CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年09月 | Main | 2012年11月»
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
能を知る会鎌倉公演「経正」 [2012年10月23日(Tue)]

本日は鎌倉能舞台での「能を知る会」でした。時々ざーっと大雨になったり晴れて日が差したり・・・おかしなお天気の中、ご来場賜りましたお客様がた、ありがとうございました。

解説は「修羅道について」 by 中森貫太

狂言「蝸牛(かぎゅう)」午前の部 シテ 深田博治師、岡聡史師、高野和憲師

12.10.23 能知会(13).JPG

能「経正(つねまさ)」午前の部 シテ 古川充師

12.10.23 能知会(38).JPG<

午後の部 狂言「蝸牛」 高野和憲師、中村修一師、深田博治師

12.10.23 能知会(56).JPG

午後の部 能「経正 替之型」 シテ 中森貫太

12.10.23 能知会(78).JPG

”替之型”(小書き)の抱え扇という型です。

足下のお悪い中、ご来場いただき、ありがとうございました。
Posted by kamakura nohbutai at 22:50 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能を知る会東京公演 [2012年10月23日(Tue)]

晴れ 10月21日、国立能楽堂での「能を知る会 東京公演」、たくさんのお客様にご来場賜り、無事終了いたしました。ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました!

最初に 元NHKアナウンサー葛西聖司氏による「歌舞伎と能」について解説があり、

01.JPG

次に、狂言 「棒縛」 
シテ 野村 万作師、アド 石田 幸雄師

02.JPG

仕舞「小鍛冶」 観世 喜之師

能 「船弁慶 (重キ前後之替 舟唄)」 
シテ 中森 貫太、武蔵坊弁慶 殿田 謙吉師、間狂言 野村 萬斎師 

06.JPG

03.JPG

前シテ 静御前  義経(子方)が静と別れを告げる場面です。 

”重キ前後之替(おもきぜんごのかえ)”という小書で、静御前の舞は「中之舞」では無く「盤渉序之舞」となりました。 また、後シテの平知盛も波の上を滑るような足の動き(バレリーナのような・・)が加わりました。

04.JPG

”舟唄・早装束”の小書で、船頭の萬斎師は船を取りに幕に入り、船を持って出てくる数秒の間に装束を着替えて出てくる早変わり、船を漕ぎながら舟唄を謡う場面が入りました。

05.JPG

後の平知盛の精です(中森 貫太)

そして恒例、終演後の”質疑応答”。by 中森貫太です。

07.JPG

船弁慶はお話もとてもわかりやすく、緩急あるので、お能をあまりご覧になって無い方にも楽しんでいただけたのでは無いでしょうか。歌舞伎だと義経も大人が演じますが、能の子方が演じる義経もいたいけで良いものだなーと思います。早装束も、早変わりされてくるとわかってはいても、全身お衣裳が替わって走り出て来た萬斎師をみて思わず「わー」と声なき声をあげてしまいました。楽しい演目でした。

当日券で外国人のお客様も多数見えました。「英語のイアホンガイドは無いのか?」と聞かれましたが(鎌倉能舞台スタッフは no イングリッシュなので、その場にいた知り合いの方に喋っていただきました!)、「日本人もイアホンガイドが無くて言葉は良くわからずに見ているのだから(!)、英語圏の方もイアホンガイド無くても同じですよー!!」と言って貰いましたが・・・笑  終演後、どんな風に感じられたか伺いたかったのですが、なんせ no イングリッシュなものでご感想を聞けず、残念でした。

平成25年度も秋の国立能楽堂の「能を知る会」は”歌舞伎と能”シリーズでせめてみようと思っています。

そろそろ、25年度の主催公演の日程・演目も決まりつつあります。11月中旬には仮番組をお出しできるかなーと思っていますので、お楽しみにお待ちくださいませ〜るんるん
Posted by kamakura nohbutai at 18:36 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
空席あります! 〜10月21日・23日のお能〜 [2012年10月16日(Tue)]

ぴかぴか(新しい) 今週末、10月21日(日)13時始めの千駄ヶ谷の国立能楽堂にての「能を知る会 東京公演」(解説:葛西聖司氏、狂言「棒縛(ぼうしばり)」シテ 野村万作師、仕舞「小鍛治」観世喜之師、能「船弁慶」シテ 中森貫太、間 野村萬斎師)、自由席に空席が少々出ましたexclamation×2

当日、開演は13時、開場は45分前の12時15分になります。

13時始めで、解説30分、狂言30分、仕舞10分、能1時間、最後に中森貫太による質疑応答で4時半頃の終了予定です。

ぜひお出かけ下さいませ!!

