましたら、さらに発展させた形で実現&継続さていただけたら・・嬉しいですねexclamation×2

日曜日はこのコラボイベント第2弾があります。そちらも楽しみです!

その前に、16日 金曜日は「能を知る会 鎌倉公演」がありますひらめき

大忙しの1週間ですが、ガンバリマスexclamation×2

12.11.14 いざ鎌倉@_047.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)
Posted by kamakura nohbutai at 00:23 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あなたが主役 50ボイス  NHK [2012年11月08日(Thu)]

『あなたが主役 50ボイス』
11月8日(木)午後10時55分〜11時25分

http://www.nhk.or.jp/program/50voice/

あなたが主役 50ボイス「武士の都・鎌倉ボイス」
50人の生の声を通して、現代ニッポン人の本音に迫る視聴者参加型インタビュー番組。大河ドラマ「平清盛」は、舞台をいよいよ源頼朝の本拠地・鎌倉へと移す…ということで鎌倉に光を当てる。史跡、神社仏閣など歴史的建造物はもとより、禅宗文化、伝統工芸や食など独自の文化を生み出してきた。さらに海と歴史の両方が楽しめる観光スポットとしても人気。人々の営みも感じながら武士の都に息づく人々の素顔に迫る。


↑ という番組の取材を、10月の県民能の時に受けました。本日放映日です!! 中森貫太と鎌倉能舞台は50人ボイスに入ったのか没になったのか?! とりあえず録画予約しました〜♪
Posted by kamakura nohbutai at 17:18 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
音楽研修 [2012年11月08日(Thu)]

昨日は今年度2回目の「伝統音楽促進事業」(文化庁)の研修を行いました。鎌倉市内中学校の音楽の先生と能の囃子方の先生が鎌倉能舞台に集まってくださり、「音楽の授業で能の音楽についてどのように生徒たちに教えていくのか」という壮大な?テーマについて考えました。

IMG_3721.JPG

中学校の音楽の授業に能「羽衣」が取り上げられている教科書があるのですが(残念ながら鎌倉市の中学校の教科書には載っていないそうですあせあせ(飛び散る汗))、しかしながら能について触れられる時間が1年間の授業の中で50分、それも行事によっては音楽の授業がつぶれてしまうと無くなってしまうかも・・・という状況らしいです。そんな中で、新しい世代に「能楽」の音楽についてどう伝えていくのか・・・ 難しく、大きな課題です。

能の音楽について・・というより、「能楽」についての授業の理想としては、生徒さんたちに実際に能管や鼓や太鼓や謡を一学期かけて選択制で習ってもらい、実際に能の公演も見て貰い、学期の終わりに生徒たち自身による囃子と謡の発表会のようなものをする・・・くらいの時間を取っていただけるのが理想ですが。。。

”武士の古都”鎌倉の生徒たちは全員能ができる!なんて、田楽の里のようなことになってくれないかなー。『文化遺産(・・を目指している)古都鎌倉では、”無形文化遺産”能楽を子ども達自身で上演しています』とニュースになるような街になってくれればなーと、夢見ています。(夢でいいのか?!) 
Posted by kamakura nohbutai at 08:18 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能楽×弦楽オーケストラ×邦楽 「いざ、鎌倉! 〜伝統と新たなる創造へ〜」  [2012年11月05日(Mon)]

神奈川県主催イベント、能楽×弦楽オーケストラ×邦楽 「いざ、鎌倉! 〜伝統と新たなる創造へ〜」 のプログラムが出来ました。

izakamakura_01.jpg

izakamakura_-1.jpg

izakamakura_-2.jpg

どんな感じに仕上がるのか・・・楽しみですね〜♪

当日、取材等されたい方は鎌倉能舞台か、神奈川県の文化課までお申し出くださいませ!!
Posted by kamakura nohbutai at 16:50 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