1021_1.jpg

ぴかぴか(新しい) そして、10月23日(火)2時からは、鎌倉能舞台での「能を知る会 鎌倉公演」(解説:中森貫太、狂言「蝸牛(かぎゅう)高野和憲師、能「経正(つねまさ)」中森貫太)がございます。こちらも空席ございます!

季節も良いことですし、鎌倉散策のお帰りに、お能をご覧になるというのも・・・よろしいかとグッド(上向き矢印)

1023_1.jpg

皆様のご来場、お待ち申し上げております!!
Posted by kamakura nohbutai at 23:43 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鎌倉市内小学校狂言教室 [2012年10月09日(Tue)]

本日は文化庁の「平成24年度 文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」で助成を頂いている「鎌倉能狂言」の公演でした。

鎌倉市立富士塚小学校の5,6年生83人が鎌倉能舞台に集まり、狂言「柿山伏」を鑑賞、そして狂言の先生に狂言の一節や動きを教えていただきました。

狂言「柿山伏」 善竹富太郎師、善竹大二郎師

IMG_3459.JPG

体験(狂言の犬やふくろうの鳴き方をみなでやってみているところです)

IMG_3465.JPG

この事業は、鎌倉能舞台から文化庁に申請を出し採択され、市の教育委員会の協力のもと鎌倉市内小学校へ働きかけて頂き、今年度は鎌倉市内の小学校14校(全16校)が参加してくれることになりました。

公演を鑑賞するにあたっての生徒さん・学校の負担は0円(鎌倉能舞台で行う場合、長谷までの交通費は各自負担となりますが・・・)で、教科書に載っている狂言を狂言方の先生に見せて貰うことができます。

半日授業がつぶれてしまいますが・・・学校の授業の中で能狂言に一度は触れてもらうことは、日本に住んでいる人たちが自国の伝統文化に触れられる貴重な体験だと思います・・・

申請を出すのは大変だし(事務能力がついていかない!)、採択にならないこともあるし、”助成事業”として国の予算がつくかつかないかという根本の問題はありますが、少しでもチャンスを頂けるならば、ひとつでも多くの機会をいただき、1人でも多くの子どもたちに、日本の伝統文化能狂言を知って欲しいと、心から願って、活動しております。
FM横浜! [2012年10月07日(Sun)]

三連休の中日、10月7日午後3時からのFM横浜、「SHONAN INFO 」で中森貫太がインタビューされました。

FM横浜のブログにも掲載していただきました。

http://blog.fmyokohama.jp/luck/2012/10/post-0b9f.html

10月23日「能を知る会鎌倉公演」のことも取り上げていただきました。ありがとうございます!!

Posted by kamakura nohbutai at 15:18 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2013年 能カレンダー 発売のお知らせ! [2012年10月07日(Sun)]

2013年度版「能カレンダー」がそろそろ出来上がって参ります!

表紙はこんな感じ

hyousi_1.jpg

折るとA4サイズ(郵送にも便利!)、拡げるとA3サイズで、各月2ヶ月ずつ、6種類の能の写真をお楽しみいただける、美しいカレンダーです。

お値段は1部1000円(税込み)、10部お買いあげいただくと1部プレゼントさせていただきます。

詳しいお知らせページやお申し込みは<こちら>から

http://www.nohbutai.com/contents/13goods.htm

どうぞよろしくお願いいたします!!
Posted by kamakura nohbutai at 12:11 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いざ、鎌倉! (神奈川県主催公演のお知らせ) −追記− [2012年10月06日(Sat)]

神奈川県主催で、能「鉢木」と神奈川フィルのコラボ公演を建長寺で行います!!

題して「いざ、鎌倉!〜伝統と新たなる創造へ〜」

日程は、建長寺での日程は11月14日(水)、そして18日(日)は鎌倉能舞台にて、二十五絃箏と弦楽四重奏のコラボ、中森貫太の舞と二十五絃箏 中井智弥氏とのコラボ、です。

入場は無料!! 往復葉書での申し込み&抽選だそうです。

詳しい内容はチラシをご参照くださいませ。

※追記です(10/6)

◇当日の公演の様子はユーストリームでネット配信されるそうです!!

◇11月12日(月)に”申し合わせ”(リハーサル)をいたしますが、それをメディア様向けに”公開リハーサル”という形でおこない、取材していただくexclamationという案も出ています。その節はどうぞ取材のほど、よろしくお願いいたします!!

◇お問い合わせは、神奈川県文化課まで
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f420409/

プレスリリースも出してみました。
http://www.value-press.com/pressrelease/102357

どんな作品になるのか! ワクワクしますねーーぴかぴか(新しい)

izakamakura_01.jpg

izakamakura_02.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 00:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)